1から始める短期留学-留学先はイギリスで決まり!

大学時代は授業の履修登録、サークル活動、アルバイト、一人暮らしなど人として自立していく期間だと思います。私は今夏4週間の短期留学にチャレンジしました。語学学校探しから申込みなどの手続き、留学費用の確保と親の手を借りずに全て自力で行いました。今回は留学先の国や語学学校をどう選んでいくのかを紹介します。

イギリスに行きたい!

私は2015年8月下旬から9月下旬に4週間ロンドンへ留学に行ってきました。実は、様々な説明会やフェアに行く前から留学するならイギリスに行こうと決めていました。その理由は

  1. 一度行ったことがある
  2. 文化を思いっきり感じられる
  3. 英語の本場

の3つです。

一度行った国にまた行くのは「面白味がない」とか「相当好きなんだね」と言われてしまうのですが、行ったことがあるからこそ良いこともあります。私は今回が初めての一人海外だったので、どうやって生きていけば良いのか不安でした。そこで大学一年生の春休みに旅行をして雰囲気を気に入っていたロンドンに行こうと決意しました。道行く人々はとてもフレンドリーだし、交通網やショッピングの環境も整っていて暮らしやすいと思ったからです。

ロンドンにはビッグベンやロンドン塔といった世界遺産が身近にあります。また、大英博物館やナショナルギャラリーといった無料で入れる博物館や美術館も多々あります。お金がなくても楽しめるスポットがたくさんあるので、節約生活をする大学生にはもってこいの留学先です。

イギリスは言わずもがな母国語が英語です。そのため語学学校にいる時間だけでなく、バスに乗る時やカフェで一休みするとき、いつどこにいても英語を使うことができます。私は一人でロンドンバスに乗っているときに赤ちゃんを抱っこしたイギリス人のお父さんと相席になり、英会話をして仲良くなることができました。

イギリスのベーカーストリート

 

早め早めの留学準備

夏の短期留学の場合、いつごろから準備を始めると良いのでしょうか。結論から言ってしまうと、早いに越したことはないです。もちろん、留学費用を確保できている人は直前で動き出す人もいます。しかし留学費用を自分で出すとなると、費用がどれくらいかかるのか早めに知ることが大切です。そうすることで、アルバイトや節約生活でどれくらいお金を貯めれば良いのか把握しておきましょう。

留学に行くことを決めているのなら、一つでも多くの語学学校を見てたくさんの情報と触れることをオススメします。多くの語学学校や留学エージェントは、春と秋に長期休暇向けの短期留学フェアを行っているので足を運んでみるといいでしょう。

私の場合は留学フェアと個別相談に、合わせて6回参加しました。参加した留学フェアはブリティッシュカウンシル,BEO,大学主催のものでした。また、大学の留学相談窓口,留学エージェント,語学学校の日本窓口の3種類のカウンセリングを受けました。

留学エージェントの資料

まず初めに2014年10月下旬にイギリス留学エージェント主催の留学フェアに行きました。ここでは長期短期関係なく、たくさんの語学学校や大学が集まっており、何をしたらよいか分からず圧倒されるばかりでした。留学に行きたい欲は高まりましたが、この時点では具体的にどこの学校に行ったらいいのかという明確なビジョンは見えていませんでした。

そこで11月に留学エージェントの個別カウンセリングに行きました。おすすめの語学学校や留学の申込み方などを教えてもらいました。そのちょうど5日後にエージェント主催の留学フェアがあったので、それにも参加し語学学校の担当者から直に話を聞きました。この時点で留学先の候補を3つに絞りました。大方の留学費用の目安を知り、とにかくお金がないと始まらないとわかったので冬から春にかけてはアルバイトに勤しむ毎日でした。

進級した直後の4月に大学主催の短期留学相談会と個別相談に参加しました。大学のプログラムでもロンドン短期留学はあったのですが、私の希望よりも期間が短かったのと、費用が高かったため利用しないことにしました。その後5月に第一希望の語学学校に個別相談をしに行きました。そこで魅力を再確認し、実家にいる両親にこういう理由でここの語学学校にしたいと思ってるよと伝え、5月中旬に申込みをしました。航空券は自分で手配しなければならなかったので、申込みの1週間後に航空券予約サイトで予約しました。毎日価格が変動するので難しいのですが、これ以上安くならないなと感じたら買ってしまいましょう。私は予約したあともサイトをチェックしていたのですが、自分が買った値段よりも安くなる日がなかったので賭けに成功したようです(笑)

語学学校の決め手

留学先は多すぎてどうやって決めていいかわからなくなってしまうこともあると思います。そんなときは自分が大切にするポイントを比較しながら情報を集めていくことをおすすめします。私が重要視していたのは価格と日本人の少なさです。海外に行くにあたり費用の安さは本当に魅力的ですが、安すぎるところは学校やホームステイ環境が劣悪なのではないかと疑うことも大切です。実際に個別相談に行ってみて、その学校の雰囲気を感じとると良いでしょう。カウンセリングが丁寧だと安心できます。

私が行った語学学校は日本に窓口があったため、留学経験者から体験談を直接聞くことができる交流会や事前に英語レッスンやWeb上で学習できるシステムがあり、とても魅力的でした。

留学エージェントに相談

日本人の割合はどこの語学学校にも尋ねるようにしていました。学校によって5%~20%とかなりばらつきました。国籍の割合も聞けば大体教えてくれます。ヨーロッパ系が7割だとか、アジア系は少ないといった情報もとても参考になりました。

 

おわりに

留学をしたくてもなかなか実行に移せていない人、いるのではないでしょうか。情報収集やお金を貯めるのにはそれなりの時間がかかります。でもあきらめないでください。今の世の中スマホでいくらでも情報収集できますし、アルバイト代をこつこつ貯めて留学を実現させた人は私の周りにも何人もいます。自分で学校を探して、留学を計画していくのはとても楽しいですよ。留学は短期でも世界観が大きく変わります。ぜひ一歩踏み出してみて下さい!

留学エージェントに資料請求

イギリス留学 関連記事

留学経験者にもおすすめ!?【イギリス語学留学】

 

イギリス語学留学

ホームステイは短期留学の定番!イギリスでホームステイしてみた

 

イギリスでホームステイ

イギリスに短期留学に行ってみたい!気になる留学費用は…?

 

イギリス短期留学費用

イギリス留学におすすめの留学エージェント

 

イギリス語学留学

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に!
「自分にピッタリの留学エージェントを探せ!」

この記事の著者

さわっち

さわっちイギリス短期留学

夏休みを利用して、イギリスに語学留学に行ってきました。やっぱり、英語留学ならイギリス!

関連記事

ページ上部へ戻る