オーストラリア留学の奨学金を知ろう!~オーストラリア国内編~

オーストラリア留学の奨学金

はじめに

こんにちは。前回、オーストラリア留学の奨学金を知ろう!~日本国内編~という記事を書きました。

今回は、オーストラリア政府が給付する「エンデバー奨学金」を中心に、オーストラリア国内の奨学金についてお話します。

※この記事は2016年11月21日現在の情報を基に作成しています。

1.オーストラリア政府

オーストラリア政府

エンデバー奨学金

オーストラリア国内の留学奨学金として有名な奨学金で、研究活動や専門能力の開発を支援するための奨学金です。支給額も多いですが、応募条件も厳しいのが特徴です。申請はエンデバー奨学金のHPから行うことができます。

種類は4つ。

  1. エンデバーエグゼクティブフェローシップ:エンデバーエグゼクティブフェローシップは、対象国の産官学における優秀者に、専門能力を開発する機会(例:経営管理集中トレーニング、短期研修、リーダーシップ/エグゼクティブマネージメント・トレーニング)を提供するものです。この奨学金は、教育機関に正規入学して学ぶのではなく、受入れ先の職場環境で知識やスキルを習得することに焦点をあてており、学術研究に対する助成を目的とするものではありません。
  2. エンデバー研究フェローシップ:エンデバー研究フェローシップは、対象国からの大学院生および博士研究員の、オーストラリアにおける短期間の研究活動(4 ~ 6ヶ月間)を支援する奨学金です。専攻分野は問いません。
  3. エンデバー大学院奨学金:エンデバー大学院奨学金は、オーストラリアの大学院の修士または博士課程(コースワーク、リサーチのいずれも可)で学ぶ対象国からの留学生を、最長4年間支援する奨学金です。専攻分野は問いません。
  4. エンデバー専門技術奨学金:エンデバー専門技術奨学金は、オーストラリアの専門学校のディプロマまたはアドバンス・ディプロマ、準学士課程で専門技術教育を受ける対象国からの留学生を、最長2.5年間支援する奨学金です。専攻分野は問いません。専門技術教育・訓練のコースは通常、職業あるいは業務に関連する知識やスキルを養うもので、学術的要素よりも職業や業務に直結する要素を含みます。大学などが提供する学士課程以上のプログラムは、エンデバー専門技術奨学金適応外となります。

<応募資格>

  1. プログラム開始期日に年齢が18歳以上でなくてはなりません。
  2. 参加国(日本は参加国)の国籍と永住権の両方かいずれかを持っていなくてはなりません。
  3. 定められた期間内にプログラムを開始しなくてはなりません。
  4. 必要な書類を全て提出しなければなりません。
  5. 定められた年月日以降、オーストラリア政府支援の奨学金またはフェローシップ(オーストラリア政府によって直接運営されているもの)をすでに受給していてはいけません。
  6. すでに修了したエンデバー奨学金とフェローシップの制度(category)に再度申請してはいけません。

<必要な書類>

・全てのコース共通

国籍・永住権の証明のコピー、成績証明書のコピー、コミュニティーサービスの証明、推薦状 x 2

・エンデバーエグゼクティブフェローシップで必要
ホスト機関からの任命証明書と言語適正証明書、職務経験の記録

・エンデバー研究フェローシップで必要

ホスト機関からの任命証明書と言語適正証明書 、受入証明書・博士号授与証明書

・エンデバー大学院奨学金で必要

オーストラリアの大学受入証明書、英語習熟度(※)の証明のコピー

・エンデバー専門技術奨学金で必要

オーストラリアの大学受入証明書、英語習熟度(※)の証明のコピー、職務経験の記録

(※)英語習熟度についてですが、下記のAかBの証明を提出する必要があります。

A.

  • IELTS – Academic 試験のみ→総合スコア 6.5、個別バンド(熟練度)で 6.0 以下の項目が存在しないこと。
  • TOEFL – 答案用紙方式 Paper Based Test (PBT) TWE (Test of Written English)スコア 4.5 を含めてスコア 580。
  • TOEFL – コンピューター方式試験Computer BasedTest (CBT)Essay Rating スコア 4.5 を含めスコア 230。
  • TOEFL – インターネット方式試験 Internet BasedTest (IBT)総合スコアで 90、Writing セクションが最低でもスコア 22、他のセクションはいずれも 20 以上。

B.

大学レベルの勉強を規定の国(※)のいずれかで少なくとも1年以上英語で履修した(通信教育を除く)ことを証明する成績証明書の認証コピー。

(※)規定の国
アメリカンサモア、オーストラリア、ボツワナ、カナダ、フィジー、ガーナ、ガイアナ、アイルランド、ジャマイカ、ケニア、レソト、リベリア、ニュージーランド、ナイジェリア、パプアニューギニア、シンガポール、ソロモン諸島、南アフリカ、トンガ、トリニダード・トバゴ、イギリス(北アイルランドを含む)、アメリカ合衆国、ザンビア、ジンバブエ。本リストは大学入学センターにより決定され、オーストラリアの大学によって同意されているものの一部。

<選考方法>

書類選考

<支給額>

  • 旅費:3,000ドル(特別な場合には最高4,500ドルまで支給)
  • 生活基盤のための資金:2,000ドル(フェローシップ)または4,000ドル(奨学金)
  • 毎月の給付:3,000ドル(最長プログラム期間相当分まで)
  • プログラム期間中の健康保険(外国人用OSHC ※海外留学保険)
  • 旅行保険(外国人用プログラム期間を除く)
    ※エンデバー奨学金受給者は、最長の学習・研究期間中の学費を比例配分ベースで受給する。学費は学生サービス、アメニティー費を含む。

→これらに加えて、それぞれのコースごとに学費の支給があります。

<貸与型/給付型>

給付型

2.オーストラリアの大学、大学院

オーストラリアの大学

以下は、全てではありませんが、オーストラリアの大学ごとに給付される奨学金です。入学のために必要な書類を提出すると、それをもとに奨学金の審査が行われる場合と、奨学金審査用の書類を追加で提出する場合、面接やレポートといった追加審査がある場合があります。申請方法、申請条件はそれぞれの大学で異なるので、必要な人は確認してください。

おわりに

どうでしたか。

調べてみると、かなり多くの奨学金があって正直驚きました。近年は留学が一般的になってきたこともあってか、奨学金制度も充実してきています。経済的に留学が困難な人も、ぜひチャレンジしてみてください。

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

オーストラリア留学 関連記事

> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

くろ

くろオーストラリア留学経験者

春休みを利用して、5週間の短期語学留学してきました。行き先は、オーストラリアです。滞在費も安いので、田舎町にしました。田舎街への留学ありだと思ますよ!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ