ドイツ留学の費用を診る、リアルな生活費はいくら?

留学中の生活費

 

こんにちは、ドイツのフランクフルトに留学中のライターAnです。

今回は、ドイツ留学の生活費について、簡単に紹介したいと思います!

 

ドイツの物価は…?

「ドイツ 物価」で検索をかけると、多くの場合「日本と同じか、少し安いくらい」と出てくるでしょう。

もちろん、生活スタイルによってかかる値段は違って来ますが、2ヶ月ほどドイツで過ごしてみて、大体の相場がわかってきたので、紹介したいと思います。

 

【食事】

食費は、スーパーで買い物をして自炊をするか、外食をするかで、金額が大きく異なります。

ドイツのスーパーは日本と比べて比較的安いです。特にミネラルウォーターや野菜など、人の手が加わっていないものはとても安いです。
例を挙げれば、じゃがいもが1kgで0.4ユーロ(およそ50円)、にんじんが1kgで0.6ユーロ(およそ70円)など、自炊をしたい学生にとっては大変ありがたい価格。
ミネラルウォーターも、安いものであれば1L0.2ユーロ(およそ25円)ほどで販売しているので、ドイツ人はカートに大量のミネラルウォーターを入れて買っていくのが見られます(笑)

留学中の買い物

このカゴいっぱいで、600円程度でしょうか。自炊に慣れていないので、たまに買いすぎてしまいます…。
パスタや牛乳なども安いので、上手に作れば、一食200円~400円ぐらいで済みます。

一方、外食の場合は、1食につきおよそ1000円〜1200円がかかります。

単品でも800円〜1200円程度と値段が張るのですが、ドイツをはじめとしたヨーロッパ諸国では「水道水をサービスする」という考えがないため、さらに200円〜400円程度のドリンク代がプラスされます。
こちらのプレートとジュースで、1,200円程度でした。

少々、高く感じてしまいますよね。

 

留学中の食事

<アジア料理>

ちなみに学食であれば、価格はこの半分ほどで済みます。

私は朝・夜は自分で作ることが多く、昼は外食をよくしています。
1ヶ月の食費は、300ユーロ(およそ3万円)ぐらいでしょうか。

 

【日用品】

ドイツの日用品の価格は、日本とほとんど同じ。
ドラッグストアで言えば、P&Gやユニリーバなど、日本でも多く展開しているグローバルブランドが売っていますし、化粧品や洗剤なども日本と同程度の価格で購入できます。

各スーパーやドラッグストアではオリジナルブランドの日用品が発売されており、それらを買うようにするともう少し安いです。

また、海外ブランドのNIVEAなどは、日本よりもさらに安価なのが嬉しいです。

 

留学中に使用した化粧品

<ニベア>

家電類も、日本と似たような価格です。たまに掘り出し物のように安い商品が売られており、私はドライヤーを1200円、ハンディ掃除機を2300円ほどで購入しました。
今は円安で、1ユーロ115円ほどなので、安いと感じる気がします。

 

【家賃】

私は大学の寮に月290ユーロで住んでいます。フランクフルトは家賃が高いと言われており、安くてアクセスの良い寮は学生の間で争奪戦に!
寮に入れなかった場合は、自分でアパルトメントやシェアルームを探さなければなりません。

自分で探す場合は、およそ400ユーロ〜600ユーロが相場。また、水道代や電気代などで、月に80ユーロほどプラスして払う必要があります。

 

【その他費用】

・    交通費について
ドイツの大学の場合は、学生証を持っていれば、大学のある市内〜近郊の交通機関が、無料で使えることが多いです。
私の通うフランクフルト大学でも、フランクフルト市内から近郊の街(マインツやヴィースバーデンなど)まで、無料でいくことが可能です。
学生証がない場合は、フランクフルト市内の乗り放題チケットはおよそ24ユーロ/1週間、82ユーロ/1ヶ月となります。

・    携帯電話について
こちらでは、月額契約ではなく、プリペイドタイプのSIMカードを使うのが主流です。
私の使っているSIMカードは、初期費用が10ユーロ。3GBまでインターネットが使用可能で、月に15ユーロのプランです。

 

【まとめ】

これまでのまとめとして、ドイツ留学の費用を概算するとこのようになります。
《交換留学で寮に入り、半年間滞在した場合》
・初期費用
渡航費 11万円
保険料 8万円
入学金 3.5万円(大学への登録料のようなもの)
入学前の交通費・ホテル代など 2万円
調理道具・家電・洋服など 2.5万円
→合計 27万円程度

・   毎月の費用
寮費 3.5万円
食費 3万円
通信費 1500円
日用品代 3000円
→合計 7万円程度

 

これは全て私の例ですが、
・    交換留学で学費がかかっていない
・    安い寮が取れた
・    安い飛行機が取れた
など、色々とイレギュラーなことが多かったので、実際はもう少しかかると思っていた方が良いかもしれません。

ドイツに留学しようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください!

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

ドイツ留学関連記事

ドイツの語学学校に短期留学してみた

ドイツ語学留学

【ドイツ留学】実際、英語はどのぐらい通じるの?

ドイツ留学で英語

ドイツの生活費、実際どのぐらいかかる?〜食費編〜

ドイツ留学での食費

授業は何コマ?学生証で電車乗り放題?ドイツの学生生活をチェック!

ドイツでの留学生活

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

> ドイツ留学のおすすめ留学エージェント
留学エージェントにパンフレット取り寄せ

この記事の著者

An

An★2016年9月からドイツ留学

ドイツのフランクフルト大学に9月から2月まで交換留学するAnです。
卒業を控えた大学4年生で、最後のモラトリアムを楽しんでいます!
ドイツでは国際金融や経営を学ぼうと思っています。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ