オーストラリア留学、薬とヒートテックは日本から持ってけ

オーストラリア留学ブリスベンに留学中のイツキです。今回はオーストラリア留学の中で、「これは日本から持ってくるべきであった」と実際に思ったものがあります。

ブリスベンでは、大体の日用品はDAISO等で安く揃うのですが、それでも買えない物、こちらでは高いものを紹介します。

虫刺され、かゆめ止め

オーストラリアでは、日本に比べて虫に刺されます。刺された所がぷくっと大きく腫れます。かゆみも、日本のものより強いです。かゆみ止めは必須です。

オーストラリアの蚊

オーストラリアのスーパーにも、かゆみ止めは売っているのですが、日本人に合わないのか、日本のかゆみ止めに比べると効力が弱いです。日本のかゆみ止めの、スースーするのがやはり効きます。

オーストラリアのかゆみ止めは、スースーしないのです。スースーが好きな人は、日本からかゆみ止めを持っていきましょう。

風邪薬

風邪薬は、長期に海外に行くときは、持っていくものの定番ですよね。滞在する期間で使うだろうと思われる、十分な量を持参したほうがいいです。

スーパーやドラッグストア等で売っているのですが、日本のものに比べると高いですし、効果が弱いです。風邪を引いてしまった時にわざわざお店まで買いにいくのも大変ですし、事前に持っていれば苦労もしないでしょう。

ただ風邪薬は、日本から持ってくる場合、オーストラリア入国の際に、医薬品を持ち込んでいることを入国カードで申請しなければなりません。この手続きを忘れてしまうと大変なことになるので、入国の際はこの手続きを忘れないでくださいね。

保温機能付きインナー

保温機能付きインナーを数着持ってくるべきだと思いました。なぜかというとオーストラリアって日中はとてつもなく暑いんですが、早朝と夜は夏でも寒気を感じるくらい、涼しいんです。朝とかは寒くて目覚めることがあります。留学中の服装

体調を崩すことにもつながるので、保温機能付きインナーを着ておけば、このようなことにはならないなと思いました。もちろん冬場では日中も使うので一年を通してオーストラリアでは使えます、かなりの必需品だと思います。

オーストラリアにもユニクロがあるので、ヒートテックを買うことができるのですが、日本に比べて高いです。日本で買ったほうが安いので、事前に日本から持ってきたほうがお得です。
私は日本から持ってくるのを忘れてしまったので、持って来るべきであったと後悔しています。仕送りと一緒に送ってもらう予定です(笑)

 

オーストラリアに留学を考え中の方、留学の荷造りは入念に行いましょう!

オーストラリア留学 関連記事

オーストラリア語学留学でビジネス英語を学ぶ!

語学留学

オーストラリアの語学学校はこんな感じ

オーストラリア語学学校

オーストラリア語学留学!どの都市がいい?留学費用は?

オーストラリア留学

オーストラリア留学を紹介しているエージェントまとめ!オーストラリア留学

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ