くしゃみが聞こえたら“Bless you!”~アメリカ人のちょっとした気遣い

私は3年間アメリカにいたのですが、アメリカで感じたカルチャーショックは、日本に帰ってきた時にそのまま逆カルチャーショックになりました。

中でも、アメリカ人のちょっとした気遣いの習慣は、日本でもあったら良いなと思います。

アメリカではくしゃみが聞こえたら“Bless you!”

くしゃみ

アメリカでは、くしゃみが聞こえたら、それが知り合いであろうとなかろうと、とりあえず “Bless you!”と言います。これはくしゃみをした人に対して「お大事に」という意味合いを込めて周りの人が言ってくれる言葉です。

この習慣をもともと知ってはいましたが、それでも実際にその場面に遭遇するとびっくりしました。さすがにこの距離では言わないだろう、というような距離でも “Bless you!”。ものすごい静けさの中でも、気にせず大きい声で “Bless you!”。

日本に帰国してみると、当たり前ですが、くしゃみに対して周りは無反応。なんだか、とても寂しく感じてしまったんです。日本でも、もう少し気軽に気にかけていることを示すことができたらなと思います。

アメリカではみんながドアを開けてくれる

アメリカの文化

日本に帰国して、アレっと思ったのが、前の人がドアを開けて待ってくれないこと。アメリカでは、少し待ってでも、次の人のために、ドアを開けておいてくれる人がとても多かったのです。

アメリカでは自動ドアが日本に比べてかなり少なく、手動でドアを開ける機会が多いため、ドアを開けて待つという習慣が強化されている側面はあるかもしれません。

また、レディースファーストの文化も関係しているのかもしれません。女性のためにドアを開けるのが習慣化しているため、女性に関わらずいつの間にか次の人のためにドアを開けるようになったのかも。

いずれにせよ、赤の他人でも手をかす、ドアを誰かのために開けるのが当たり前というアメリカの文化が、私はとっても好きでした。

日本でもそんなフレンドリーさと、ちょっとした気遣いが、もっと増えると嬉しいなと思います。

アメリカ留学 関連記事

アメリカ語学留学!どの都市がいい?留学費用は?

アメリカ語学留学費用

アメリカの大学・大学院へ進学!必要な条件は?入学試験はある?

アメリカの大学・大学院進学

ホームステイ?アパート?それとも寮?アメリカ留学滞在方法のメリット・デメリット

アメリカ留学の滞在方法

自分にピッタリの留学エージェントを探せ!

留学エージェント選び

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

きゃれ

きゃれニューヨーク留学

高校卒業後、アメリカのニューヨーク州にあるストーニーブルック大学に進学。大学生活・アメリカ生活についてたくさんシェアしていきます!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ