イギリス留学!年越しするならロンドン!!!

こんにちは!留学voice特派員のなおです!

イギリスに留学する人はもちろん、ヨーロッパ圏への留学をする方はロンドンでのNew Yearイベントをオススメします!!!

londonfireworks

London New Year’s Eve Fireworks

毎年、ロンドンアイを中心にテムズ川で花火のカウントダウンイベント「London New Year’s Eve Fireworks」が行われます。

2000年から始まり、3億円規模の予算がこのイベントに充てられています。

完全チケット制でチケットの購入が必要。

19:30からエリアへの開門が行われ、花火は0:00から15分間打ちあがります。

チケットの購入方法

チケットは、ロンドン市公式ウェブサイト(Mayor of London)にて販売されます。

ロンドン市公式ウェブサイトチケット購入ページ(昨年2017-2018年)

チケットは一律10ポンドで、一人四枚まで購入することが出来ます。

チケットの購入チャンスは10月と12月の年2回。ウェブサイトにて販売お知らせメールの登録が出来ます。

人気エリアのチケットは即完売となるので、登録しておくと良いでしょう。

おすすめエリア

エリアは全部で、「ブルー」「レッド」「ホワイト」「グリーン」「ピンク」の5つです。

加えて、花火を横から見る形にはなってしまうが、車いすの方や、混雑を避けたいという方用に「オレンジ」エリアがあります。

そして、花火はロンドンアイ周辺で打ちあがります!

6つもエリアがありますが、どこで見るのがベストなのでしょうか?

私のオススメは、「ブルー」です。

恐らくここが一番人気だと思います。

londonnewyear

(参照:https://www.london.gov.uk/sites/default/files/nye-2018_viewing_entrance_map.pdf

ブルー

一番人気!

花火の打ちあがるロンドンアイからテムズ川を挟んで真向かい!

一番きれいに見えます。

人気なだけにチケットは即完売します。

レッド

ブルーの隣に位置しており、ブルーほどではありませんがロンドンアイと花火がきれいに見えます。

ホワイト

ウェストミンスター橋(WESTMINSTER BRIDGE)の上です。

真正面ではありませんが、花火もカウントダウンもよく見えます。

ただ、橋の中でもロンドンアイ側になってしまうと真横から観る形になってしまいます。

グリーン

グリンエリアはロンドンアイの真後ろなのでとても近いです!

近くからの花火は迫力あるかもしれませんが、後ろから観る形となってしまいます。

ピンク

ウェストミンスター橋(WESTMINSTER BRIDGE)とは逆にある橋、

ウォータールー橋WATERLOO BRIDGEの上です。ロンドンアイから結構距離もあり、斜めまたは横から観る形になるのでここが一番人気はないと思います。

当日

当日は、19時半ごろからのエリアに入ることが出来ます。

19時半にエリア入り口に行くとすでに長蛇の列ができており、良い位置で見たい人は結構早めに行くことをオススメします。

 

エリア入り口では、荷物検査が行われています。

スーツケースやバックパックの持ち込みは禁止されており、必要最低限の物のみを入れた小さなバッグが公式HPで推奨されています。

 

エリアに入ると仮設トイレが設置されていますが、花火がきれいに見える人気ポジションに1度入ってしまうと出られないくらい混雑しているのでお手洗いは先に済ましておきましょう。

 

花火が始まる0時までは、DJが音楽を流して会場を盛り上げてくれます。

 

12月31日23:59になるとロンドンアイの横にあるビルにカウントダウンの数字が表示されます!

そして、、、

0時になったと同時に、15分間ほど花火が大量に打ち上げられます。

ロンドンアイ自体やテムズ川水中からも花火が乱発されます。

終了後の交通

帰宅者のために夜中3時ごろまでバスや地下鉄を無料で動かしてくれています。

ただ、とにかく混んでいます。

地下鉄は地上にまで行列ができており、歩いて帰れるホテルを取るか、行列が収まるまでお店で時間をつぶした方が良いと思います。

おわりに

日本の花火の技術はとても素晴らしいと思います。

しかし、イギリスの花火は日本とは違った豪快さがあり迫力満点です。

是非、ヨーロッパ圏へ留学される方はロンドンで年越ししてみてください!

イギリス留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

なお

なお

イギリスのリーズ大学に1年間交換留学していました!
現在は大学5年生で、来年9月から修士課程のためイギリスに戻ります!!!
よろしくお願いします♪

関連記事

ページ上部へ戻る