イギリスのドミトリーハウス 実際どうなの?

イギリス留学でドミトリーハウス滞在

はじめに

みなさん、こんにちは!Dスケです。この2日間はケンジントンにあるデミトリーハウスに滞在することにしました。ケンジントンにはケンジントン宮殿があってとても広く綺麗です。自然と都会の融合が見事に体現されている都市だなと思っちゃいます。ケンジントンの街については、写真もたくさん撮りましたので別の記事でご紹介しますね。

今回は、このイギリスのドミトリーハウスを利用しての経験談をお話ししたいと思います。

ドミトリーハウスのメリット

ドミトリーハウスは、数人から数十人の人と1つの部屋を共有します。なので、寝る場所だけど共有するものです。ドミトリーハウスに向いている人といない人ははっきり分かれると僕は思っています。

僕は、どちらかというと向いていない方にいると思います。笑 

そんな僕でも泊まってしまうほどのドミトリーには多くのメリットがあります。一番大きいのは、「価格の安さ」ですね。ケンジントンという素晴らしい立地でも1泊「2500円」程度でした。安いですよね。

そして、ラウンジとかではたくさんの人がいて話もできます!

イギリス留学

ドミトリーハウスのデメリット

3段ベットが何台もあってその1つが自分の根所でありプライベートスペースになります。1つの部屋に何人もが滞在することになりますので、確実に睡眠は邪魔されます。

僕は、時差ぼけで8時には爆睡してしまい1時くらいまでは一切目覚めなかったです。ただ、ベッドの上の人が咳をずっとしていてそれが嫌で、起きてしまいました。風邪とか引いていたらうつされるので、あ~これは嫌かもしれないと思いました。

そして、シャワーはありますが温度調節できないなどあるので、温室育ちの僕にとっては快適さに欠けます。僕の滞在したデミトリーハウスの話になってしまいますが、

ドミトリーハウスの入り口

おわりに

次、泊まるかと聞かれれば、僕は泊まらないかもしれません。少し高くても個室の部屋がいいです。笑 本当に寝るだけでいい!という時は、使うと思います。それ以外は何もいらないから、寝させてというシチュエーションの時に。笑 

みなさんは、いかがでしょうか?ドミトリーホテルのメリットはたくさんあるので、目的にあった時は是非活用したいですね!それでは、次回の投稿をお楽しみに!

この記事の著者

Dスケ

Dスケ

名前 Dスケ(小部家大将)
年齢 26歳
出身 大阪府豊中市
経歴
関西大学社会安全学部 卒業
大手企業に入社
ロンドン留学を決意し退職

趣味
映画鑑賞(年間100本以上は鑑賞しています)
バドミントン、テニス(練習中です)
美術館、博物館、カフェ巡り
写真撮影、ブログ作成
ファッション
資格の取得(基本的にはいろんなことを学ぶことが好き)

おすすめの映画
ニコール・キッドマンが出演している映画は個人的に全て好き
その他「PS I love you」「独裁者」「エリンブロコビッチ」
「オーロラの彼方へ」「今を生きる」など

好きな言葉
「stay hungry, stay foolish」 by スティーブ・ジョブズ

メッセージ
社会人になってからの留学はかなりハードルが高いのでは?と思われている方がほとんどだと思います。
今、留学を考えいてるけど迷っているという人も多くいると思います。
僕自身も大手企業を退職したことで周りの人からかなり、ネガティブな意見も言われました。
留学に意味があるのではなく、そこで何を学び次にどう活かすかが重要だということを心に留めて

ロンドンへ留学します。そこでの経験や学び得たことをみなさんと共有していきたいと思います。

また、留学情報だけでなくイギリスで流行しているものや
ヨーロッパのファッション・グッズなどをご紹介できればと思いますので
これから僕の留学を通して、皆さまと繋がりを持つことができることを心から楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

関連記事

留学voice Instagram

ページ上部へ戻る