日本より厳しい!オーストラリアのたばこ事情

留学の時、マイナーな心配事ですが、喫煙者の方は現地でのたばこ事情を心配するのではないでしょうか?今回はオーストラリアのたばこ事情について紹介していきたいと思います。

タバコ

たばこの値段の違い

オーストラリア現地でたばこはスーパーマーケットやニューズエージェント、ガソリンスタンド、ボトルショップ(酒屋)などで売っています。

しかし、たばこが陳列されているところを見る事はできません。完全にカバーされていて外から見えないのです。

オーストラリアは規制上たばこをディスプレイしてはいけないことになっているので、購入のときは店員に「たばこを買いたい」ということを言わなければいけません。

日本でたばこを買うと20本入りで買うと400数十円といったところでしょうか?オーストラリアでたばこを買うと約20ドル、日本円で1700~1800円程度になります。約5倍の値段になります。同じ20本入りで特別高級な銘柄を扱っていると言うわけではありません。

日本でお馴染みのマールボロとかでもその値段なのです。

その理由としてオーストラリア政府はたばこ喫煙者の数を減らしたいと考えており、年々たばこ税を引き上げているからです。2020年には一箱40ドル、約3500円前後の値段にまで高騰されるといわれており、政府は露骨に喫煙者を少なくする政策をとっています。

また、喫煙者の喫煙意欲をそぐために、たばこのパッケージにはどのタバコにも恐ろしい写真が掲載されています。

例えばたばこで汚れた肺とか、ただれた内蔵、病気になった瀕死の顔写真とかです。Smoking Killsなどの大きな文字も迫ってきます。それほどたばこをなくしたいということなのでしょう。

タバコ

たばこを吸える場所

オーストラリア政府から目の敵にされているたばこ、もちろん喫煙できる場所やルールも厳しい制限があります。

ホテルやレストランなどの建物内は基本的に禁煙となっています。また、外であっても住宅街や公園での喫煙も禁止です。

問題なくタバコの吸えそうならバーでさえも禁煙となっているほどで、公共の場で吸える場所はほとんどないと思ったほうがよいでしょう。

それでも、街中やショッピングセンターなどで、たまに喫煙所があります。

宿泊施設も完全禁煙というわけでなく、喫煙室などを備えている場合がありますので、こういった所を探すことが必要不可欠です。

もちろん歩きタバコや条例が設けられている場での喫煙は禁止ですし、違反すると厳しい罰金が科せられますので、ルールは絶対に守らなければなりません。

公共の建物だけでなく、マンションやアパートと言った住居でもたばこは厳しいです。私がマンションに住んでいた際、シェアメイトの何人かが喫煙者。

マンション内ももちろん禁煙なので、外に出て喫煙しなければいけませんでしたが、わざわざ外に出るのが面倒な為彼らはベランダでたばこを吸っていました。しかし、上の部屋の人から「たばこの煙が」来ると苦情がすぐ入ってしまい、罰金を払う事になっていました。なので、自宅でも気軽に吸えないという環境です。

禁煙

たばこを辞めやすい環境

上記の様に喫煙者に厳しいオーストラリア。

逆に言えばたばこをやめやすい環境でもあります。実際に私があった人の中でこの環境のせいでたばこを吸う本数が減り、帰国間近の時にはたばこをきっぱり辞めていたという人がいました。

喫煙者にとっては辛いかもしれませんが健康のためと考えると、オーストラリアは適しているのかもしれません。

しかし、このように辞められるのは一部の人。

金銭面の問題を解決する為に日本のたばこくらいの値段で吸える手巻きたばこをはじめたり、日本に一時帰国する際に免税ぎりぎりのたばこを持ってきたりと、たばこは続けようと思えばいくらでも吸い続ける事ができます。

しかし、日本よりはやめやすいと思うので、喫煙者で留学を検討している方は試してはいかがでしょうか?

オーストラリア留学 関連記事

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る