町中が可愛すぎる!スウェーデンのイースター体験

se_ht-easter0

こんにちは。ゆりんです。3月25日から3月28日はスウェーデンでイースターの期間でした。日本ではあまり祝われないスウェーデンですが、こちらではクリスマスの次に大きいイベントとなっています。今回はスウェーデンのイースターはどのような感じかについてお話したいと思います。

スウェーデンのイースターの特徴

イースターを祝う多くの国では、キリストの復活祭であるイースターは宗教的な休日です。スウェーデンでは、宗教的意味合いは余りなく、休日となってきています。イースターの際に教会に訪れる人も年々減っているそうです。ほとんどの人は家で家族や親戚と祝うのが当たり前となってきています。

スウェーデンのイースターは田舎にあるコテージで、基本的には家族や親戚が集まり食事をし、一緒に時間を過ごすといったような感じです。

se_ht-easter1

スウェーデンのイースターの食事と言えばニシンや卵を使った料理です。今回私は定番のミートボールとポテトしか食べなかったので、是非今度食べてみたいです!

se_ht-easter2

スウェーデンのイースターのデコレーションで代表的なのが、カバの木の枝にカラフルな羽(キリストの苦難を表現)をつけるというもので、イースターの時期は町中で見つけることができます。

他にも子供が魔女の恰好をして、ほっぺに真っ赤なペンで斑点を描いて近所中を回りお菓子をもらうというのあります。

 

街で見かけた可愛いイースターアイテム

では実際に、スウェーデンの町中で見つけた可愛いイースターアイテムをご紹介したいと思います。

スウェーデンではキャンドルを焚くのが主流ですが、イースターということで、卵を表現した黄色のキャンドルが沢山売っていました。そのほかに鶏やひよこの置物も沢山見かけました。

se_ht-easter3

雑貨屋さんに行った際、沢山の卵をモチーフとした雑貨を発見しました。どれもかわいくて全部買いたくなってしまいました。

se_ht-easter4

これはスウェーデンで定番のイースターエッグです。

se_ht-easter5

中に下の写真のようなキャンディーが沢山入っていて、スーパーやコンビニ、雑貨屋さんなどあらゆるところで買うことができます。se_ht-easter6

 

スウェーデンのイースターの様子、楽しんでいただけたでしょうか。日本にないイベントは何もかもが新鮮でワクワクしますよね。日本でも最近イースターを祝うのが流行ってきているそうなので、みなさんも是非祝ってみては?

 

この記事の著者

ゆりん

ゆりんスウェーデン留学中

スウェーデンのベクショーにあるリンネ大学に10ヶ月の交換留学中の大学3年生。
スウェーデンというマイナーな国での様々な出来事、スウェーデン人との彼氏の生活から見える文化の違いなどをお伝えしていきたいと思います。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ