ドイツの生活費、実際どのぐらいかかる?〜食費編〜

ドイツ留学中の食費

こんにちは!ライターAnです。今回は、ドイツで気になる「生活費」のうち、最も使う頻度の高い「食費」について、詳しくお伝えします!

ドイツ留学の食費、実際はいくら?

こんにちは!ドイツ・フランクフルトのゲーテ大学に、1semesterの交換留学に来ているAnと申します。
毎日の生活の中で、欠かすことが出来ないのが食費。

日々の食費をどのくらいに抑えられるかで、月の生活費はおよそ100ユーロから300ユーロ変わると言っても過言ではないでしょう。
基本的にドイツでは、「外食は高く、スーパーは安い」です。
今回は、こちらに来て1ヶ月ほど経つ私が、ドイツの食費について徹底解説したいと思います!

※Semester(セメスター)について、こちらの記事も参考に!
「いまさら聞けない!アカデミックイヤーとは?学期制って?」

外食

ドイツでは基本的に外食が高いです。

ランチの平均は5ユーロ〜15ユーロ、ディナーの平均は10ユーロ〜30ユーロ、パブやバーは雰囲気によって大きく値段が異なります(日本も同じですね)。
ドイツをはじめとするヨーロッパの国々では、水道水をそのまま出すという文化がありません。

なので、お水を飲みたい時はミネラルウォーターを注文することになります。
単品の価格にプラスして、ドリンク代(飲み物によって異なりますが、1.5ユーロ〜5ユーロ程度です)がかかると思っておいた方が良いでしょう。

ランチ

メンザ(学食)

交換留学や私費留学で大学に通っている場合は、必ずメンザと呼ばれる学食があるはずです。
日本の学食と同様、好きなメニューを選んで会計に持っていく方式。メインディッシュ、サラダバー、デザート、など様々な種類があります。

また、メニューは日替わりなので、飽きにくいのも嬉しいです。

ドイツの学食
たとえば、ミートソースのペンネ、サラダ、ヨーグルトドリンクで5ユーロ程度。海外生活では栄養が偏りがちなので、バランスのとれた食事が取れるはありがたいです。
ちなみに、この前は巨大なローストチキン(ケンタッキーのチキン3本分くらいです!)を、4.5ユーロで食べました(笑)
私の通うゲーテ大学には、なんと5種類もの学食があります。

普段は2種類のどちらかに行くことが多いです。友人と一緒にランチをすることもあります。

カフェ

大学内や駅構内、街中にはカフェがたくさんあります。

どこも大体メニューは似ています。

一番安いのはプレッツェルで、大体0.6ユーロ。

プレーンなパンは1ユーロ、菓子パンは1.5ユーロ、サンドイッチは2〜3.5ユーロで販売しているところが多いように感じます。

ドイツのカフェ

2ユーロ程度で、パンと一緒にコーヒーを買う人も多いです。

カフェでランチを済ませる場合は、5ユーロから6ユーロほどで済みます。カフェで買ったパンを、授業中に食べている人も多いです(笑)

ディナー

ディナーの場合は、お店の雰囲気や何を食べるかによって大きく異なりますが、単品であれば10ユーロ〜20ユーロ、それにドリンクをつける形が多いです。

留学中の食事

実はドイツには「ドイツ料理」を出すようなお店は意外と少なく、むしろイタリアンやファストフード、アジアンレストランが目立ちます。

パブ・バー

多くの人々が利用するパブやバーは、だいたいビールが2.5ユーロ〜4.5ユーロ/0.5Lが平均です。

ショットならば2ユーロ、ロングドリンクであれば5ユーロほど。

もちろん高級なバーに行けばもっと高い飲み物もありますが、飲むだけならば意外と値段はかかりません。
ドイツではビールはもちろん、白ワインも有名です。

スーパー

ドイツのスーパーはとても安く、特に野菜・果物・乳製品・炭水化物あたりは驚くほどの安さです。

上手に買い物をすれば、1日500円もかからずに生活出来るはず。一方で高いと感じるのは、醤油やみりんなどのアジア食品、加工食品などです。

普通のスーパー(REWEなど)の他にディスカウントスーパー(Aldiなど)もあり、値段は1/2から1/1.5ぐらいで購入できます。

ただ、ディスカウントスーパーの商品は傷んでいることも多いので、注意が必要です。

野菜

野菜は非常に安いです。日本の1/3〜1/2程度の値段で購入できます。
じゃがいも、にんじん、たまねぎ、いずれも1kg0.5ユーロから1.5ユーロで販売しています。

トマトやキャベツはもう少し高く、1kgで1.5ユーロから2ユーロほど。

ドイツのスーパーマーケット

ドイツのスーパーマーケット
果物も安く、りんごは1kgで2ユーロ(1玉であれば0.4ユーロぐらいでしょうか)。

キウイ1個0.4ユーロなど、日本では高くてなかなか食べられないフルーツが食べられるので嬉しいです。

鶏肉、豚肉はそこまで日本価格と変わりませんが、牛肉は安く感じます。

牛肉のひき肉が、500gで4ユーロほど。

また、様々な部位をその場で好きなだけ切ってくれるサービスがあり、新鮮なお肉を購入できるのでとても嬉しいです。
ドイツのスーパー お肉売り場

 

炭水化物

炭水化物の中でも、圧倒的に安いのがパスタです。

500gで1ユーロから2ユーロが平均。パンは種類にもよりますが、トーストであれば300gで1ユーロほどです。
お米を食べたい方は、ぜひ「ミルヒライス」を購入してみてください。

ドイツ人はお米をミルクで炊いて、ジャムなどを入れてデザートにして食べるのですが(ミルヒライスは牛乳のお米、という意味です)、水で炊いてしまえば普通のお米です!

ドイツのミルヒライス
500gで2ユーロ〜4ユーロほどで購入でき、味は限りなく日本の白米に近いです。

私は普段、パスタ、パン、ライスをローテーションしています!

飲み物

ミネラルウォーターはブランドにもよりますが、1.5Lで0.3ユーロ〜0.8ユーロほどでしょうか。

飲料用ならば少し高いもの(VittelやVolvicなど)、スープのお水などでたくさん使うならばスーパーのオリジナルブランドのものを購入するのがおすすめです。

また、ドイツにはPfundというシステムがあり、ペットボトル1本に対して0.25ユーロのデポジットを払います。

空のペットボトルを回収ボックスに入れると、お金が返ってくるという仕組み。環境大国ドイツならではの取り組みですよね!

 

みなさんが気になるであろうビールは、0.5Lで1ユーロから2ユーロが平均!日本よりもずいぶん安いですよね。

また種類がたくさんあり、どれを購入するか迷ってしまいます。

瓶に対しても、一定のPfundが課せられています。

ドイツのビール

 

ライターAnの場合…

外食週2回、他は自炊

ライターAnは、外食(夜)が週2回ほど。他はほとんど自炊でまかなっています。

朝はカフェにいってパンとコーヒーを購入することも多いです。
1ヶ月の食費は、自炊の分がおよそ100ユーロ、外食が100ユーロほどでしょうか。
それにお菓子やのど飴をよく購入するので、生活費のうち食にかかっているのは250ユーロ程度だと思われます。

 

ドイツに留学される方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ドイツ留学関連記事

授業は何コマ?学生証で電車乗り放題?ドイツの学生生活をチェック!ドイツでの留学生活 ドイツの語学学校に短期留学してみたドイツ語学留学
ドイツ留学の費用を診る、リアルな生活費はいくら?ドイツ留学費用 【ドイツ留学】実際、英語はどのぐらい通じるの?ドイツ留学で英語

> ドイツ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

An

An★2016年9月からドイツ留学

ドイツのフランクフルト大学に9月から2月まで交換留学するAnです。
卒業を控えた大学4年生で、最後のモラトリアムを楽しんでいます!
ドイツでは国際金融や経営を学ぼうと思っています。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ