イギリスワーホリ中のお金のこと。クレジットカードは何枚持っていく?

こんにちは、イギリスワーホリ中のMayuです!

留学やワーホリなどで海外に長期滞在を検討している方に『クレジットカードは何枚持っているか』『どのカードがオススメか』などの質問をよくされます。

そこで今回は長期滞在中のお金の管理についてお話ししたいと思います。

イギリスワーホリ中のお金の管理

クレジットカードは絶対必要

イギリスでは現金よりカード社会です。

1ポンド以下の買い物でもカードで払えますし、カードしか使えないレジなどもあります。

イギリスでクレジットカードを作ることはほぼ不可能なので日本で作ってくることをおすすめします。

イギリスではデビットカードが主流で、銀行で口座を作るとキャッシュカードと一体化されたカードが送られてきます。このカードでお金の入金や出金、そして買い物ができます。

対してイギリスでクレジットカードを作る場合、今までの買い物履歴やきちんと支払いがされているかなどの確認を取られます。

残高不足などで支払いがされなかった履歴が残ってしまうと審査に落ちてしまいますし、なにより履歴が多くないと審査もできないので渡英したばかりでは審査に通ることはほぼありません。

もちろん仕事がなかったり収入が少ない場合も審査に通らないので、在英歴が長い人でもクレジットカードを作るのは難しいそうです。

クレジットカードを選ぶ際のポイント

まず、絶対欠かせないのはカードのブランドです。

VISA、Mastercardなどのブランドがありますが、JCBとアメリカンエクスプレスは使えない場所が多くおすすめできません。

個人的にVisaを使っている人が1番多いように感じます。

カード自体の特典も欠かせません。
ポイント制度やマイルなど何が自分にとって1番お得か考えて作るといいです。

限度額は20万か30万あれば、旅行の時でも安心です。

また、海外保険付きにカードについてはあまり期待しないほうがいいです。
有りと無しではもちろんありのほうがいいですが、長期滞在の場合カバーされなかったり、渡航から3ヶ月以内の対象だったりします。

盗難やスキミングされたときに備えて2枚持って行くのがおすすめです。

留学中のクレジットカード

デビットカードも欠かせない!

日本ではあまり馴染みがないように感じますが、すぐに引き落としされるデビットカードが便利で使いやすいです。

デビットカードの一番の魅力は、通貨がATMでおろせることです。
カード会社によって手数料は変わってきますが、私が持っているカードでは大体200円ほどの手数料がかかります。

マーケットや田舎の方だと現金でしか払えないところもあるのでとても便利です。

また、旅行で数カ国訪れる場合はその国々の通貨をおろせるので、たくさんの現金を持ち運ぶ必要もありません。

イギリスのデビットカード事情

イギリスの銀行口座を作った際にもらえるデビットカードはコンタクトレスといって、30ポンド以内ならカードマシーンにタッチするだけで買い物ができます。

ピンコードを打たなくても買い物ができるので便利ですが、盗難や紛失には注意です。

ただ、口座を作る際にアプリの設定ややり方も教えてもらえるのですがこれがとっても便利です。携帯で随時お金の動きや、送金なども一瞬でできます。紛失に気付いた時はすぐに凍結できるので安心です。

また、このカードは海外で使うと手数料が取れられるのでヨーロッパ旅行の際には持って行きません。

イギリスのデビットカードの1番のメリットは、どの銀行で作ったカードでも銀行に備え付けられているATMなら無料でお金をおろせることです。

街中のATMでも基本は無料なので、自分の銀行を探す必要はありません。
また、24時間使用可能です。こればかりは日本の銀行やATM事情も変わってほしいと思います。

留学中はクレジットカード必須

イギリスと日本での送金は?

つい先日、日本の口座の残高が少なくなっていることに気づきました。日本のクレジットカードで使用した金額を把握していなかったので慌てて送金することにしました。

日本からこちらへの送金は、親にデビットカードにお金をチャージしてもらってこちらで引き出すという風にしていたのですがこちらからの送金は初めててでした。

調べると、イギリスの口座から日本へ送金する場合4ポンドの手数料で送金できるとのことでしたが日本の銀行口座が対応しておらずできませんでした。

ちなみに、イギリスの口座からイギリス国内の別の口座へは手数料無料で30分ほどで送金できます。

結局、Transferwiseというサイトで送金しましたが手数料も安く2日ほどで送金することができました。 

奨学金などで月々の引き落としがある場合などは、特に必要になってくるのではないかなと思います。

まとめ

海外送金には日本の銀行の口座番号が必要になってきますし、もしもの時用に日本の口座番号などはメモしておくと便利です。

また、私の場合日本の口座間のお金の移動などは親に任せてあるので銀行のキャッシュカードなどはすべて渡してあります。

渡航前に1番ベストな方法を考えておくことをおすすめします!

この記事の著者

Mayu

Mayu

今までに留学を3度経験しています。長期で行ったイギリスに心惹かれ、大学卒業後はイギリスでワーホリ。趣味は旅行と映画鑑賞。合言葉は'なんとかなる!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ