オーストラリア留学、航空券を手配しよう。いつ買う?

飛行機

イツキです。

留学先を決めたら、ビザの申請、学校入学の手続き、その他諸々の準備を行いますよね。

その中の一つでやらなければならない一番重要であることは、航空券を手配すること。

航空券取らなければ渡航先に行く事ができませんしね。そこで今回の記事ではオーストラリア留学に向けて、航空券を手配する方法を紹介したいと思います。

パスポートを発行

まずは航空券を取る事の大前提、パスポートを取得しなければなりません。これがなければ入国もできませんし、そもそも海外行きの航空券をとることが不可能。もしパスポートを持っていなければ事前に発行しておきましょう。

発行の手続きは自分が住んでいる地域の市役所で行います。パスポートには有効期限5年、10年の二つのタイプがあり、それぞれ値段は11000円、16000円になります。ちなみに私は5年用のものを来る前に発行しましたが、まだまだ先のことを考えると10年の物を発行したほうがお得だと思いました。

発行して初めて、航空券の手配の準備ができます。

航空会社の種類

次はどの航空会社の便で行くかを決めましょう。直行便であるのか経由便であるのか、値段が判断材料になるでしょう。

ですが、基本的には直行便で渡航することをおすすめまします。

理由としては、オーストラリアへのフライトは最低でも8時間以上で、飛行機内で座っているだけでもかなり体力がいること。

万が一乗り換えに失敗してしまうと後々大変である為です。

直行便を出している航空会社は

  • Japan   Airlines(日本航空 )/成田から出発できる。
  • Qantas Airways(カンタス航空 )/成田・羽田から出発できる。
  • Jet Star(ジェットスター航空)/関西・成田から出発できる。

 

この中で一番多く使われているのはカンタス航空です。他の二つに比べると値段が安い。

オーストラリアの多くの都市への便があることから、カンタス航空が一番使われていると思います。

実際、関西方面の出身の方でも、一度国内線で成田に来てから、カンタスに乗り換えるという人も多かったです。

飛行機

航空券を予約しよう

どの航空会社で行くか決めたら、後は手配をするだけです。

旅行代理店等に行っても手配してもらえますが、ネットで自宅から手配する方が一番楽です。

私は「Skyscanner」というインターネットサイトを利用しました。

このサイトの良いところは「渡航先の都市」「行く日」「人数」を検索に必要な項目にいれるだけで、条件に合う便がずらっと出てきます。そこから自分が目当ての航空会社、またはその他、低価格便を探すと良いでしょう。

もし便が決まれば、後は予約するだけ、パスポートの情報、クレジットカードの番号を入力して支払いを済ませてしまえば、それで予約完了。早ければ10分程度で終わってしまうので、ネットからの予約がおすすめです。

航空券の費用

航空券の費用は時期、プラン、旅行会社により値段は様々です。時期や入国都市にもよりますが、日本からオーストラリア片道航空券は7万円前後から、往復航空券で10万円前後からあるようです。

私の場合、成田からブリスベン行きの直行便で値段が5万3000円ほどでした。

LCCの場合の相場は3~4万円前後から。しかし格安であるため、ほぼキャンセルや変更は出来ないと考えるのがよいでしょう。

しかし値段は正規割引航空券より50~60%安いため、なるべく費用を抑えたい方には向いていると思います。

航空券手配

航空券はいつ買うべき?

航空券を買う時期は、渡航日より3ヶ月前程度がベストであると思います。あまりに早く買いすぎても、急な予定の変更があるかもしれない。逆に遅く買いすぎても、値段が上昇している、席が埋まっていたといようなリスクがあるため、この時期が私的には良いと思います。

また、オーストラリアの夏の時期12月から2月ころは料金が高く、特に年末年始は満席で希望通りのチケットが取れないこともあります。そして現地の新学期である1月末から2月、この時期も渡豪者が増えます。
そのほかには、3月下旬の卒業旅行シーズン、ゴールテンウイーク、お盆の時期は海外旅行のピークなので、もしものことを考えると出発日からはずしたいところです。

買う時期と渡航時期をしっかり決めないと、思わぬ問題にはまってしまうかもしれないので気をつけて決めましょう。

到着は学校が始まる2~3日前

私がオーストラリアにいた時、何人の方は学校が始まる前日に到着された方が何人かいました。

正直、これはかなり大変であったと思います。着いた初日はシェアハウス先、ホームステイ先で荷物を整理、周りの地理、交通も把握しなければならないというバタバタの状況。そして、次の日にいきなり学校というのは無茶であると思います。

到着日は学校開始の2,3日前がお勧めです。
到着した翌日から学校開始!というのは、移動疲れも残り慣れていない新生活を始めるには辛いです。

余裕をもって到着するようにし、オーストラリアの地理や交通などにも慣れて、リラックスして学校に行けるようにしときましょう

 

 

航空券は事前とって、安心して留学準備を進めましょう!

オーストラリア留学 関連記事

> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る