スイス留学~日本への一時帰国の手引き~その3

留学voice特派員のkuraraです!
前回、前々回に引き続いて一時帰国する際の流れをご紹介します。今回は成田空港からチューリッヒ空港までに言及していきます。

スイス留学中の一時帰国

〜チェックインまで

スイスインターナショナルエアラインズの場合、カウンターが基本的にJあたりになるので出入り口から少々歩きます。

チェックインカウンターに着いたら、Eチケットとパスポート持って荷物を預けます。この時に席を決めることもあります。

〜荷物検査まで

成田空港の荷物検査は以前よりもさらに効率化がなされており、多くの人がカゴを用意できるような構図になっています。PC、カメラ、携帯などは全部出して、重ならないようにカゴに入れましょう。

〜出国審査まで

自動化ゲートが以前までは任意だったのですが、今は全体的に普及し出入国スタンプが省略されています。スタンプが欲しい人は自動化ゲートを通った後に従来通り押してもらうことが可能です。

注意点(2019年8月現在)

チューリッヒ〜成田間 スイスインターナショナルエアラインズの機種はA340-300が主でで、約30年前に造られたため正直なところ古い印象を受けます。

荷物棚は左右に揺れたり、ケーブルの付いたリモコンの操作で動くモニターだったり、USBポートがなかったりと旅慣れた人にとっては少々不便かもしれません。機内にWiFiが飛んでいるわけでもないので、搭乗前に連絡や充電は完了しておいたほうがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?自動化ゲートが本格的に導入されていて、筆者はとても驚きました!今後は搭乗2時間前より遅く空港に着いても全く問題なく乗れる日が近いかも・・?

この記事の著者

kurara

kurara

フランス・カナダ・スイスへの留学経験あり。今秋から再びヨーロッパへ留学!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ