バックパッカーや学生旅行の宿泊「Airbnb」と「ホステル」ガイド

バックパッカーや留学生の旅行者の強い味方「Airbnb」と「ホステル」。それぞれの長所短所、見つけ方を紹介します。

Airbnbとは

最近では日本でもCMが流れ、Airbnbを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。Airbnbとは、ホストの家の一室やまるまる全部を貸し切って滞在することができる民泊サービスです。

AirBnB

Airbnbの魅力は、ホステルやホテルに泊まった場合には得られない、アットホームな空間に滞在できることです。また、地元の人の自宅に滞在することになるので、地元の人々のライフスタイルを体験することができます。自宅ではなく、民泊専用にマンションや、アパートの一室が貸し出されているケースも多いです。

Airbnbではキッチンを利用できる物件が多く見つかるので、ある程度は自炊して食費の出費を抑えて旅行したい人におすすめです。他人の家のキッチンということで、あまり混雑しすぎることなく、快適なキッチンが多い印象です。

ホステルHostelとは

ホステルではホテルよりも簡略化されたサービスを低価格で受けることができます。例えば、ホステルには個室だけではなく、ドミトリーと呼ばれる他の滞在者と同じ部屋に泊まる選択肢があり、多くのホステルではとても低価格で泊まることができます。ホステル

ホステルの場合、ベッドメイキングなどのサービスはセルフサービス、タオルなどのアメニティは有料と言った点で、ホテルよりもサービスが簡略化されていますが、その分低価格で泊まることができます。 

Airbnbを使ってみよう

Airbnbを利用するには、まずAirbnbのウェブサイトでの登録が必要となります。複数人で予約する場合、一人のアカウントで人数分まとめて予約することができます。支払いは自分にあった通貨を利用することができます。なので、海外のAirbnbでも日本円で支払うことができます。

Airbnbで借りられる部屋の種類

  • プライベートルーム/Private room:ホストの自宅の一室をまるごと一部屋利用することができます。殆どの物件は一部屋に泊まることのできる人の数が決められています。シングルもしくはダブル・ツインの部屋が一般的です。
  • ルームシェア/Shared Room:複数のベッドやお布団のある部屋に複数人で泊まることができます。ベッド単位でのカウントになるので、人数が増えれば増えるほど、費用はかかります。
  • マンション一部屋まるごと/Entire apartment:マンションの一室をそのまま借り入れできます。大人数で旅行するのにおすすめです。宿泊する人の数によって値段が変わることも、人数が変わっても値段が同じ値段の物件も様々です。最大宿泊者数を限定している物件もありますが、していないところもあります。
  • 一軒家まるごと/Entire house:一軒家まるごと貸し切りは大人数での滞在や長期の滞在におすすめ。また、パーティーなどにも便利です。

などがあります。

物件ごとにキッチンやバスルームやシャワー、洗濯機などの利用について、ことなるルールがあります。自分のニーズに合わせて、フィルターを上手く活用して物件を見つけるようにしましょう。

また、多くのAirbnbでは無料でタオルやシーツなどを利用することができます。勿論、すべての物件がそうという訳ではありませんが、手荷物を抑えて旅行したい場合など、便利です。

レビューを活用しよう

Airbnbではそれぞれの物件・ホスト・旅行者に対するレビューを書くこと・読むことができます。ホテルやホステルのようなパブリックなシステムではないので、トラブルが起こることもしばしばあります。レビューを参考にして、問題のなさそう・少なそうなホストを選ぶようにしましょう。

また、滞在先を探している人達が物件やホストを選べるように、ホスト側もリクエストをキャンセルし、宿泊者を選ぶことができます。なるべくリクエストが通るようにするには、プロフィールページを充実させたり、自分のプロフィール写真を載せたりすることがおすすめです。また、利用する度にレビューを書くことで、自分のレビューが書かれる(自分の評価が上がる)チャンスが増えます。

 Airbnbでは、ホスト側がレビューを書いた場合、そのレビューは直ぐには公開されずに、いったん保留になります。保留されている間に、宿泊者側がホストに対してレビューを書くと、自分に書かれたレビューが公開される仕組みになっています。

宿泊者がレビューをもらいながら、相手へのレビューを書かなかった場合には、一定期間がすぎるとレビューは公開されます。

 ホステルを利用してみる

マドリードやバルセロナなどの大都市にはたくさんのユースホステルがたくさんあります。快適なものもありますが、あまり評判の良くないところもちらほらとあります。ホステルを見つける方法としておすすめなのはHostelWorld.comでホステルを見つけることです。ホステルワールド

Hostel Worldでは世界中のホステルを見つけることができます。レビューも盛んにシェアされていますので、実際にどんなホステルか知りやすいです。ウェブサイト上で予約することもできるので、一度利用者登録することで次回ホステルを新たに予約する際に詳しい個人情報を入力する手間が省けます。

Hostel Worldで予約する場合、オンラインで予約する際に宿泊代の一部をデポジットを支払い、到着した際に残りの宿泊代金を支払います。また、宿泊代金とは別に、チェックインする際に鍵などのデポジットとして現金で大体$/€ 10ほど支払います。この現金はチェックアウトする際に、何の問題もなければそのまま返金されます。

ホステルは交流の場

ホステルには様々なタイプがありますが、バースペースを設置しているホステルは多くあります。これはホステルがそもそも旅行者同士の交流のスペースとしての存在も兼ねていることが多いからです。ただ、バースペースのあるホステルは深夜になっても賑やかなことが多いです。特にドミトリーに宿泊する場合など、夜遅くまで部屋に人の出入りが激しいことなどもあります。落ち着いた静かなホステルが好みの場合には、バースペースのないホステルを選ぶようにしましょう。

多くのホステルの場合、シーツの利用は無料ですが、ベッドメイキングはセルフサービスとなります。また、中にはそもそもシーツ自体が有料ということもあります。その際には自分の寝袋や寝袋のライナーを持っていると便利です。タオルやスリッパ、アメニティなどは基本的に有料となるので、持参することがおすすめです。また、有料のコインランドリーなども設置されていることが一般的です。

朝食はある/ない、有料/無料は様々です。またホステルによっては、無料のディナーデイなどがあるところなど、様々なイベントがあることも。他の旅行者との交流をしたい人は、そのようなホステルを探してみることもおすすめです。

この記事の著者

mm

mm

アメリカ長期滞在中

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ