帰国子女でもない私がハイスコアを獲得した英語学習法〜英単語編〜

英語学習

留学を考えている人であれば、誰しもが通らなくてはならない道、英語の試験。国ごとに様々な試験があります。

代表的なものといえばTOEFL(アメリカやカナダ)、IELTS(イギリスやオーストラリア)があります。大学への出願に直接使えるところは少ないですがTOEICも、日本ではメジャーな英語試験の1つです。

私は高校3年生でのTOEIC900点を皮切りに、

  • TOEIC915点(高校3年生)
  • TOEFL99点(大学1年生)
  • IELTS7.0点(大学1年生)

を獲得し、現在に至っています。

ハイスコアは、海外在住経験がないと難しいと言われていますが、勉強の頑張りしだいで、高い点数を取ることは十分に可能であると思います。

これから何回かにわけて、私の英語の勉強方法を連載していきたいと思います。TOEFLとIELTSにフォーカスした内容になっています。

第1回目は「単語編」です。英語の4技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)を上げるのに一番手っ取り早い方法は「より多くの単語を覚えて理解、表現できることを増やす」につきます。

私も単語帳を覚えるのは好きではありませんでしたが、

  • 自分なりの単語の暗記方法を考える
  • 単語を覚えて理解・表現の幅が広がることの楽しさを知る

ことによって苦手を克服していきました。

実際に、私が活用した単語帳と、自己流単語の覚え方を紹介したいと思います!

おすすめの英単語帳

私が単語帳を選ぶ際に基準にしている点は

  • 日本語と英語が1ページに収まっていて、赤シートで隠せるようになっているか
  • 分野別に単語が分かれているか
  • 単語の難易度は適切か
  • 音声CDが付いているか

で判断しています。

TOEFL3800

1つめは「TOEFL3800」です。これはTOEFLの勉強をしている人なら1度は耳にしたことがある単語帳かもしれません。


この単語帳のいいところは、

  • 目標の点数(60点、80点、100点、110点〜)に分けられている
  • トピックごとに関連した単語がまとめられている
  • 音声CDが付いている

ことだと思います。私はこの単語帳を常に持ち歩き、ボロボロになるまでなんども暗記していました。まだ1度もTOEFLやIELTSの勉強をしたことがない方はまずこの単語帳から始めてみてください。

TOEFL TEST対策iBT英単語―100点獲得のためのRole Playing

2つ目めは、トフルゼミナールという塾が監修しているTOEFLの単語帳です。


この単語帳のいいところは、

  • 分野別に単語が分かれている
  • 単語ごとに同義語、反対語が記載されている

ところです。特にTOEFLやIELTSのライティングやスピーキングを行なうときに「問題文と同じことを言っているけど違う表現を求められる(パラフレーズ)」を行なうときにとても便利です。こちらもCDが付いているので音声付きで覚えることができます。

速読英単語(上級編)

最後は速読英単語です。これは入門編から上級編まであり、私は学校の英語の授業ですべてのレベルをやり終えました。これは、TOEICの試験対策として利用していました。


この単語帳のいいところは

  • 文章の中で単語を覚えることができる
  • 解説がしっかりしている
  • 特に上級編は単語のレベルが高い

ことが挙げられます。難易度が高くかつ短い文章をた くさん読むことで、単語力だけでなく読解力も上がったと思います。

自己流 英単語の覚え方

私の場合、「TOEFL3800」を主軸に置いて毎日取り組み、その日の分が覚えられたら、「TOEFL TEST対策iBT英単語」を開いました。2週間ほど前からは両方を並行して見直し、直前まで分野別の単語を中心に見ていました。

次に私がどのようにして、上記の単語帳の単語を覚えて言ったのかをご説明します。

1. 何日までにどこまで覚えたいのか決める→1日に覚えるべき量を設定

2. まずは隠さないで日本語と英語を見る

3. そのあとすぐに日本語を隠し、意味を言えるか確認

4. 意味が言えなかったやつには印をつける

5. すべての単語を1秒以内で言えるようになるまで覚える→間違えるたびに印をつけることを忘れずに

6. 次の日、前の日に覚えた単語の意味が1秒以内に言えるか確認→ここでわからなかった単語は確実に「苦手な単語」になります。目立つように印をつけて、試験直前に見直せるようにしましょう。

7. これを毎日繰り返す。

以上です!

私はこれをどの単語帳を覚える際にも適用していました。人によっては週1日は、新しい単語を覚えずに1週間の復習をする、という人もいます。私は日付を決めるのが得意ではないので、あまり単語を覚える気にならなかった日には、大きく印をつけた「苦手な単語」を見返していました。

最後に – 英単語をしっかり身に付けるには –

…いかがでしたでしょうか?単語学習は憂鬱になることもありますが、覚える楽しさを知ったらこっちのものだと思っています♪

これを読んでいる皆さんが中学生や高校生、英語の授業のある大学生であれば言いたいことがあります。それは「とにかく学校で出された課題を完璧にしてほしい」ということです。

とくに中学校や高校で習う英語はこれからの英語学習のすべての基礎になります。私はTOEICの勉強は、ほぼ学校の授業を完璧にすることで900点越えを達成することができました。学校の勉強をしっかりとやってこその試験勉強です!

私自身もまだまだ一英語学習者なのであまり偉そうなことは言えませんが、この記事が少しでも皆さんの役に経てば嬉しいです。一緒に頑張りましょう!

関連:帰国子女でもない私がハイスコアを獲得した英語学習法

イギリス留学 関連記事

> イギリス留学のおすすめ留学エージェント

TOEFL&IELTS 関連記事

語学検定対策留学 関連記事

この記事の著者

くるみ

くるみ

イギリスにあるUniversity of Brightonにて写真と映画を勉強中の都内大学2年生です。日本ではEuropean Studiesを専攻しており、映画・映像を副専攻しています。将来は日本の芸術・文化を世界に広める仕事がしたいと思っています。趣味は映画鑑賞、写真、旅行、カフェ巡り。ロックも大好きなのでフェスの本場であるイギリスのロックフェスにも行ってみたいと思っています。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ