語学系の検定を受けるなら、TOEFLがお勧め!

語学検定TOEFL

日本人は検定が大好き。「そんなことまで検定にしてしまう?」というような物が多いです。

世の中には数多くの検定が多く存在しますが、これは資格では無く一種の指標のようなものなので日本国内でしか役に立ちませんし、突き詰めれば国内ですら役に立つ場面に一生のうち巡り会えるかどうというところもあります。

実際私の持ってる全商電卓検定や簿記検定がそれでした。勉強して目標にするにはいいのですが正直生涯で役には立ちません。(日商となればまた話は別ですが)

TOEICもそれに近しいものがあります。英語の実力を選択式シートで推し量ること自体ナンセンスですし、アメリカでは全くと言っていいほど馴染みがないので「日本国内での就職活動中の履歴書の肥やし」か「目標の1種」程度くらいに捉えていた方が良いです。

実際TOEICの点数が高い、と言われると「ああTOEICの点数高いんだねすごい」で終わる気がします。留学する際の指標にすら採用されませんし、アジア人独自の基準のようなところもあるような気がします。

確かに高得点と言われると素直にすごいとは思いますが、点数を自慢すること自体があまり意味がないですし、就職の際に必要なんてところもありますが、果たしてこれがどこまで採用の判断基準にされるのか、というところもあります。

ほとんどの場合留学生はアメリカの大学へアプライする際にTOEFLの点数が求められます。私はほぼギリギリの点数で入学したので攻略方法、などそんな専門的な話はできませんが、ひとつアドバイスできることがあるとすればspeakingのセクションでは「とにかく黙らない」ことが大事です。

最悪適当でもいいのでそれらしい英語を話してれば点数に反映されます(私が受けたのが数年前なので今はどうかわからないですが…)

留学を考えていて「とりあえずTOEIC勉強しよう」と考えてる方がいましたら、いますぐTOEFLの勉強に切り替えた方が将来の選択肢も少し広がるのではないかな、と思います。

この記事の著者

MK

MK

高校卒業後単身で渡米。現地の美術大学を卒業後日本に帰国、フリーランスの服飾デザイナーとして活動。
中学生時代から趣味で漫画を執筆、現在は主に女性向け電子書籍の漫画を頒布。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ