日本人留学生の少ない国に持っていくべきモノ!スウェーデン留学、特に持っていくべき日本食は?

アメリカやイギリス、オーストラリアなど日本人の定番留学先とは違い、日本人が少ない国へ長期留学で行く場合の持ち物について紹介します。意外なものが役に立ったりしますよ。

私はスウェーデンに留学中ですが、日本人留学性は少なく、日本のものを手にいれるのはなかなか難しい状況におかれています。

  1. 日本の調味料・インスタント食品
  2. 日本でしか買えない衣類・下着
  3. 日本の医薬品
  4. 電子辞書

se_ht-bring1

1.日本の調味料・インスタント食品

スウェーデンなど日本人があまり住んでいない国では、やはり日本食は手に入りにくいです。以前オランダやドイツに行った時の品ぞろえの格差には絶望したほどです。(オランダ・ドイツはヨーロッパの中でも日本人が多く住んでいる国です)留学先ではやはり日本が恋しくなるもの、そんな時に日本食を作れる調味料があるか無いかで大きく生活レベルが変わってくると思います。

具体的には醤油、酢、みりんは比較的どこでも買えて、料理酒、めんつゆ、だしなどが海外では手に入りにくいです。留学前にほとんど料理をしなかったから、何を持っていけば良いかわからない!という方。上記の調味料があれば基本的な日本のおかず料理は作れます。是非持って行ってみて下さい。

このほかには日本独特のおたふくソースやとんかつソースなど海外で友達に日本食をふるまってあげたい!というような際に大活躍すると思います。インスタント食品も同様に、日本食を手軽に楽しめるアイテムの一つです。味噌汁、緑茶パックなどは必携で、余裕があればカレーのルー、インスタントラーメンなども持っていければ完璧です。

大切なのは「現地で買えないものを持っていく」ということです。お米などは現地で買えますが、日本製のお菓子などはあまり買えません。普段自分が何気なく良く食べているものが海外でも食べれることで心の安定にもつながります。日本食は必ず持っていきましょう!

以下私がおすすめする日本食必需品まとめです(★の数は必要度です)

  • ★★★めんつゆ、料理酒、だし、インスタント味噌汁、緑茶パック、日本のお菓子(醤油系のもの、キャンディー、グミなど)
  • ★★カレールー、ラーメン、そば、うどん、パスタソース(インスタント)、その他インスタント食品
  • ★お米、寿司粉、のり、ふりかけ、わさび、ドレッシング

2.日本でしか買えない衣類・下着

ヒートテックやウルトラライトダウンジャケットなど、日本では数多くの機能性が高い製品が買えます。私はスウェーデンに留学したので、長くつらい冬を乗り越えるためにはヒートテックは必需品でした。しかし、こちらではヒートテックのようなものはなく、私は日本から2枚ほどしか持参していなかった為、とても後悔しました。基本的な洋服に関しては海外にもファーストファッションは沢山あるため、最小限のものを持参すればいいと思いますが、これぞという自分の中のマストな衣類は多めに持っていくようにしましょう。

下着も同様で海外のサイズは日本のサイズと異なり、日本人の中でも特に身長の小さい方は子供服売り場にしか自分のサイズが無いこともしばしばあります。そのため、下着に関しては多めに持参し、留学中に買う必要のないようにする方が良いと思います。

se_ht-bring2

3.日本の医薬品

海外で体調を崩した場合、病院に行くのは大変です。そこで、最初のセーフティーネットとして、できるだけ多くの場合に対処できるように日本の医薬品を持っていきましょう。また、国によって薬の強さもまちまちで、仮に海外で、スーパーなどで買える薬品でも、それは日本の処方箋のみで手に入れられる薬品と同等の強い効果を持つこともあります。実際に私の友人はスウェーデンで薬を買って飲んだあとに薬が強すぎて病状がかえって悪化してしまいました。そのため、普段飲みなれている薬を持参することは大切です。

shutterstock_41245300

 

 

4.電子辞書

留学に来てから知りましたが、電子辞書はどうやら日本独自のものらしいです。多くの友人は電子辞書を見た際に「それって小さいパソコン?」と聞いてきました(笑)交換留学であれ、語学留学であれ、おそらく留学中は大量の教科書、資料を読まなければ行けなくなると思います。そんな時にすぐに意味が調べられる電子辞書は非常に便利です。携帯の辞書でいいやと思われる人もいると思いますが、電子辞書は英和・和英・英英のすべてが搭載されているので時に応じて使いわけることもできます。各単語の意味をもう一度学習する際にも正確性と情報量の多さは助けになるでしょう。

 

短期留学であれば、その国の食事を苦手でもがんばるで良いですが、やはり長期になると日本の味が恋しくなります。また、薬や電子辞書は、留学先の国が日本人が多い少ないに関わらず持っていった方が良いです。

 

この記事の著者

ゆりん

ゆりんスウェーデン留学中

スウェーデンのベクショーにあるリンネ大学に10ヶ月の交換留学中の大学3年生。
スウェーデンというマイナーな国での様々な出来事、スウェーデン人との彼氏の生活から見える文化の違いなどをお伝えしていきたいと思います。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ