現役留学生による海外留学ティップス7選!PCはAppleが良いなど

現役留学生ならではの留学に役立つTipsを紹介していきます。筆者自身の経験と筆者の留学仲間からの知恵の寄せ集めをシェアしていきたいと思います。

us-mm_tipstostudyabroad01

フライト&バスを賢く利用しよう

留学のときの渡航費ってなかなか馬鹿にできませんよね。安い航空券を探すのは基本だと思いますが、チェックしてほしいのがYouth向け料金になっている航空券です。

フライトチケットの買い方としては

  • 日本~留学先の長期オープンチケット(3~12か月のオープンチケットで復路日程変更可能のもの)を買う
  • 最初の渡航の際に片道チケットを購入し、休暇の際の帰国で留学先~日本の往復チケットを買う

というどちらかがおすすめです。どちらかというと安上がりになるのは2の方法ですが、ケースバイケースなので、自分の渡航予定に合わせて調べてみましょう。注意してほしいのは往復チケットは日程は変更できても利用する空港は変更できないということです。

フライトチケットは一般的に利用者の少ない空港へのフライトの場合、高額になりがちです。近くの利用者の多い大きな空港まで飛んで、そこからバスを利用するなど工夫すると渡航費が安くなることがあります。ただ、バスの利用は思っているよりも体力を浪費しがちで、荷物が多ければそれだけ大変なので、自分の体力とお財布事情をよく考慮してどうするか決めましょう。

us-mm_tipstostudyabroad04

アメリカでそのままソフトバンクが使える?

アメリカに行くソフトバンクユーザーの人必見です。アメリカ放題というソフトバングのサービスを利用すれば、アメリカでそのまま日本で持っているiPhoneが使えるようになります。ソフトバンクはスプリントと提携しているのでスプリントのネットワークを利用しての通話、SMS、データ通信が月額980円で利用できるようになります。

携帯電話は持っていくならSIMフリー

ソフトバンク以外の利用者で、海外でもWifiがないところでも携帯を使いたい場合にはSIMフリーの携帯を持って行って、現地でSIMカードを購入して利用するのが便利です。

SIMカードについて

PCはやっぱりAppleがいいの?

PCはAppleでもWindowsでもどっちでも大丈夫です。ただ、海外で修理のしやすさなどを考えるとAppleの方がいいということは確かにあります。例えばチャージャーを失くした時なども、Appleの方が同じチャージャーの利用者は多いので、なにかと便利かもしれません。

us-mm_tipstostudyabroad02

海外用プリペイドカードとクレジットカードを使い分ける

海外でのクレジットカード・デビットカードについての基本は

  • 留学にはクレジットカードを持っていく!(海外では支払いはクレジットカードを利用することが一般的。クレジットカードには海外キャッシングサービスや海外旅行保険などがついていることが多いので、万が一のときにも安心。
  • カードは2枚持ちで!(片方が使えなかった時のバックアップ&万が一のための海外キャッシュサービス利用額を多く持つため。)
  • クレジットカードのブランドはVISAとMasterで1枚ずつ!(VISAとMasterが世界的に一番利用されているクレジットカードブランドであり、使える場所も多いため。

じゃあ、現金はどうする?ということでおすすめは海外用プリペイドカードです。

プリペイドカードは為替レートがデビットカードなどより比較的いいですし、審査なしで作ることができます。クレジットカード利用もできるのでクレジットカードとプリペイドカードで1枚ずつ持って行ってもいいです。

航空券などはマイルを貯めるため・海外旅行保険の対象になるために(利用付帯の場合)クレジットカードで、普段は為替レートのいいプリペイドカードで、というように使い分けることがおすすめです。

海外へもっていくお土産はどうする?

お土産は百円ショップの和装雑貨や日本のお菓子や文房具がおすすめです。高価なものをあげても、価値を分かってくれるとは限りません。

百円ショップの扇子やお箸、千代紙、折り紙などは人気です。日本のお菓子はお煎餅などは好きなひともいれば苦手なひともいます。お煎餅のような日本らしいお菓子と日本っぽいチョコレート(抹茶味など)を両方持っていくのがgood。

日本食やお寿司が好きな人には巻きずし用の巻き簾や海苔が好評でした。緑茶も最近海外でブームになったので、緑茶、抹茶、ほうじ茶など日本のお茶を持っていくこともおすすめです。

us-mm_tipstostudyabroad03

病院は日本で済ませてから!そしてできれば学校の保険に入ろう!

海外では医療費は高額になりがちです。できるだけ日本で済ませてから行きましょう。歯医者は特に日本で済ませましょう!

保険については、もしも現地の学校の保険に入ることが出来れば、入るようにすることがおすすめ。日本で海外旅行保険に加入するよりも安い場合が多いです。安くても、必要なニーズには応えてくれるだけのカバー力はあります。わたしは今までずっと学校の保険に加入しています。もちろん、学校によってどんな保険かは変わってくるので、事前に内容をよくよくチェックしましょう。ただし、学校の保健でも歯科治療はカバーされることが稀なので、日本で済ませるようにしましょう。

日本語サポートなどが欲しい場合には、学校の保険などでは心許ないかもしれません。大きな病院では日本語通訳がいますが、追加料金が請求される可能性が高いです。

海外留学保険について

この記事の著者

mm

mm

アメリカ長期滞在中

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ