オーストラリアの大都市、シドニーの魅力とは?

オーストラリア シドニー

イツキです。オーストラリアと聞いて、一番に頭に思い浮かぶ地名はどこか?と聞かれたら多くの人がシドニーと答えるのでないでしょうか?多くの世界遺産で有名、2000年にオリンピックが開催された地であるからか知名度が高い都市です。

今回の記事ではそのシドニーの都市の魅力について紹介していきたいと思います。

シドニーとはどんな所?

シドニーはオーストラリア、ニューサウスウェルズ州に位置し人口は約400万でオーストラリア最大の都市。この都市は、歴史的建造物と現代的な建物、世界三大美港の一つであるシドニーハーバーが調和するおしゃれな街です。大都会シドニーの人々は、平日は仕事の毎日ですが、休日は皆のびのびとリラックスした生活を送っています。

大都市でありながら、オーストラリアの自然と一体化したシドニーは高層ビルが立ち並ぶ中心地からほんの少し足をのばせば、緑の森林、真っ青な海、真っ白な砂浜、自然に囲まれた地域にいけるのもシドニーの魅力の一つです。

シドニーは各種教育機関も充実していて、初等教育から高等教育、語学学校、専門学校、大学まで幅広く、学校数も他都市に比べ数多くあります。また、様々なクラスが開講されているので、趣味を兼ねた留学や、そのほかの留学スタイルを考えている方にも、適した都市と言われています。

気候

オーストラリアは南半球に位置しているため、日本とは四季が逆です。シドニーはオーストラリアの南に位置しているので、ほかの都市と比べると、比較的涼しい都市となっていますが、夏は最高気温が40℃を超えることもあります。昨年のシドニーの夏は異常気象で最高気温が47度という日もありました。笑

シドニーの気候は、年中を通して乾燥しており、快適です。四季はありますが、季節の変わり目はゆっくりです。季節ごとの気温差よりも、日による気温差が激しく、夏でも寒い時はコートを着ている人がいたり、逆に冬でも泳いでいる人を見かけることがあるそうですよ。

オーストラリア シドニー

物価

物価はオーストラリア全体でいえることですが、日本よりも高いです。

例えば、水なら日本円で約200円、コーラ約300円、アイス400円~500円、マクドナルドはセットを頼めば1000円前後、気軽にちょっとおしゃれなカフェに入ればコーヒー約500円。ランチの平均は1000~2000円。ディナーは良いレストランに行けば、一人5000円を軽く超えることなんてざらにあります。

 

特に高くなるのが家賃。私が滞在していたブリスベンよりも10~20%程度、同じ条件でも家賃は高くなります。

例えば、シェアハウスは街の中心部から20分程の場所のオウンルーム(個人部屋)で一週間200~250ドル前後で、シェアルーム(共同部屋)で160~180ドル前後とかなり高いです。しかし、離れた郊外のシェアハウスになると一週間110ドル前後で追うルームを借りることができる物件もあります。

なので、シティ中心部に生活している方はシェアルームで、郊外で生活している方はオウンルームというのが一般的です。

オーストラリア シドニー

仕事探し

シドニーはオーストラリアの都市でアルバイト先はたくさんあるので、仕事探しに困る事はないでしょう。一般的にオーストラリアのカフェやレストランでのアルバイトが主流になります。

オーストラリアのカフェやレストランでウェイター、ウェイトレスとして働く場合の平均時給は13~15ドル程。語学力に自信がない場合でも、日本食レストランでしたら、一緒に働くスタッフやお客様の殆どが日本人だと、それほどの語学力を必要としませんので、働きやすい環境です。

その他、日系の企業も多くシドニーにはあるため、ツアーガイド、日本語新聞会社や旅行会社でお仕事を出来る場合もあります。ただ単純にアルバイトをしてお金を稼ぐのではなく、自分のスキルアップの経験を出来る環境で働くことができます。

 

しかし、シドニーは一番日本人が多く滞在する都市、そのため良い条件のアルバイトは必然的に競争率が高くなります。少しでも他の人と差をつける為に、英語力を磨くあったり、事前に現地で働きたい仕事を日本で経験しとけば、有利になると思います!

 

オーストラリア最大の都市シドニーで留学生活を楽しみましょう!

オーストラリア留学 関連記事

> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る