アメリカの部活とサークルの違い。練習に参加してみた

アメリカの部活

大学生活と言えば、勉強だけではなく部活やサークルも貴重な体験ですよね!小学生からバスケットボールをしていた私にとって、アメリカでバスケをするのも一つの憧れでした。というわけで、アメリカでバスケ部の練習に参加してみました。

部活動とサークル、“Team” と“Club”

日本の大学では部活動とサークルの二種類があり、部活動は中学や高校のそれと同じで練習も多く厳しく、サークルは好きな時に参加し、ある程度の自由が認められているイメージがありますよね。

アメリカにもサークルは存在するのでしょうか? 答えはyes。

部活動は “Team” 、サークルは“Club”で表されるようです。実際に私のいた大学にも“Dance Team”と“Dance Club”があり、Teamの方が経験者中心で、練習なども厳しいようでした。

特にアメリカの大学では課題やテストも多く、私の場合勉強にかなりの時間をとられてしましました。ですので“Team”よりも“Club”の方が気軽に参加できてよいかもしれませんね!

“Tryout”入部テストがある

多くの大学では部活動に入部する際、“Tryout”という入部テストが行われることが多いです。

アメリカの大学は9月から新学期が始まります。各部活にはシーズンがあるので一概には言えませんが、だいたい10月の中旬から下旬にかけてトライアウトがあるようです。

そのトライアウトの前にはいわゆる体験入部のような期間があり、実際にチームに混ざって練習が可能となっています。実際に私はその期間に練習に参加してみました!

部活動っていったいどんな感じ?

まだシーズンに入っていなかったため、練習は試合形式のものや、トレーニングが多めでした。月の初めに練習日程表を渡され、その時間に合わせて各々授業後に体育館に集合し、練習がスタートします。私の場合は基本的なシュートのアップからすぐに5対5形式の練習に入りました。

ちなみに私は身長156センチの決して背の高くない(むしろアメリカではかなりチビ)プレーヤーです。そして皆さんのイメージ通り、アメリカの選手たちは基本的に背が高く、また高校時代からがっつりトレーニングを行っているようで、体格の良い選手が多いです。つまり、技術的には通用しても、フィジカル面ではかなりのビハインドがありました。

また、私の大学の属するエリアの試合を観ていても個々の選手の“我”が強く、日本でよくある合わせのプレーよりも、力ずくで1対1を攻め切るという印象が強かったです。やはりスポーツを通してもその国や地域の特徴を見ることもでき面白いので、自分のやっているスポーツに参加しないとしても、観ているだけでも十分楽しめそうです。

そんな私は練習中の試合でも何度も他選手に吹き飛ばされていました(笑)最初はあまりパスをもらえませんでしたが、良いプレーをすればチームメイトが声をかけてくれ、パスの回ってくる回数も増えました。自分がどんな選手で、どんなプレーが得意なのかというアピールが重要なようです。

アメリカ留学中のトレーニング

トレーニングはガチ

体育館でボールを使う練習以外に、ウエイトトレーニングなどジムで行う練習も週に何度かありました。ちなみに、これはかなり過酷で練習に参加していた留学生のフランス人と私はヒーヒー言っていました(笑)

具体的な内容としては、体幹トレーニングからダンベル、ウエイトリフティングのようなトレーニングなど多岐にわたり、日によって様々な筋肉を鍛えました。私が今まで経験してきたトレーニングよりも遥かに本格的できつく、毎日筋肉痛で苦しんでいました。

大学にジムがあり学生は無料で毎日使うことができるので、日本よりもジムに通う学生の数もずっと多く、部活動に入っている人もそうでない人も身体がしっかりとしている印象です。

スポーツは言葉の壁を越える!

スポーツや音楽は言葉の壁を超えるといいますが、実際にそうだと思います。

試合中に使う用語は言語によって違いますが、実際に混ざってやってみることで、どんなときにどんな声掛けをするのかも学ぶことができます。

TeamやClub以外にも体育館が解放されている時間には、一緒にバスケをして仲良くなったり、スポーツをしていてよかったなぁと思いました。スポーツをしたり、試合を観たり、そんなことにもアンテナを張って、留学生活を送ってみてくださいね!

アメリカ留学 関連記事

アメリカ語学留学!どの都市がいい?留学費用は?

アメリカ語学留学費用

アメリカの大学・大学院へ進学!必要な条件は?入学試験はある?

アメリカの大学・大学院進学

ホームステイ?アパート?それとも寮?アメリカ留学滞在方法のメリット・デメリット

アメリカ留学の滞在方法

自分にピッタリの留学エージェントを探せ!

留学エージェント選び

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

あやね

あやね

大学3年生の夏からアメリカニューヨーク州(の田舎)で約10ヶ月間の交換留学中。留学前の海外経験ゼロの私が皆さんの不安を一緒に共有していきたいと思います。日常生活の小さなことから、授業、休みの過ごし方などなど、ちょこっと役立つ情報をお届けできたらと思います。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ