東南アジア留学で使えるモノ。持っていくべきモノ・現地で役に立つモノは?

タイ料理

 

Selamat siang! (こんにちは!)

私は、インドネシアという東南アジアの国に留学していました。

 

最近、フィリピン等の東南アジアの国へ留学する日本人の方が、たくさんいらっしゃいますよね。

「東南アジア留学で必要なものはあるかなあ」と不安に思っている方も居ると思います。

そこで今回は、東南アジア留学に持っていくべきモノ・現地で役に立つモノをまとめました。

 

 

水着・シュノーケルセット

東南アジアと言えば、ビーチですよね!!

たとえ留学でも、少しは休日もあるでしょう。

せっかくなので、キレイな海を楽しまないともったいないです。

水着シュノーケルセットは必ず持っていきましょう。

水着・シュノーケルセット

もちろん、現地でも手に入るので安心してください。

私の場合、ショッピングモールで買いました。

もしスーツケースに余裕があれば持参しましょう。

 

帽子・日焼け止め

東南アジアは日差しが強いです。

帽子が無いと、暑くて外に出られません。ぜひ、日本から被っていきましょう。

 

日焼け止めも必需品です。

日焼け止めは、現地のドラッグストアなどで買うことができます。

ビーチに行くときは、ウォータープルーフのものを使うことをおすすめします。

私はビーチに行って日焼けをして、美白ケアの化粧品を買う羽目になりました・・・。

 

カーディガンなど、羽織れるもの

東南アジアは常夏です。だからと言って、常に半袖・ノースリーブで居ると寒い時もあります。

どういうことかというと、学校やショッピングモールの中などではクーラーが効いているからです。

外でも、雨季は肌寒いこともあります。

カーディガンやシャツ、パーカーなど、簡単に羽織れるものを日本から持って行くと安心です。

 

またイスラーム教徒の多い国では、女性は肌を隠した服装をしています。

特にモスクなどの宗教施設を見学するときは、露出の多い服装ができないので気を付けてください。

シンガポールのモスク 

虫よけ・虫刺され薬

東南アジアは虫が多いです。

道端のレストランはもちろん、マンションの高層階でも、虫が居ます・・・。

 

外出の際は、必ずスプレー・ジェルタイプの虫よけをしましょう。

虫よけをしないと、足や腕が虫刺されだらけになります。

 

また、部屋に置くタイプの虫よけも必須です。

寝ているときに虫よけをしていなかったせいで、朝起きたら虫刺されだらけになっていたことがありました。

 

虫よけになった時のために、虫刺され薬も買いましょう。

虫よけや虫刺され薬は現地のスーパー、ドラッグストア等で手に入ります。

 

民族衣装

東南アジアでは、民族衣装を買うことをおすすめします。

例えばインドネシアには、バティックという民族衣装があります。

これは、ろうけつ染めというものなのですが、ワンピースやシャツなど、様々なものがあります。

バティックを着た女性

日本人が民族衣装を着ていると、現地の人との話題作りになります。

「そのバティック、可愛いね!」と話しかけてもらえることもあります。

日本に持って帰ったら、思い出にもなるでしょう。

 

そして何より、使い勝手が良いです!

民族衣装は着心地が良いのに、オフィシャルな場で着用できるからです。

会社や式・パーティーにも着て行けますし、高級なレストラン・バーにも入れます。

日本からスーツやドレスなどを持っていく必要が無くなります。

ちなみに、民族衣装は、比較的安いものから高級なものまで様々です。

ぜひ、現地のお友達からおすすめのお店を教えてもらいましょう。

 

東南アジア留学で必要なものを準備できましたか?

皆さんが、安心して留学できますように。

この記事の著者

haru

haruインドネシア留学経験者

インドネシアに留学していました!友達がたくさんできて、楽しかったです:)現在は、留学に関するライターをしています。

関連記事

ページ上部へ戻る