アイルランドでのんびりステイ!アイルランドでのホームステイ体験をご紹介!

アイルランドってどんな国?

 アイルランドはイギリスの隣に浮かぶ小さな島国で、のんびりとした雰囲気は初めての留学先にもおすすめの場所です。

近年、ワーホリや留学先として人気が出てきましたが、アメリカやオーストラリアなどの主要な留学先とは異なり日本人も少なく英語を学ぶ環境としても最適です。

90年ほど前にイギリスから独立をし、街中にはアイルランド語の標識もわずかに残っています。歴史ある街並みもとっても素敵なんです。

アイルランド

ホームステイ先の決め方や費用

私はアイルランドの首都‘ダブリン’とダブリンから遠く離れた田舎町‘リメリック’での留学経験があり、どちらもホームステイをしました。

2回とも学校のプログラムだったので、ステイ先は学校によってランダムに決められていました。

また、費用についてはプログラムの料金に含まれていたのでホームステイ自体にいくらかかったのかは分かりませんが、ネットの情報や口コミなどによると相場的には10万前後だと思います。

個人で申し込む場合はインターネットやエージェントで探す方がほとんどだと思いますが食事の有無、立地、部屋(シェアか一人部屋か)などによって値段も変わってくると思うので申し込む際に確認してみてください。

食事

私の場合は2回とも3食付きで、平日は学校だったのでお弁当を作ってくれていました。

また、土日は学校でアクティビティとして遠くに連れていってくれる遠足のようなものが行われていたのでその時もお弁当を持たせてくれました。

どこかへ友達と遊びに行くときは事前にホストファミリーに知らせ、外で食べたりもしました。

朝ご飯は基本シリアルとトーストを自由に食べるスタイルで、シリアルも5種類くらいあるものから自由に選んで食べていました。

お昼のお弁当は、サンドウィッチ、フルーツ、小さめのスナック菓子が主流で友達のお弁当もみんなそんな感じでした。フルーツは小さめのリンゴやバナナがよく入っていたのですが、リンゴの丸かじりにはびっくりしました。

夜ご飯はワンプレートが主流で、グリルしたチキンと野菜や、パスタ、ラザニアなどがよく出ました。また、アイルランドの家庭ではほぼ毎日ジャガイモが出ます。

ホストファミリーはどんな感じ?

1回目のホストファミリーは、ホストマザー、ホストシスターが2人 (15歳と18歳) とホストブラザーが1人 (12歳) でした。

ここの家庭では他にもスペイン人、ロシア人、イタリア人2人の留学生を受け入れていて、部屋はスペイン人の子と同室でした。

たまに、留学生の受け入れをビジネスとしてやっている家庭もいるのですが、この時のホストファミリーはたくさんの留学生を受け入れていたのであまり深い交流はなく、少しビジネス感を感じました。

2回目は、ホストマザーと小さい子供が3人 (9歳、8歳、5歳) いて、とても賑やかな家庭でした。ホストファザーが単身赴任中で、積極的に3人の子供たちと遊んで交流していました。

ここの家庭ではスペイン人の大学生が部屋を間借りする形で住んでいました。彼女はアイルランドでの生活も長かったので私に英語を教えてくれたり、ホストマザーもいろいろな場所に連れていってくれたりとても優しくしてくれました。

ホストファミリーとうまく関係を気付くには

当たり前ですが、部屋に閉じこもらずに積極的に話しかけてみてください。

私も、最初のホームステイ先では英語がまったく喋れないこともあってご飯を食べ終わるとすぐ部屋に行ってしまったりしていました。

けれど、2回目の時は慣れや1回目の時の反省も踏まえて、ホストマザーのお手伝いをしたり子供たちと積極的に話したりしていました。

9歳のホストブラザーがよく一緒に遊んでいたおもちゃを、帰国の時にプレゼントしてくれたのもいい思い出です。

アイルランドのおもちゃ

最後に

正直、自分に合うホストファミリーかどうかというのは運もあります。

しかし、精神的につらい場合などはホストファミリーに直接伝える、またはホストファミリーを変更することも手だと思います。

ホストファミリーも何回か受け入れを経験しているという方も多いので、話を聞いてくれると思います。

私は、夕食の量が多くて食べきれないことをなかなか言い出せず無理して食べていたのですが、伝えると『なんだ、そんなの早く言ってよ~』と明るく返されてしまいました。

楽しいステイになるかどうかは自分次第な部分もありますが、アイルランドは明るくおおらかな人が多いのできっと楽しい生活が送れるはずです!

アイルランドでのホームステイぜひおすすめです!

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。「ホームステイと寮はどっちがおすすめ?」

ホームステイ&アイルランド留学 関連記事

アイルランドの都市
LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Mayu

Mayu

今までに留学を3度経験しています。長期で行ったイギリスに心惹かれ、大学卒業後はイギリスでワーホリ。趣味は旅行と映画鑑賞。合言葉は'なんとかなる!

関連記事

ページ上部へ戻る