イギリス留学でトラブル Wブッキングの部屋

はじめに

こんにちは!Dスケです。イギリスは、雨ばかりだと思っていましたが全然晴れています。気分も滅入ることはないです!今は、語学学校のあるキングスクロスに滞在しています。

そして、ここキングスクロスの家に入居する日でしたが、とんでもないトラブルになってしまいましたので、その時のトラブル回避の方法と、必要なマインドについてお話させて頂きます。

イギリス留学中のトラブル

住むはずの部屋に既に誰かがいる

ホラーみたいなタイトルになってしまいましたが、いわゆるWbookingですね。

まず、spare roomという空き部屋を投稿するアプリがあるので、そこで部屋を探しました。そしてその部屋の持ち主とコンタクトを取るのですが、5月13日に部屋に行きますね。と送って了解を得たはずが、この始末です。笑 

別の部屋を紹介してくれましたが、どんなにいい部屋でもこの人からは借りたくないと思いました。笑

トラブルは必ずある

留学生活で必要な最も必要なマインドだと思います。完璧な留学生活を送るために完璧に準備をした方がいいですが、マインドだけは異郷の地の海外でトラブルはある。

ただ、そのトラブルで凹むのではなく次にどうするのかを先に考えてから、後悔と怒りの感情をぶつけましょう。

僕も、実際部屋に行ったら別の人がいた時には、驚きまくりました。これが夜に行っていたらと思うとゾッとしましたが、行ったのはお昼の3時です。すぐに別のホステルを予約し、そこに滞在することにしました。そしてそのホステルがとても居心地がいいんです!素敵な出会いもありましたし!

ポジティブシンキングこそが自分を救う

悲惨な状況でさえ、ポジティブに考えると、「見た部屋、結構汚かったよな~」「今、滞在しているホステルめちゃくちゃ居心地いい」とかそういうことを僕は考えています。

実際、行った家は団地みたいなところで部屋もなんとなく薄気味悪い感じでした。

ホステルは居心地いいし、学校からも徒歩で10分だし、いい出会いだと思いました。 できる限りはここに滞在してもいいよな~と思っています。

実体験から言えること

日本から自分一人で家を決めるのは、あまりオススメしないかもしれません。留学代理店の紹介する家だったりすると安心できるので、日本から決める場合は代理店を通した方がスムーズかつ安心だと思います。

そして、現地で探すには結構の馬力がいるので短期の留学だと時間をロスするのでもったいないです。長期だと、それも1つの経験として捉えられるので僕は挑戦して見たいと思います。

おわりに

こういうトラブルが起きて、いい経験だったなと思っています。笑 

というか本当に今滞在しているとこが居心地がいいです。朝ごはんも付いているし。笑 思いがけないトラブルから素敵な出会いがあったり、人の優しさに触れられたりと結構いいことはあります。

トラブルでもったいないのが、ネガティブに捉えて、焦って変なトラブルまで持ってきてしまうことです。あの時、僕が喧嘩でもふっかけていたらどうなったかわかりません。トラブルが起きた時のマインドは、とにかく「ポジティブに!次のことを考える!」です。

この記事の著者

Dスケ

Dスケ

名前 Dスケ(小部家大将)
年齢 26歳
出身 大阪府豊中市
経歴
関西大学社会安全学部 卒業
大手企業に入社
ロンドン留学を決意し退職

趣味
映画鑑賞(年間100本以上は鑑賞しています)
バドミントン、テニス(練習中です)
美術館、博物館、カフェ巡り
写真撮影、ブログ作成
ファッション
資格の取得(基本的にはいろんなことを学ぶことが好き)

おすすめの映画
ニコール・キッドマンが出演している映画は個人的に全て好き
その他「PS I love you」「独裁者」「エリンブロコビッチ」
「オーロラの彼方へ」「今を生きる」など

好きな言葉
「stay hungry, stay foolish」 by スティーブ・ジョブズ

メッセージ
社会人になってからの留学はかなりハードルが高いのでは?と思われている方がほとんどだと思います。
今、留学を考えいてるけど迷っているという人も多くいると思います。
僕自身も大手企業を退職したことで周りの人からかなり、ネガティブな意見も言われました。
留学に意味があるのではなく、そこで何を学び次にどう活かすかが重要だということを心に留めて

ロンドンへ留学します。そこでの経験や学び得たことをみなさんと共有していきたいと思います。

また、留学情報だけでなくイギリスで流行しているものや
ヨーロッパのファッション・グッズなどをご紹介できればと思いますので
これから僕の留学を通して、皆さまと繋がりを持つことができることを心から楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

関連記事

ページ上部へ戻る