オーストラリア留学に必要な準備とは

留学準備

ブリスベン留学中のイツキです。今回の記事では私がオーストラリアに来る前に行った留学に必要な準備について紹介していきたいと思います。

パスポートの発行

これは留学のみならず、海外旅行に行く際にも必要なものです。

海外へ行く手続きをするために、まず必要になるのが国際的な身分証明書であるパスポート。すでに持っている人も、有効期限をチェックしましょう。残りの期間が1年未満なら新しいパスポートを申請できます。

発行の手続きは自分が住んでいる地域の市役所で行います。パスポートには有効期限5年、10年の二つのタイプがあり、それぞれ値段は11000円、16000円になります。ちなみに私は5年用のものを来る前に発行しましたが、まだまだ先のことを考えると10年の物を発行したほうがお得だと思いました。

パスポート

学生ビザの取得

オーストラリアに一定期間以上就学する場合は、原則として「学生ビザ」を日本で取得しておかなければなりません。学校から入学許可証が送られてきたら、さっそく学生ビザの申請をしましょう。

学生ビザとはオーストラリアで3ヵ月以上フルタイム(語学学校の場合は週20時間以上)のコースを受講する場合に必要なもので学生ビザを申請するためには、政府に認可された学校のコースに申し込み、正式な入学許可証を送ってもらう必要があります。取得できる学生ビザは、学生ビザ申請は6歳以上で、インターネット上のみで学生ビザ申請を行うことになる。インターネット上で取得することができます。

オーストラリアの移民局のサイトにアクセスしなければならないのですが、英語で全てかかれており、色々と手続きが面倒くさいです。そのため多くの方が留学エージェントに語学学校選びからビザの発行までお願いしている方が多いです。実際に自分もお願いしました。委託料金が多少かかりますが、問題なく手続きを済ませたい方は留学エージェントにお願いすることがベストだと思います。

ビザ申請

海外旅行保険

学生ビザでオーストラリアに留学する場合、OSHC(Overseas Student Health Cover)という保険に入らなければなりませんが、これは病気やケガの治療費をカバーするもので、盗難に遭った場合の携行品補償や、損害賠償などは対象外なので、万が一のためにも海外旅行保険にも必ず加入しておきましょう。

海外旅行保険に含まれる保障は病気、ケガの治療費の保障、携行品の損失の際の補償など様々ですが、保険内容が同じなら、保険料はどの会社でも大差ないと思います。したがって、現地に支店やクレーム・エージェント(事故時の相談や保険金支払いなどを担当する)が充分にあるかどうかを確認し、万一の際、素早く対応してくれそうなところを選ぶといいでしょう。なお、海外旅行保険の加入は何ヶ月も前に行う事ではないですが、遅くとも出発の2週間~10日前までには済ませておきましょう。

海外旅行保険

航空券の手配

オーストラリアに留学の際は航空券の手配が必須です。

語学学校の場合、土曜日か日曜日に現地に到着し、月曜日から授業開始というスケジュールが一般的で、確実に航空券を取るために2~3ヵ月前には予約しておきましょう。夏季や年末年始、連休などのピーク時は混むので、より事前に予約しておけば安心でしょう。

航空会社ですが、オーストラリアへは、カンタス航空や日系航空の直行便が便利です。主要都市であるシドニー、ブリスベン、メルボルンへの直行便が成田空港等から運行しています。値段は50000円前後といったとこでしょう。安さを求めるなら、カンタス航空系列のローコストキャリアやアジア系航空会社(シンガポール航空、キャセイパシフィック航空など)があります。値段は直行のものよりも安くなりますが、乗り継ぎ便がほとんどで十数時間かかる場合が多いです。そのため、多少値段は高くなりますが、直行便を利用することをおすすめします。

空港

留学の準備は怠ってしまうと、後々大変なので、しっかり行いましょう。

オーストラリア留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る