コミュニケーションは言葉だけではない!90%はノンバーバル?

ノンバーバルコミュニケーション留学で英語が話せるようになりたい!という目標を掲げ、留学する人は多いと思います。しかし、日本人のほとんどが学校教育で英語の授業を受け、単語数や文法力が十分にあるのに「自分の言いたいことがなかなか英語で出てこない・伝わらない」、「ネイティブスピーカーとの話がむずかしい」などなかなかコミュニケーションにつながらない光景を自分を含めよく見かけます。英語ができないわけではないのに、いざ人と話すときにうまくいかないのはなんででしょうか?

そこで今回は言語以外の能力でコミュニケーションには欠かせないノンバーバル(非言語)の部分を紹介したいと思います。

ノンバーバル・非言語って何?

コミュニケーションは言葉だけではありません。例えば人に挨拶をする際「Hi!」という言葉は言語です。それに対して「Hi!」という時の笑顔や手を振る仕草、アイコンタクト、明るい声のトーンなどがノンバーバル(非言語)に当たります。つまりコミュニケーションは言葉の力だけでなく、表情や音、動作や絵図なども含まれています。このようにノンバーバルはたくさんの要素があり、コミュニケーションのうちこのノンバーバルの部分が90%という研究結果もあるほど重要です!つまり、いくら英語が堪能でもこのノンバーバルの部分を使いこなさなければ最大でも10%しか力が発揮できないかもしれません!

ノンバーバルの表現を使いこなすために

ノンバーバルコミュニケーション

  • 少し大げさなくらい感情を表現しましょう。楽しい話は笑顔で、悲しい話はしょぼーんとした雰囲気で。
  • はっきりとした声で話しましょう。
  • 動きましょう!ジェスチャーや身振り手振りは大切です。
  • アイコンタクトを取り、「あなたにお話ししたい」ということを目で伝えましょう。じーーーぃっと見る必要はありません!目を見るのが恥ずかしい人は相手の鼻を見るのがおすすめ。
  • 常にノートとペンを持ち歩きましょう。いざという時に絵や図を用いてみましょう。
  • わからないときは、首を傾げましょう!わからない話をうなずいて聞き流しては上達しません。分からないことを伝えるのもコミュニケーション。分かったふりは禁止!

自分の意思をしっかりと見せることが大切です。そして言いたいことが伝わらないとき、英語でなんて言うのか知らないから、とあきらめるのではなく、あらゆる手段を使って表現しましょう。コミュニケーションをする意志さえ伝われば、きっと相手も聞く耳をもってお話ししてくれるでしょう。よくあるのが分かったふりして、急に質問されて何も答えられないということ、会話に参加するのをあきらめてしまうこと。何も答えないこと、ずっと聞き手にいることは会話に参加したくない、拒絶されていると受け取られることもあります。ネイティブスピーカーとの会話が難しいのは当たり前なので、こちらがコミュニケーションの意志さえ表現すれば、相手も参加してきて、手助けしてくれる(英語でどう表現するのかを教えてくれる)ことでしょう。ノンバーバルコミュニケーション

特に表情は世界共通の意思表示ですので、言語より扱いやすい最高のコミュニケーションツールです。このノンバーバルの力を使わない手はないです!語学の勉強で単語や文法、発音に集中しがちな語学留学ですが、コミュニケーションを考えるときには、ノンバーバル・非言語がとても大きな役割があることを忘れないでくださいね。

アメリカ留学 関連記事

アメリカ語学留学!どの都市がいい?留学費用は?

アメリカ語学留学費用

アメリカの大学・大学院へ進学!必要な条件は?入学試験はある?

アメリカの大学・大学院進学

ホームステイ?アパート?それとも寮?アメリカ留学滞在方法のメリット・デメリット

アメリカ留学の滞在方法

自分にピッタリの留学エージェントを探せ!

留学エージェント選び

留学エージェントにパンフレット取り寄せ
LINEで送る
Pocket

この記事の著者

なんはい

なんはい

2015年4月から一年間アメリカのニューヨーク、サンフランシスコ、チーコの語学学校、コミュニティカレッジへ語学留学しました。

関連記事

ページ上部へ戻る