【男子大学生活】 一日の流れ 

ls-us_oneday01

留学生活中の一日の流れ。案外、気になるものです。留学先、取る授業、入るサークル、個人の趣向によって一日のスケジュールは千差万別です。ただ、その一つの具体例として、アメリカの田舎のリベラルアーツカレッジに留学した私の例をご紹介させていただきます。

一日の流れをおって、留学に対するイメージを膨らませてもらえたらと思います。

過去のスケジュールをさかのぼってみました。

 

とある冬の日の流れ

6:30-7:30 自転車の朝練

ls-us_oneday02

起きて、顔を洗ったり、トイレへ行ったり。極端に眠い時はシャワーを浴びたりもします。そして自転車の朝練の準備に入ります。季節は冬。外は氷点下。マイナス10度を下回る上、雪などで路面状況が悪い中自転車を漕ぎたくはありません。そのため、寮の共用スペースにて自転車の室内トレーニングを行い、汗を流します。ローラー台の上にロードバイクをセットしてひたすら漕ぎます。完全に目が覚め、朝からスッキリします。

 

7:30-8:00 朝食

ls-us_oneday03

大学では、カフェテリアで食事をとらなければならないシステムになっていました。自炊ができなかったのです。寮から徒歩3分ほどの場所にあるカフェテリアに向かい、朝食をとります。ビュッフェスタイルなので、フルーツを大量に食べていました。健康的です。また、シェフが大きなスクランブルエッグを好みに合わせてつくってくれました。スクランブルエッグが好きなので、嬉しかったです。だいたいおかわりしていました。

 

8:00-11:00 Drawingの授業

us-ls_studioarts07

スケッチブックやらを持って、芸術学部の建物へ向かいます。Drawing(素描)の授業です。授業時間は驚きの3時間。芸術系の座学でない授業や理系のラボの授業などはこのくらいの時間続きます。その代り、週に2回ほどです。Drawingは、鉛筆や炭、チョークなどで絵をかく授業です。道具の使い方を教わったり、実際にデッサンしたり、お互いの作品を批評しあったり、楽しく過ごします。

 

11:00-12:00 自由時間(仮眠&宿題)

ls-us_oneday04

空きコマには寮の自室に戻り、軽く仮眠をとったり、たまった宿題を処理したりします。キャンパスの中に寮があり、すべての建物まで5分圏内というのはとても楽で良いです。

 

12:00-13:00 昼食

ls-us_oneday05

再びカフェテリアで食事です。ビュッフェなのでいろいろなものを食べることができます。友達と談笑して昼の時間を過ごします。紅茶とコーヒーを飲み、眠気も覚まします。

 

13:00-16:00 現代芸術の授業

ls-us_oneday06

インスタレーションなどについて学び、実際に制作し、批評をし合う授業です。朝はデッサン、午後は現代芸術と、芸術学校にいるような気分になります。

16:00-17:00  自由時間(ジム)

ls-us_oneday07

少し空いた時間は、ストレス発散をかねてジムに行きます。自転車ばかりだと筋肉がつかないので、バランスを取ります。アメリカにいると、鍛えたくなる。そう言う友達が多かったです。留学あるあるかもしれません。日本と違って、「痩せている=かっこ悪い」といった意識があるからかもしれません。

 

17:00-18:00  アフリカ民族音楽のアサンブル

ls-us_oneday08

自分が所属していたアフリカ民族音楽アサンブルの定例練習です。ウガンダ人の教授から、様々な面白い楽器、楽曲を習い、全体で合わせます。日本に帰国した後、楽器がなく演奏できないのが悩みです。今でもスワヒリ語の歌など覚えています。

 

18:00-19:00 ごはん

ls-us_oneday09

友達とまたまたカフェテリアでビュッフェです。たくさん運動しているので、たくさん食べます。何度も何度もおかわりし、お皿がたくさん積まれていきます。アメフトの選手並みに食べていました。留学生の多くは食事に不満があるようでしたが、私は案外余裕で耐え抜いていました。好き嫌いがないのは良いことです。

 

19:00-20:00 合気道

ls-us_oneday10

ベトナム人の友人が合気道クラブを立ち上げ、私も練習に参加していました。ベトナムで日本人から習っていたという合気道を、ベトナム人経由で日本人の私が学ぶというのはなかなか面白い体験です。

 

20:00-25:00 勉強

ls-us_oneday11

夜の時間は予習や課題に当てていました。スイートメイトが発する奇声に耐えつつ、翌日の国際政治のクラスのリーディングを進めます。分量が多く、気づくと夜遅い時間に。シャワーを浴びて、就寝です。

 

女の子がいなくてもリア充?

ls-us_oneday12

こうしてみてみると、遊びという遊びはしていなかったようです。ただ、スポーツ、芸術、勉学とバランスの取れた生活をしていました。様々なクラブに入るなどしていたので、授業以外にもやることは多かったです。いろいろと手を出してみるものです。異性交遊がないながらも、男子校で健康的、生産的な暮らしをしていました。

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

Leo

Leo★アメリカ大学(男子校)1年間

イタリア生まれの日本育ち。大学2年次から3年次にかけて1年間、アメリカ中西部の男子校に留学。国際関係、紛争、芸術(制作)を学ぶ。留学中は自転車部と民族音楽サークル所属。趣味は自主映画製作。イギリスの大学院へ進学予定

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ