【留学先選び】日本人が少なく自然に囲まれた都市カルガリー

カナダは留学の候補地の人気の国の一つですが、都市によって特色は違い、それぞれの魅力があります。今回紹介する都市はその中でも、まだまだ認知度は低い都市カルガリーについて紹介していきたいと思います

カナダ カルガリー留学

カルガリーとはどんな場所?

カルガリーはトロント、モントリオール、バンクーバー、オタワに続く、カナダ第 5 の都市であり、 カナダ中西部アルバータ州最大の街です。また、カルガリーの街は平原に囲まれており、過去には冬季五輪も開かれるなど、世界的なスポーツ大会の開催地にもなった街です。

カルガリーは物価の安さ、生活環境の良さ、好景気の影響で、近年目覚しい発展を遂げている街です。またカルガリーはカナディアンロッキーの玄関口として知られ、大自然に囲まれた街です。世界中から観光客が訪れます。

別名「カウボーイタウン」

カルガリーは別名「カウボーイタウン」とも言われています
それはなぜか、毎年「スタンピード」といわれるカウボーイの祭典が開催されるからです。

町に150台以上の山車にたくさんの馬が登場するパレードが行われ、スタジアムロデオや4頭立て馬車で競争するチャックワゴン・レース。野外遊園地やカントリーのコンサートが行われます。毎年、町全体が大きな盛り上がります。

カルガリーが位置するアルバータ州はウエスタン文化の名残が残っているため、カウボーイ文化を肌で感じることができます。

カナダ カルガリーの気候

気候

カルガリーは典型的なカナダのイメージの気候で、とても寒い地域、1年のうち半分は冬です。10月からは気温が下がり始め、12月から2月は寒さのピークとなり、平均最高気温でも氷点下となります。

平均最低気温は-10度を下回り、寒い日には-30~-40度まで気温が下がる日もあります。

しかし、夏は20~30度ほどまで気温が上がり、温かく過ごしやすい気候です。 カルガリーは、カナダの中で最も晴天率の高い地域の一つで、降水量も多くなく、雨が降ることはほとんどありません。冬も寒さは厳しいですが、雪はそれほど降らないのも特徴です。

生活費を抑えられる

アルバータ州は消費税が 5% と他州に比べ 6-8% 程低いため、全体的に物価や、ホームステイやルームレントなどの家賃も低めで、留学費用を安く抑えられます。

さらにカルガリー市内には路面電車も走っており、場所によっては無料で乗車できるため交通費も抑えられます。

そして、語学学校の学費も、他都市に比べリーズナブルです。バンクーバーやトロントにもある語学学校でも、カルガリーキャンパスだけ他都市より授業料が 5% 程度安く設定されている場合もあります。

カナダ カルガリーの特徴

日本人が少ない

カルガリーは他の都市と比べると日本人の数は少なくなります。なぜならアクセスが悪いからです。カルガリーへの直行便を運航している航空会社はあまりなく、基本的にはバンクーバーまで行ってから乗り換えてカルガリーに行く方法が一般的。そのため、直行便の本数が多くて楽に行けるバンクーバーやトロントに行く人が多くなるからです。

その分、香港や台湾、韓国など他のアジア圏からの留学生やブラジル、メキシコなどからきている留学生もいるためさまざまな国の人と一緒に生活をして英語を話すチャンスを得られます。なるべく外国の方と英語で関わりたいという方にはおすすめの年なのではないかと思います。

カナダに留学を検討している方は是非候補地に入れてみてはいかがでしょうか?

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

留学voice Instagram

ページ上部へ戻る