留学エージェントはどう探して、どう決める?35歳の私の場合

留学エージェント探し

留学を決意した後、まず何から始めればいいのか…

今回はどう留学先を選ぶべきか、自分なりの経験とともに紹介したいと思います。

自分のこだわり項目を洗い出す

私はそれまで高校の時に短期留学こそ経験がありましたが、その際はもちろん親の手配(親に感謝…)だったので、それまで全く知識がありませんでした。

よく聞くワーホリは既に年齢制限オーバーです。ほとんどが29歳までですしね。。オーストラリアは35歳までOKなようですが、期間が短いのです。しかし年齢制限が緩和され、今後もっとそういう国が増えてほしいものです!

もうこれは大学・大学院か専門学校しかないという選択になるわけです。

情報収集のため片っ端から検索してみました。

35歳 留学、

留学 会社 退職、

留学 費用、、

などなど。

 

私のこだわりは、

  • 学校費用が350万円以下であること
    やはり予算は決めておくべきです。プラス生活費がかかるので私はトータルでMAX450万以下に抑えたかったので、学校費用が300万前後で探しました。帰国後の生活費も考え、ある程度はプールしておくべきだと思うからです。
  • 場所は英語圏であること
    英語の勉強をしに行くわけなので、母国言語が英語のところが自分にとってベストと思いました。費用を抑えたければSGや東南アジア系でも沢山ありますが、使用言語が英語の方が生活する上でもベストだと思います。ここは個人によると思います。
  • 年齢相応なコース、制度があること
    高校生や大学生などの学生と混じって授業や生活を送るのって正直辛いところがありますよね。生活習慣や世代が違うのもありますが、目的が違うから。私はやはりビジネス英語の習得が大前提だったので、社会経験があるのとないのとでは学ぶ視点も異なってくるなと感じたのです。
  • 会社が信頼できる業者であること
    ここは当然だと思いますが、留学エージェントって本当星の数程あるんだと知りました。中には格安でインスタ映えのためだけにパッケージ出しているところもあったりして、しっかりとした目的意識を持っていないとただの遊びになってしまいそうです。

 

あとは、いつから行きたいのか。最低どのくらいの期間行きたいのか。

私は思い立ってすぐにでも行きたかったので、4月頃から探し始め、すぐに行けるようなところ、上記に当てはまるところ、少なくとも7ヶ月以上、を探していました。大学だとどうしてもIELTS等の資格、条件が必要になってくるので好きなタイミングでは選べなくなってきます。

探してみてわかったのですが、物理的に最低でも4ヶ月以上は必要なんだと知りました(笑)これはまた別記事で書こうと思います。

リストアップして比較する

1つ目:留学ジャーナル

留学エージェント 留学ジャーナル

留学・海外留学は留学ジャーナル|短期留学から大学院まで留学や海外留学のサポートで40年以上の実績をもつ【留学ジャーナル】の公式サイト。短期留学から語学留学や大学留学まで650校以上の学校情報など、留学準備から帰国後の就職まで役立つ情報満載。無料の留学セミナーや留学相談も実施中。

www.ryugaku.co.jp

あの留学ジャーナル雑誌を刊行している会社ですので割と地名度は高いのではないでしょうか。私はサイトをみてやっと気付きましたが^^; 留学ジャーナルはやはり提携校の数が多く、有名な大学とも提携をしています。国も選択肢が多く、私立語学学校と大学付属語学コースにするか、大学・大学院留学コースにするか、仕事も学べるコース等本当に幅広く取り揃えています。カウンセラーの方が親身に基礎的なことから教えてくださるので、ここぞとばかりに色々質問し大凡の留学内容や流れを理解することができました。

私は大学編入しながらインターンができるコースが良かったのですがアメリカ西海岸しかその時は選択ができず、NYCで経験したかったので残念でした。そして大学入学は、やはりかなり割高… 軽く450万は必須、という感じでした。。更に大学編入となるとTOEICとかではなく、IELTSやTOEFLのスコアが入学時に提出が求められる事になります。

すごく魅力的なコースもあったのですが、流石に帰国後の生活資金の貯金はしておきたかったのでちょっと難しいという結論に。

でもやはり日本の会社でもあり信頼度があるためなのか、高校生、大学生の親御さん達も大勢いらっしゃってました。ちなみに学校にもよりますが、30代以上コースというのも充実していて、私のようなアラサー・アラフォーな人でも安心なコースもありましたよ!最後まで悩みました〜。一度お話を聞いてみることがオススメです。

2つ目:EF

留学エージェントEF

留学・海外留学はEF|EF留学公式サイト イー・エフ・エデュケーション・ファースト (EF) は、1965年の創立以来、グローバル教育機関として短期・長期留学、高校交換留学や海外大学進学などの留学プログラムを提供。アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダなどにあるEF校から留学先を選べます!

www.efjapan.co.jp

EFが他のエージェントと違うところは、ここ自体が専門学校でありその学校自体が運営しているという点です。元々教育熱心で手厚いと有名なスウェーデンの会社で、語学に特化し、過去全ての学生のデータ分析から教材や授業内容をロジカルに提供するという武器を持っています。外資系なので当然日本人より他の国の学生が多いのも特徴的。

日本人があまりいないというのを聞いて、私は魅力的だなと感じました。折角留学に行って、日本人ばかりいたら本当に意味がないと思うからです。NY校はマンモス校なのですが、それでも全体の13%以下だと聞きました。ここは、24歳以下と25歳以上の社会人コースに別れており、キャンパスも別だということ。

専門学校が直で運営しているため、エージェント費用等もかからず(手数料はあります)割と費用も抑えめでした。

3つ目:スマ留

留学エージェント スマ留

海外留学・格安留学ならスマ留《半年以内の留学を賢くお得に》 今までの海外留学は高すぎた。「スマ留」は、従来の留学費用を半額以下に実現し、留学プログラムも今までにはない「アウトプット」を重視したスマートな留学スタイル。「海外での語学留学・異文化交流をも

smaryu.com

ここはかなりリーズナブルでした。2週間留学30万円〜とか。社会人留学というと高いイメージですが、その留学の概念を逸した金額帯で本当に大丈夫なのか?と最初は心配になったほどw

個人的主観ですが、上記2つのエージェントよりだいぶカジュアルな会社なようで、短期が売りの会社さん。マルタを激推ししていて、余暇とともにリフレッシュしながら学べるスタイルで若めの方にはすごく人気なのがわかります。

吟味して留学先を決定する

こんな感じでいくつか選び、実際に問い合わせて違いを聞いたりしました。

そもそも基本的なこともよくわかっていなかったため、実際に会社へ伺い、直接話を聞く事にしました。

 

メモをしたり計算したり色々して、最終的に選んだのは

留学・海外留学はEF|EF留学公式サイト

理由は語学専門学校であることと、行きたいニューヨークの現地校があったから。

 

私もそうしましたが、気になる方は資料だけでも取り寄せて、見てみて下さい(^^)

EF – ご紹介限定パンプレット取り寄せページ

こちらからだと、もし申し込んだ場合は5,000円OFFになります!

皆さんも自分の留学したい目的の優先順位、criteriaを決めて自分に合った留学先、エージェントを探して見ください!

ではまた

アメリカ留学&留学エージェント 関連記事

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

留学voiceでは、複数の留学エージェントさんにまとめて資料請求が可能!色々比較して、自分にあった留学エージェントさんやプログラムを見つけてみてくださいね。留学エージェントに資料請求

この記事の著者

Yumi

Yumi

35歳にしてオトナ留学を決意。NYにて現地の情報や、留学にまつわる参考記事を書いていきます。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ