空いたスペースに入れるだけ!留学に持っていくべき4選

留学にどんな日本食を持って行こう?ラーメン、それともお茶?こんな悩みは留学に行く誰もが抱えているものです。本やウェブで調べてみると、数えきれないほどのアイテムが紹介されています。

しかしスーツケースやバックの大きさは限られており、実際にどれを持っていくべきなのかなかなか決めることが難しいところです。

そこで今回は小さくてスーツケースの隅に入る、かつ留学中必ず役に立つものに絞ってみました!ここで紹介されているものは持っていくべきか悩む必要はありません。

留学前にスーパーやコンビニで買い、スーツケースの隅に忍ばせておくだけ!では早速見ていきましょう!

抹茶パウダー

お茶や抹茶は留学時の定番アイテムですが、僕は特に抹茶パウダーを持っていくことをお勧めします。

お茶・抹茶は海外でもスーパーや街のカフェで Green Tea として売られており、比較的簡単に手に入れることができます。

ところが抹茶の粉末というと話は別です。都市部にあるアジアン・マーケット等に行かない限り店で見ることは少ないと思います。粉末であれば場所もほとんど取らず、また質の良い抹茶は少量でも濃い味がしっかりつくので、スーツケースの隅に入れておくとっておきのアイテムです。

留学の持ち物
料理に混ぜるだけでなんでも日本風に

そして抹茶パウダーを持っていると、抹茶味の様々な料理を振る舞うことができます!

抹茶は緑茶自体は海外でもすでに有名になっていますが、日本の様にチョコ、ケーキ、ドーナツやアイスクリームなど、抹茶味のスイーツはまださほど広まっていません。

緑色のスイーツ、となるとまだピスタチオの方が有名で、実際に僕が抹茶味のクレープを作った時も、外国人の友達の間では食べるまでピスタチオか野菜味であろうという意見がほとんどでした(笑)。

この様に、抹茶パウダーを持っていくことで気軽に振る舞える日本風スイーツの幅が広がります。抹茶はアイスの上にかけるだけでも楽しめるので、必須アイテムといっても過言ではないでしょう!

留学中に作った抹茶クレープ
食べるまで気付かれなかった抹茶クレープ

昆布・鰹だしの素

続いてお勧めするのが昆布・鰹だしの素!

普段から料理をする方はすでに持ち物リストに入っているかもしれません。こちらも抹茶パウダーと同様アジアン・マーケット等に行かなければ手に入らないので、特に都市部以外の地域に留学に行く方にとっては必須となるでしょう。これらを持っていれば現地でも本格的な日本料理を作ることが可能です!

小さなスーパーでも簡単に手に入る醤油と合わせれば、うどんやそばのつゆがすぐに出来上がります。うどんは小麦粉と水で簡単に作れるので、僕は自分がさっと食べたい時や友達に日本食を振る舞いたい時もよく作ります!現地の食材で作った天ぷらも、天つゆで食べれば日本の味に早変わりです!

だしがあればおでんや炊き込みご飯を作ることもできるし、もしみりんが手に入ったら肉じゃがやすき焼き、親子丼を楽しむことだってできます!やはり日本の味を再現するために、だしは欠かせないでしょう。

留学中に作った日本料理
持参しただしと現地で手に入れたみりんですき焼きパーティー

インスタント味噌汁

こちらも言わずと知れた定番、インスタント味噌汁です。

お湯があればすぐに作れ、簡単に日本の味を思い出させてくれます!粉末タイプやカップ式など様々な種類があると思いますが、僕のオススメはペースト状になっているタイプです。これがあると味噌汁としてだけではなく、野菜の味噌煮込みや味噌漬けチキンなども簡単に作れます!先日は現地で買った醤油やダシと合わせ、ラーメンの味噌スープを作りました!

味噌汁は外国人に振る舞うものとしても大変便利です。日本では味噌汁といえば定食に無料でついていたり、ご飯のお供としてあるという位置付けなのでなかなか単品で頼むことはないと思います。

ところが海外ではスープの一つとして確立しているので、日本食レストランでも一般500円~700円するところもざらにあります。そこでインスタント味噌汁を自宅等で振る舞う時は、現地で買ったねぎなどちょっとしたアレンジを加えて楽しむことでより満足感を得てもらえるはずです!

日本独特の味付け

最後に紹介したいのが、日本独自の味付けができる調味料等です。スーパーの調味料コーナーでゆず胡椒や七味など日本独特の味付け材料を買っておくと良いでしょう!

特におすすめは和風パスタ用粉末です。バター醤油や梅味、明太子など、様々な味のパスタ用粉末を持っていき友達に振る舞うと非常に盛り上がります!パスタであればどの国の留学生も食べ慣れているので、最初から抵抗なく受けいれてもらえるでしょう。

僕がアメリカでこれらをルームメイトに紹介した時は、こんな簡単に美味しいパスタが食べれるなんて日本はなぜこんなに便利なのかと驚かれました(笑)

まとめに

今回は手間なく運べて留学に持っていくべきもの4選を紹介しましたがいかがでしたか?この記事を読んだ後はもう迷う必要はありません。自分の好きなものに加えて、上記の4つをスーツケースの隅に忍ばせておいてください!!

この記事の著者

Yusei

Yusei

現在スコットランドにある University of Edinburgh で修士論文と格闘中。英語教育、そして動機付けを専門に勉強しています!東南アジアでのサバイバルやヨーロッパでのヒッチハイク等、Adventurous な人生を送っています。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ