イギリス留学の持ち物!交換留学、大学院留学必見!

こんにちは!短期の語学留学を経てイギリスに修士留学した、はらしょーです!
今回はイギリス留学の1年間の生活を振り返ってプラスアルファで持って行った方いい持ち物をいくつかのカテゴリーに分けて紹介しようと思います!

 

衣類

1. ヒートテック
日本ではどこでも買えるヒートテックですが、イギリスではなかなか手に入れるのが大変です。私はイギリスのリーズという都市に留学をしていましたが、私の街にユニクロはなく、ロンドンに行ったときに足りない分のヒートテックを買い足しました。

2. フード付きのナイロンジャケット
イギリスでは毎日のように雨が降ります。一日の中に四季があると言われるイギリスですが、天気がとても不安定です。ただ日本のように一日中強い雨が降ることはあまりなく、弱い小雨が急に振り出したりすることが多いです。その特性上、イギリス人はあまり傘を差さず、雨が降ったらフードを被っています。実際私も日本にいるときはフード付きの服はあまり着ていませんでしたが、留学中は雨に備え、ほとんど毎日フード付きの上着などを着ていました。

3. スーツ
これは留学に行く学生みんなが悩むと思います。賛否両論ありますが、私は持って行くことをオススメします。
スーツはドレスコードにも対応でき、就活にも使えます。イギリスでは学期の終わりに
ボウルと呼ばれる、プロムのようなパーティーがあります。ほとんどの場合がドレスカジュアルやフォーマルなどのドレスコードがあります。スーツを持って行けば、ネクタイやシャツを変えるだけでドレスカジュアルにも対応できますので是非持って行きましょう。
また留学先ではオンキャンパスでの企業の説明会や、留学生向けの就活フェアなど様々な就活のチャンスがあります。その際にスーツ着用が必要になる場合もありますので持って行かないと参加できなかったり、数回のイベントのためだけに現地で買わなくてはいけなくなったりします。
また日本のように裾上げを簡単にできる環境ではないので、購入を考えている方はそこに注意をしましょう。

 

食べ物

1. サプリメント
これは先に留学をしている友達に勧められました。イギリスでは肉料理が多く、栄養が偏りがちです。また、初めのうちは食文化になじめずあまりご飯が食べられない人もいます。不足しがちなビタミンなどのサプリメントを持って行くことをオススメします。

2. インスタント食品
イギリス留学の際、これがあるとかなり助かります。基本的にイギリスのレストラン高いです。また日本のように24時間やっているコンビニはイギリスにはありません。私の家の近くでは、23時までやっている小さいTESCO EXPRESSというスーパーが一番遅くまでやっていました。夜遅くまで課題に追われることが良くあるイギリス留学では、インスタント食品が強い味方です。アジアンショップでインスタント食品を買うことはできますが、カップラーメンが300円以上することも普通にあり得るので、荷物に余裕があれは持って行きましょう。

3. 調味料
イギリスでの留学生は自炊をする学生がほとんどです。私も料理を全くしたことがありませんでしたが、留学中は自炊をしていました。その際に役立つのが調味料です。スティック状のだしやウェイバーなどペースト状の調味料があるとかなり便利です。

家電

1. 携帯ウォシュレット
短期の語学留学でも持って行きましたが、携帯ウォシュレットは非常に重宝しました。
イギリスは様々なテクノロジーが最先端ですが、日本のトイレより綺麗なものは一年間滞在し、一度も出会えませんでした。(笑)
特にウォシュレットが付いているトイレは見たことがありません。ウォシュレットはトイレットペーパーの節約にも役立ちますし、是非持って行ってください!

2. コンセントのマルチタップ
日本の形のマルチタップを持って行けば、変換器が一つで複数の日本型のコンセントを使うことができます。
ワット数が違うので、購入の際は海外対応しているか良く確認してください。

3. タブレット
もしもタブレットがあるようであれば是非持って行きましょう。留学中、教科書をamazonで買わなくてはいけない場合がありますが、kindle版だと安く購入できます。

 

その他

1. 履歴書用の写真
就活で使う場合もあります。街中にスピード写真があるところもありますが、念のためデータにしてパソコンに入れておくのと、何枚か現像した写真を持って行くことをオススメします

2. キーチェーン付きの小さい財布
イギリスではカード決済が主流です。そのため財布に多くの小銭を入れる機会がほぼありません。ポケットに入るサイズでキーチェーンなどが付いていれば、手ぶらで出かける際に非常に便利です。クラブでのパーティーなどに行くときにとても重宝していました。

3. コンタクトレス決済対応のクレジットカード
日本ではあまり主流ではありませんが、かざすだけで購入できるコンタクトレスカードがイギリスでは主流です。日本でもいくつかコンタクトレス対応のクレジットカードが出てきているので、可能であれば作って持って行きましょう。

4. 洗濯用ネット
イギリスでは乾燥機を使うことが主流です。選択をすると服にダメージがあったり、縮んでしまうことが多々ありました。お気に入りの服を洗うときは洗濯ネットを使うことをオススメします。

まとめ

イギリスでは必需品を買いそろえることはできますが、少し割高なため、日本の100円ショップなどで必要なものを準備しましょう。基本的に割高なことが多いですが、電動歯ブラシなど、イギリスの方が安く買えるものもあります。留学経験者やネットの意見を参考に、持って行くべきものと現地で買うものの準備をしましょう。

イギリス留学 関連記事

> イギリス留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

はらしょー

はらしょー

今までアメリカ、オーストラリア、フィリピン、イギリスの4か国に留学しました!はらしょーです。
高校で2ヶ国にホームステイしましたが、大学生活では英語からかけ離れた生活を送ってました。新卒で会社に入社をしましたが留学をすることが諦めきれず、イギリスのLeeds Beckett Universityに修士留学をしました!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ