留学希望者からのよくある質問、留学経験者に聞いてみるべき質問とは?

学校で行われる留学説明会の手伝いや普段の学校生活で留学を考えている人から質問される機会が何度もありました。聞かれる質問には共通点が多くありました。そこで今回は私の周りの留学希望者から多かった質問の紹介と、近くに質問できる留学経験者がいる人向けに留学生活の助けとなるであろうオススメの質問を紹介します。

留学行って価値観や性格が変わったところ・成長したところはありますか?

自分の世界が広がることは確実にあります!人脈や異文化、知識などいろんな物事に出合いました。ただし、留学自体が人格や価値感を自動的に変えてくれるものでは全くありません。私の場合は基本的な性格や価値観はほとんど変わらないですが、留学で変わらない自分をダメだとも思いませんよ。 人間そう簡単には変われないですし(そもそも必ず劇的に変わる必要があるかも疑問)、ある程度大人になれば残念ながら目まぐるしいような成長もほとんどありません。(泣)留学したかどうかではなく、その期間どれだけ目標に向かって頑張ったかです。これは外国にいても日本にいても同じことですよね。ただ留学という今までとは違った環境ではチャレンジしやすいことはあるかもしれませんね!

準備っていつ頃始めましたか?

まず準備といってもいろいろな準備があります。自分が留学いこう!と決意し、動き始めた時期、親や家族への相談・説得した時期、留学費用の準備時期、学校手続きを始めた時期、留学へ行く際のパッキング、、、などなど。なので急に「準備っていつ頃始めましたか?」といわれても正直困ります。なのでより具体的に、聞くといいでしょう!具体的な準備がイメージが付かず、はっきりしない場合は何をいつ頃完了したのかを聞いたほうがgood! そして、学校入学申し込み時期について聞いてくる人もいますが、それは学校やセメスター、年度によって様々です。これは過去の情報しか知らない留学経験者にではなく、希望する学校のウェブサイトを見るか直接問い合わせたほうがいいでしょう。

※セメスターについてはこちらを参考に。「いまさら聞けない!アカデミックイヤーとは?学期制って?」

4大編入はしないんですか?

一年の語学留学で語学学校とコミュニティカレッジへ通っていたこともあってか、よく「どうして4大行かないの!?」と言われます。(汗)単純にお金がないというのもあるのですが。。。(笑)まず、語学留学と大学留学がごちゃ混ぜになっている人が多いように思うので説明します。

  • 語学留学…英語を英語圏で身に着けるための留学
  • 大学留学…ある特定の学問を外国で専門的に学ぶための留学

私は「英語がもっと話せるようになりたい!」という目的の留学なのでもちろん語学学校へ行く語学留学なんです。そこには学問的な教養をわざわざ外国で身に着ける必用はないですよね。そして、アメリカの4大に入ったからって質の良い英語が話せるようになるとは限りません。四大や大学院では専門的な学問知識・応用に焦点が当てられます。なので完璧な英語は必ずしも必要ではないのです。実際に外国人の友人(非アメリカ人)の大学生、大学院生の何人かはアクセントが強く、文法も間違った通じる外国人英語です。なので留学×英語が堪能な人=4大留学とはかぎりません

どのくらい英語できるようになりましたか?

TOEFLのスコアでいうと10点以上あがりました。ただ、いちばん英語力で成長を感じるのは日常会話でのコミュニケーションの質や速さ、幅広さが格段に良くなったことです。なので学問的英語力を図るTOEFLとビジネス英語のTOEICでは測れない英語力ですね(英検は論外)。英語の量と質が良くなっただけではなく地域独自の言葉なんかも知る機会があったり、物によっては自分自身が使っていたり、、、。”Hello!How are you?””I’m fine. Thank you. And you?”の世界とはかけ離れたかなりナチュラルな生きている日常会話英語になりました。

留学前はカジュアルな英語が聞き取れないこと・理解できないことが多くて、日常的な英語ができるようになりたいと思って留学しました。なのでルームメートもアメリカ人か自分より英語ができる人、現地民しかいないようなヨガグループに入ったり、コミュニティカレッジではアメリカ人の優秀なクラスメートと一緒に宿題等をしたり、常にネイティブスピーカーあるいは自分より英語ができる人と一緒にいるように心がけました。

※ビジネス英語についてはこちらを参考に「語学留学でビジネス英語を学ぶ」

是非聞いてみるべきオススメの質問

  • 「何かトラブルはありましたか?どんなトラブルですか?どうやって対処しましたか?」

留学へ行くと大体何かしら大小さまざまな問題が起こります。これは留学経験者それぞれが持っていると思うので是非聞いてみてください。私の場合は留学プランの変更による急きょコミュニティカレッジへの入学ですね。。。

  • 「危険な地域はありましたか?見分け方はありますか?」

もし希望する都市や町へ留学した経験者が身近にいる場合は必ず聞きましょう。特に都市部では本当に一つ通りを挟んだら麻薬が蔓延し、殺人や暴力事件が起こってもだれも驚かないような地域になっていることが普通です。こういった地域の危険情報は日本語のサイトでは見つけにくい場合がほとんどです。治安情報は現地に行ったことのある人の情報が思っているよりもずっと大切です。

 

行ったこともなくて、あまり想像もちゃんとついてない留学について疑問・質問をするのは意外と難しいかもしれません。しかし、留学説明会などで専門の人や経験者からより多くの自分向けの情報を引き出すチャンスでもあります!頑張ってくださいね。

この記事の著者

なんはい

なんはい

2015年4月から一年間アメリカのニューヨーク、サンフランシスコ、チーコの語学学校、コミュニティカレッジへ語学留学しました。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ