正規留学ならチャンスかも!アメリカ大学留学奨学金のすすめ(前編)

アメリカの大学に留学しようとするときに一番ネックになるのは、ずばりその費用ということは少なくありません。学費が年間600万前後かかることなんて珍しくもないアメリカの大学に正規で4年間留学するとしたら、その負担はかなり大きいはずです。

でも、実は奨学金をうまく利用すれば、日本の大学に行くよりもずっと安く留学できてしまうのです。特にTransfer(編入)よりもFreshman(1年生)として入学する方が、奨学金は取りやすい状況にあり、高校卒業後にアメリカの大学へ進学を考えている人は必見です。

アメリカ大学留学の奨学金

Financial Aid

アメリカの大学の多くは能力のある学生が、経済的負担を理由に進学を断念せざることがないようにFinancial Aidを設けています。Financial Aidは正確にいうと奨学金(Scholarship)とは異なりますが、内容としては学校の学費の全額を支払う能力がない学生に与えられる支払い免除です。支払い免除される額は家庭の経済状況に合わせて判断されます。Financial AidはScholarshipと同時に利用することができる上に、返済義務はありません。Scholarship とFinancial Aidの両方を上手く利用すれば学費を抑えることが可能です。Financial Aidが必要とみなされるための家庭の年収や状況は学校によって変わってきます。

Financial Aidを設けている学校の多くはWork-Study Programというプログラムも同時に設け、Financial Aidを利用する全ての学生にWork-Study Programへ登録させる場合もあります。Work-Study Programとは学校のキャンパス内でアルバイトをすることで生徒が学費や生活費の一部を負担することです。もちろん、学校内でのアルバイトなので過剰労働はありませんし、アルバイトすることのできる最大時間が決められていることがあります。

Financial Aidの応募方法は学校によって異なります。FAFSAやCSS Financial Aidを利用する学校もありますが、学校独自のApplication Formを利用する場合もあります。どのフォームでも大抵共通して聞かれるのは、家庭の年収と出費を詳しく分類に分けて記入することです。食費、学費、家賃もしくは家の維持費、服飾にかける額、旅行費、医療費など、詳しい打ち明けを記入します。家庭に特別な事情がある場合についてはそれについても記入します。例えば、家族に身体・知的障害者がいることや要介護者がいることなども判断の基準にされることがあります。場合によっては両親や家族の学歴が影響することがあります。Financial Aidの申請には家庭の経済状況がApplicationに記入されている通りであることを証明するために、納税証明書や銀行口座の残高証明書などを提出する必要があります。これらの書類は英文で出してもらうことが可能です。

アメリカ大学留学の奨学金

Scholarship

Scholarship(奨学金)はどちらかというと家庭の経済能力よりも本人の実力によって与えられる奨学金です。奨学金(Scholarship)を獲得するには学校にこの生徒に来てほしい!と思わせることが大切です。例えば、学業がすごく優秀だとか、スポーツでの実績があったり、勉強+αで特技がたくさんあったりすると有利になります。

奨学金の申請方法も応募する奨学金によって異なってきます。Applicationの審査の中で同時に奨学金の審査が行われることもあれば、別に応募方法があって推薦書などを提出することもあります。

奨学金

奨学金が豊富な大学

奨学金がもらえるかもらえないかは学校によっても変わってきます。州立大学は安いと思われがちですが、州立大学は州民に対して安いのであって、留学生に対してはあまり安くはないということはままあります。奨学金も少ない場合が多いです。

一方、私立の名門校は寄付などによって奨学金が充実していることが多いです。名門校ということでまずは入学資格を得ることのハードルが上がるかもしれませんが、奨学金のことを考慮するならば受験してみてもいいかもしれません。アメリカの大学はピンからキリまであります。名門校といってもIvy Leagueの学校が名門校だけではありません。Liberal Arts Collegeのなかでも名門校はもちろんあり、奨学金を受けることが可能です。(わたしもLiberal Arts Collegeですが、奨学金を受けています。)

アメリカ大学留学

後編につづきます。「正規留学ならチャンスかも!アメリカ大学留学奨学金のすすめ(後編)」

アメリカ留学 関連記事

コミュニティカレッジ(Community College)ってなに?費用は?誰でも入れるの?

アメリカのコミュニティカレッジ

アメリカの大学・大学院へ進学!必要な条件は?入学試験はある?

アメリカの大学・大学院進学

アメリカに留学したい方にお勧め!リベラルアーツ大学のススメ

アメリカの大学で学ぶリベラルアーツ

どう違う?イギリスとアメリカの大学院

アメリカとイギリスの大学院

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

mm

mm

アメリカ長期滞在中

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ