アメリカ寮生活のウレシイとタイヘン

アメリカ留学での寮生活

私は大学で寮生活をしています。多くの生徒は実家から、またはシェアハウスをしたりして車で登校します。普通の留学生は車を持っていないこともあり、寮を選ぶことが多いです。

アメリカの寮生活はとても楽しいことばかりですが、知り合いもいない見知らぬ土地で他人と生活するので、難しい一面もあります。

今回は、アメリカの寮生活についてウレシイとタイヘンを紹介します。

寮生活のウレシイ

  • 授業時間まで余裕が有る
  • 友達ができやすい
  • 行事に参加しやすい

寮生活ははルームメイトつながりで新しい友達ができたり、お隣さんと友達になったりします。キャンパス内で行われる行事などの情報も入りやすく、友達を作り機会が多くあると思います。授業前日に遅くまで勉強していても寮ならギリギリまで寝ることができます。

ルームメイト

寮生活のタイヘン

  • ルームメイトとの相性
  • 部屋の綺麗さ
  • 騒音

ルームメイトとの相性

寮生活のシェアルームを選択するならば、ルームメイトとの相性は今後の生活に大きく影響してきます。仲良くなればベストフレンドになれますが、もし相性が合わないと大変です。

自分の家族でさえ一緒に生活すると衝突することがあります。ルームメイトは 生まれ、育ち、文化全てが違います。そのため色々な摩擦が生じます。その摩擦を譲り合い、話し合いで解決していくことで良い関係を保つことができます。

ルームメイトによっては、夜に勉強を始める人や夜中や早朝にシャワーを浴びたい人もいます。

部屋に帰ってきたら、自分の知らないルームメイトの友達がいるかもしれません。私の初めてのルームメイトは、早朝にシャワーを浴びたり、私が寝ている時に友達を部屋に呼んでピザを食べ出したり、私の私物を勝手に使ったり隠したりされました。

彼女も留学生だったため時差の関係で、夜中に母国の家族や友達と電話をしたりしていました。 何度も話し合いましが、直してもらえず、逆切れをされ大変な思いをしました。これらの理由で良い睡眠がとれずストレスがたまり体調を崩してしまうことがありました。

耳栓やアイマスクを用意したり、寮長や学校に相談するなどして対応することをお勧めします。

部屋の綺麗さ

学校によりますが、中にはとても古い寮があったりします。転校してきた友達の住んでいた寮は壁は剥がれ落ち、窓ガラスも汚く、虫がでたそうです。行く前に調べることをお勧めします。

騒音

物音が気になるタイプの人は、大変かもしれません。

隣の部屋からの音楽や笑い声、廊下から聴こえてくる足音や会話、ルームメイトの足音・シャワー・ドライヤー・電話の音などなど。

寮にもよりますが、隣の部屋の音や廊下からの音が気になり、勉強に集中できないことがあるかもしれません。勉強は図書館など静かな場所をお勧めします。

寮でのストレス

寮生活で日本から持っていった方が良いと思ったモノ

  • S字フック 、貼り付けられるフック
  • 日本食、日本グッズ
  • 浄水器

S字フック 、貼り付けられるフック

フックは色々な場面に使える優れものです。ゴミ袋、リュック、帽子などを壁に穴を開けなくてもかけることができます。現地でも調達可能ですが、100均などで買ったほうが安くてお洒落です。

日本食、日本グッズ

日本食は疲れた時や日本が恋しい時に、持参した缶ずめやふりかけ、味噌汁などを食べると元気が出ます。

日本食

日本グッズは、100均などで手に入る日本らしいお土産やグッツです。それを持っていると誰かの誕生日や、友達になった人にプレゼントすると交友関係が深まりますし、日本文化を知ってもらういいチャンスになります。

私は実際に寿司のキーホルダーや日本柄の扇子、キティちゃんグッツ、浮世絵の暖簾などを友達にプレゼントし、大変喜ばれました。また、箸や化粧用品、文房具など日本のものがあるといいと思います。

浄水器

アメリカの水道水は臭があり、体に良くないです。

私は、月に何度も重いペットボトルを買いに行って部屋まで運ぶことがとても大変なので、一度ポットでお湯を沸かし、それを浄水器にかけて飲んでいます。浄水器はアメリカでも購入できますが、私は日本のメーカーに信頼を置いているため持参しています。

最後に

寮生活は楽しいことがたくさんありますが、小さな問題もたくさんあります。

見知らぬ土地でのトラブルや問題も乗り越えることで自分の盾になります。寮生活でのトラブルなどが原因で引きこもりがちになったり、辛くなったらあえてアクティブに活動したりあたらいいことに挑戦したら元気が出るかもしれません。

辛い時こそ笑顔が大事!つらい時は日本食を食べて元気を出して頑張ってください。

アメリカ留学 関連記事

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

raven

ravenフロリダの大学に留学中

高校時代に東京都主催のプログラムに合格し、奨学金を獲得。
冬休みを使って1ヶ月間初人生めてアメリカに留学。ホームステイをしながら語学学校、現地の高校に通う。その後、同じプログラムで一年間アメリカの高校に留学。帰国後、アメリカの四年生大学から奨学金を取得し進学。フロリダの大学で観光学とビジネスを勉強しています。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ