カナダの代表的な都市、バンクーバーってどんなところ?

カナダには様々な魅力を持った都市があります。都市によって特徴があるので都市を選ぶ際は自分にあう都市を選ばなければなりません。

そこで今回の記事はカナダでも一番知名度の高い都市バンクーバーについて紹介していきたいと思います。

カナダ バンクーバー

バンクーバーの特徴は?

カナダと言えば?と聞かれたらバンクーバーを連想する方が多いのではないでしょうか?

バンクーバーは2010年の冬季オリンピックの開催地であったことから、日本人からの知名度も高い都市。

バンクーバーの西側には海があり、東側や北側は山が連なり、周りを自然に囲まれているのが特徴的。バンクーバー市とその周辺の人口は250万人と、日本で言うとおおよそ名古屋と同じ規模ですが、カナダで1番人口密度が高い地域であり、今後も移民の増加により人口の増加が見込まれています。

特にアジア系移民が多く日本を含むアジアからの観光業社や留学関係の機関も多いため、多くの日本人が暮らす街でもあります。そのため、日本食料品・雑貨店や日本食レストランも豊富で大変便利で日本人にとって暮らしやすい都市です。

気候

カナダは一般的に寒い国というイメージがありますが、バンクーバーは比較的穏やかな天候に恵まれています。

バンクーバーには日本と同じように四季がありますが、大きく分けると乾季と雨季の二つに分けることができます。

5月~10月の乾季の時期は、雨量も少なく最高気温が30℃を超えることが滅多にないのでとても過ごしやすい時期と言えます。反対に、11月~4月は雨季になり、徐々に雨が降る日が多くなりどんよりとした天気が続きます。

バンクーバーはカナダの中でも沿岸気候に恵まれているため、真冬でも気温が氷点下になることは滅多になく、雪が降る日も多くありません。しかし夜の冷え込みは日本より若干厳しいため、手袋や厚手のセーターをしっかり着込むといった防寒対策は必要になります。

カナダ バンクーバー

物価

続いて物価について、バンクーバーはチップの文化があることや消費税は飲食店での支払いは5%で日本より安いが、一般商品は12% 物価は全般に高めであることから、日本よりも高いと言えます。

レストランやカフェ店内での食事、タクシー、美容院など、お会計時に支払うチップは合計金額の約15%〜 ホテルで荷物を部屋まで運んでもらった時、ベッドメイキングしてもらう時、チップ1ドル以上払うというような風習が影響し日本よりも生活の面でかかる出費は多いです。

治安

カナダは先進国の中でも治安が良いことで知られており危険と言われている地域は少ないです。

ですが、外務省のデータによると日本の約5倍の犯罪発生率と言われており、日本と同じような意識では危ないことが分かります。

隣接するアメリカの犯罪発生率が高いため、数字以上に治安が良いと思われがちですが、イメージだけで治安が良いと思い込んでしまうとトラブルや犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。

カナダで起きる犯罪のほとんどがスリや置き引き、ひったくりといった犯罪です。空港やレストランなどで荷物から目を離した隙に取られるという被害が多発しています。

そして主に狙われるのは、多額の現金を持ち歩いている可能性の高い観光客や留学生であるため、貴重品の管理には気をつける必要があります。

バンクーバー

の質が良い

英語圏の留学先として非常に人気のバンクーバーは語学学校の数も多く学校間の競争も激しいため、各学校の授業や先生など教育の質が非常に高いことで有名です。語学学校も各校ごとに様々なクラスを開講しています。

コミュニケーション中心のクラスやTOEICなど資格に向けたクラス、カレッジや大学進学を目指すコースなど種類は豊富です。そのため自分の目標にあわせて学校を見つけ、自分に必要な授業を組むことが可能です。

また高等教育の機関も充実していて、公立と私立の大学やカレッジもたくさんあるため学校に通い、カナダの長期滞在を目指す人にはおすすめの都市です。

カナダへの留学を考えている方は留学地の候補地にバンクーバーをいれてみてはいかかがでしょうか?

留学エージェントに資料請求

カナダ留学 関連記事

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る