ノルウェーに大学院留学!ノルウェー留学の魅力とは?

ノルウェー 10月30日現在、外は真っ白の銀世界!そんなノルウェー、オスロよりお届けします。 初めまして、巳原綾夏と申します。現在ノルウェーのオスロ大学に大学院留学をしている26歳、元会社員、ごく普通の日本人女性です。 今回はそんな私がなぜノルウェー留学を思い立ったのか、そして私にとってのノルウェー留学の魅力についてお話させていただけたらと思います。

まずはノルウェー留学を選んだ理由から。

私の場合は大きく3つ理由がありました。 まず1つ目は、自分の専攻する教育学のコースの種類、内容が豊富であったこと、2つ目に英語で授業を受けられるということ、そして3つ目に授業料が無料(!)であったことです。 ノルウェー 海外旅行が大好きな方には理解していただけるかもしれません。 私、とっても海外に行きたくてムズムズしていたんです!(笑) 大阪で英会話講師として働くこと3年、仕事は楽しく、その仕事に就いたことがきっかけで教育という道に進むことになったのですが、とにかく海外に行きたいという思いをずっと持ち続けていました。 そんな中たまたま見つけたノルウェー留学をされた方のブログ。 正直最初は授業料無料の文字に惹かれて色々リサーチを開始したのですが、調べれば調べるほど興味深く、いつの間にかノルウェーの虜となっていました。 またオスロ大学の大学院は申込み方法もシンプルで、担当の方もとっても親切でした。 着々と申込みも完了し、まさか受かるとは思っていませんでしたが今年の春、無事に合格通知を受け取ることができました。 ノルウェー

そして始まったオスロ大学での留学生活。

オスロ大学の大学院の授業はすべて英語で行われるため、世界中から集った留学生たちと共に英語で学ぶことができます。 例えば私のクラスメート17人中ノルウェー人はたったの1人しかおらず、他はヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、中東、アジアからの留学生です。授業風景はまるで世界の縮図を見ているよう! そして私を含め、ネイティブイングリッシュスピーカーではない生徒が大多数を占めており、だからこそ発言しやすく、ちょっとした英語の間違いなんて皆気にしない空気感があります。 もちろん大学院レベルなので学ぶ内容は難しいですが、言語の点ではノンネイティブの人には比較的学びやすい環境なのかなと思います。(あくまで私の主観ですが。) また1つの問題に対しても本当に様々な視点からの意見がでてくるのでとても面白い。 大学院留学ということもあり、皆年齢も経験も様々。 普段の授業から色々な意見が飛び交い、いかに以前の私の視野が狭かったか思い知らされます。 ノルウェー また、海外留学生に対しても授業料が無料であること。 これは完全私費留学の私にとってとてもありがたい制度でした。 しかもだからといって大学の質が低いのかといえばそうではありません。 施設はとても綺麗ですし、様々なイベントが連日行われ、また生徒へのサポートも整っています。 生活費(特に食費)は相当高いですが、生徒寮の家賃は日本にいたころよりも安く(私の部屋の場合光熱費インターネット代込みで月5万円前後)アルバイトもできるので学生にとってはとても優しい国、ノルウェーだと思います。   もちろん以上の全てを留学する前から把握していたわけではありませんし、誰と出会うかなんて実際に行ってみなければわからない。 でもso far so good! 日々トラブルもありますが、私のノルウェー留学生活は順風満帆です。   そしてそんな私が思うノルウェー留学の最大の魅力は豊かな自然の中での大学生活です。 私の住む寮の横には有名な湖があり、気分転換やピクニックなどに最適の場所で、試験前にはそこで勉强もしました。(口頭試験だったため1人でブツブツとつぶやきながら練習、かなり怪しい姿だったに違いありません。) 図書館にいてもふと窓の外を見ればいつでも美しい自然に癒やされます。また休みの日にちょっと足を伸ばせば船に乗って島に遊びに行くこともできます。 もちろんオスロはノルウェーの首都なので街の方に行けば美しい建造物や美術館、ショッピングエリアなどもありますが、そんな街の中にもたくさんの緑を見つけることができ、住んでいて本当に気持ちのいい場所です。 ノルウェーのきのこ 以上、私がノルウェー留学を目指したきっかけと私が思うノルウェー留学の魅力でした。 誰に対してもオープンなノルウェーの大学教育、まだ日本ではあまり知られていないかもしれませんが、だからこそいいところも悪いところも、一留学生という目線で情報発信していけたらいいなと思います!
留学エージェントに資料請求