フランス リヨンに留学するなら必見!フランス最大級「光の祭典」に行ってみた

フランス 光の祭典

Bonjour à tous! (みなさん、こんにちは!)

フランスのリヨン政治学院に留学中のsumireです。

今回は、リヨンにて12月7日から10日まで開催されている「Fête des Lumières (光の祭典)」についてお話しします。

フランス 光の祭典

フランス リヨン「光の祭典」の歴史

時は遡り1643年、ペストの蔓延にリヨン市民が苦しめられていた頃、統治者たちが聖母マリアに祈りを捧げ見事ペストが収まり、感謝の証としてリヨンのどこからでも見えるフールヴィエールの丘にあるフルヴィエール教会が建てられました。

1852年には、鐘楼最上部への金色の聖母マリア像の設置を祝う祝祭が聖母の生誕日である9月8日に予定されましたが、ソーヌ川の氾濫により延期。再度、聖母マリア「無原罪のお宿り」の祝日の12月8日に予定されました。しかし、当日も悪天候に見舞われ統治者達が祝祭を中止しようとしていたところ、空が晴れ始めたことによりリヨン市民が聖母マリア様に感謝して「Lumignon (ルミニョン)」と呼ばれるキャンドルを自発的に窓辺に並べ始めました。

この伝統が残り、長い時を経て、街を灯す明かりは1999年から、世界的に知られる「光の祭典」として毎年4日間 開催されるイベントとなりました。

フランス 光の祭典

「Fête des Lumières 2017」2017年の様子は…

2015年は11月13日に起こったパリ同時多発テロにより光の祭典は開催されず、翌年の2016年は警察がものものしく取り囲む旧市街地だけでの開催だったそうです。今年もやはりテロの影響で規模縮小、来客減少するのではないかと言われていましたが、今年は広範囲で開催されており、観光バスが十数台も列をなしている光景を目にするので、盛況を呈していると言えるのではないかと私は現地で感じています!

フランス 光の祭典

リヨン中にいくつも会場があるので、開催4日間、めいっぱい楽しもう!

光の祭典を観るために、人口約50万人のリヨンに毎年約400万もの人々が4日間で訪れると言われています。特に大きな会場となる市庁舎やオペラ座等の公共の大きな建物、そして市内の主要な広場 (ベルクール広場、テロ―広場、テット・ドール公園)等ではプロジェクションマッピングをみることも出来ます。

フランス 光の祭典

テロが多発する現在、闇の中で輝くイルミネーションはまさにテロのない平和な世界を願う祈りのようにも思えます。ぜひ一度フランス最大級の光の祭典を訪れてみてください!

フランス 光の祭典

フランス留学 関連記事

フランス留学!語学学校の授業はどんな感じ?

フランス語学留学

フランスでホームステイってどうなの?

フランスでホームステイ

フランス留学をもっと有意義にするためには?

フランス留学

フランス留学!留学エージェント選びはここが決め手!

フランス留学エージェント

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

この記事の著者

sumire

sumire★フランス交換留学中

フランス、リヨンにて半年間の交換留学中。
ドイツ・ミュンスター、フランス・エクサンプロヴァンスにも各々1カ月語学留学をした経験があります。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ