オーストラリア留学中、文房具はどこで買う?

文房具

イツキです。留学の目的は主に語学勉強。その語学勉強でかかせないものといえば文房具ですよね。では、もしその文房具が留学先で壊れてしまったり、切れてしまったりしたらどうすれば良いか?今回の記事では現地で文房具を揃える方法について紹介したいと思います。

スーパーマーケット

オーストラリアで文房具を帰る場所について。一番身近に買える場所は日本と同じようにスーパーマーケットになります。

オーストラリアにはColesとWoolworthという2大スーパーがあるのですが、そのスーパーには文房具などの日用品が売っている為、そこで調達することができます。

しかし、バリエーションは少なく鉛筆や消しゴム、ルーズリーフ、黒ボールペンといったような物しか売っていません。値段は鉛筆が5本入りで2ドル、ルーズリーフも日本の物よりでかいサイズで3~4ドル、ボールペンも一本2ドル程度だったと思います。

 

どこにでもあるスーパーマーケットなので直ぐに調達することができますが、値段が高い事、ラインナップが少ない事からあまりここで文房具を購入する機会はないです。

私自身、試験で急遽、鉛筆の機会が必要だったときにしか買いませんでした。

留学

Office Works

続いてはOffice worksと言う場所。これはオーストラリアにチェーン展開する文房具さんです。

文房具だけでなく事務用品、電化製品も取り扱っているので様々な商品を取り扱っています。

文房具のラインナップも豊富で、大抵の文房具はここでそろえることができます。

色ペンやシャープペン、クリアファイルなど、授業や勉強でかかせないアイテムを一式そろえることができます。大体全て2~3ドル程度の価格だと思います。

 

このオフィスワークスでは印刷とコピーも行えます。しかも1部10セントと安いです。

日本だったらコンビニですぐにできると思いますが、オーストラリアだとそれがコンビニにコピー機がないんです。授業でプレゼンの印刷、履歴書をコピーする際にも役立つので、覚えておくと便利でしょう。

文房具

DAISO

続いては日本でもお馴染みのDAISO。実はオーストラリアにもあるんです。シドニー、メルボルン、ブリスベンとオーストラリアの主要都市には必ずあるので、お世話になる機会が多いでしょう。オーストラリアのダイソーは100円均一でなく2.8ドル均一ですが、日本の商品をオーストラリアでも手に入ると考えた全く気にならない額です。

 

ラインナップは豊富で日頃日本で使う文房具はここで大体手に入ると思います。特にシャーペンの芯は日本で一番使われる0.5mmがここで買えるので助かります。他のお店は0.7mmしか置いていない所が多いので、日本の物を継続して使う場合はここで芯を買えばずっと使い続けることができるでしょう。

 

オーストラリアでも意外と日本と同等の文房具が手に入りますので、必要になったら是非買いにいってみてください。

オーストラリア留学 関連記事

> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る