オーストラリアにある、サーファーの街バイロンベイにいってみた。

オーストラリア バイロンベイ

ブリスベンに留学中のイツキです。今回の記事ではバイロンベイというオーストラリアで人気のある観光名所の一つにいったので、そのことについて紹介したいと思います。

オーストラリアの街「バイロンベイ」とは?

バイロンベイとはオーストラリアの最東端に位置する街です。ブリスベンからですと南側に位置しており、車で大体2時間ほどで行くことができます。

この街はサーファーの聖地と言われています。なぜかと言いますと、バイロンベイの街から歩いてすぐのところにあるビーチはサーファーの方々にとって最高の波乗りスポットだからそうです。実際に私が言った時、もう夏が終わり秋であるにもかかわらず、多くのサーファーの方たちがサーフィンを楽しんでいました。

またオーガニックの食べ物が食べられる事でも有名です。バイロンベイにある飲食店は多くが個人経営のお店でマクドナルドやケンタッキーというようなチェーン店のお店がほとんどありません。実際に自分が行った時はチェーン店のお店はドミノピザくらしか見ませんでした。それほどオーガニックな食べ物をバイロンベイにいる人は好んでいるということが言えます。

最東端の灯台ライトハウス

バイロンベイの顔と過言でもない場所はライトハウスというオーストラリア最東端の端に位置する灯台です。

オーストラリアに興味がある方は聞いた事がある場所なのでないでしょうか?この灯台は街から近く、UBER等を利用すれば10分もかからずにいくことができます。

オーストラリア バイロンベイの灯台

最東端ということもあり、灯台からの眺めは最高です。見晴らしのいい場所からバイロンベイのビーチ、そしてどこまでも続く海岸線を眺めることができます。

灯台に続く坂道は絶好の写真スポットで多くの観光客の方が記念撮影を楽しんでいました。この灯台はバイロンベイを訪れる機会があれば絶対に訪れた方がいい場所だと思います。

灯台からの眺め

バイロンベイならではの飲食店

バイロンベイはチェーン店が少なく、多くのお店が個人で経営されています。その分、バイロンベイでしか食べられない物がたくさんあります。

例えば、ハンバーガーやサンドイッチなど定番のものや、ケバブやタコスといったマイナーな物まで様々な料理を楽しむことができます。

特にバイロンベイにあるタコス屋は日本人の間では人気のスポットであり、とてもおいしいタコスが食べられるということで有名です。実際に私も食べにいきましたが、とてもスパイシーでおいしく値段も他のお店に比べるとリーズナブルでした。

興味がある方は是非調べて行って見て下さい。笑

キャンプで宿泊

バイロンベイの近くにはキャラバンパーク(テントを張ってキャンプができる場所)があるため、日帰りだけでなくキャンプをして宿泊が可能です。実際に宿泊してみましたが、思ったよりも快適で、夜は友達と自炊して、火を炊いて囲みながらおしゃべりをしながらゆったりとした時間を過ごす事ができました。

費用もあまりかからず、場所代とテントのレンタル代合わせて30ドルほどで一泊することができます。日帰りですと全ての観光地を回れるというわけではないので、もう一日お金を節約して宿泊したいのであればこの手が良いのかもしれません。

一味違った旅をしたいのであればキャンプをしてみてはいかかがでしょうか?

オーストラリア バイロンベイでキャンプ

今回の記事は以上です。バイロンベイでは他の地域とは違った体験をすることができるので、興味がある方は行ってみるべきでしょう。

オーストラリア留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る