【プラスワン調査】留学先ですぐにバイトできない理由…。

shutterstock_334069820

 

留学する際の一つの楽しみに「お仕事」、「アルバイト」という方も多いのではないでしょうか。

ビザによっては就労できないものもありますが、ワーキングホリデービザであれば、多くの方がアルバイトしたいと考えていますよね。

「着いたらすぐにバイト始めたい」とおっしゃる方も多いですよね。

 

お金ないしすぐに働けばどうにかなる?

確かにすぐ働けばどうにかなりますね。でもよく考えてください。

お客様に日本でよく使う接客言葉をそのまま英語ですべて言えますか?

英語圏の国は単純に指さしで注文する国ではありません。

お店の人、ウェイトレスの人、レジの人、シェフ、サービスフロアの人、そういうスタッフさんとの会話を楽しむ文化です。そういう会話がないと店の評価はぐんと落ちる場合も少なくありません。

例えば、食事が一通りそろったら「お味はいかがですか?」、会計の時に「今日はいかがでしたか?」、そういった一言をかけないだけでもう二度と行かないというお客様もいるくらい。

これから英語を勉強しようとする留学生にすぐできるでしょうか?難しいはずです。

 

ちなみに私は大学を海外で出ました。

そのあと再度専門学校に行っているときに日本食レストランで初めてお仕事をしましたが、それでも難しかったのを覚えています。

 

絶対すぐ仕事見つかるしねw wという人ほど英語力は微妙

大体すぐ見つかるし!という人ほど英語力は微妙です。それは色々過信しすぎていて、自分の英語力もノリでどうにかなると思っている人が多いのです・・・。

英語力の必要ない仕事もあります。

でも、来たばかりの留学生はわからない事ばかりで経営者側も面倒なのであまり採用したがりません。

英語はもちろんのこと、バスの乗り方も、地理的な場所も、コインやお札にも慣れていない来たばかりの留学生は残念ながらほぼ何もできないに等しいのです・・・(撃沈)。

そういう方を採用しなくても、英語に慣れてきた留学生が他にもたくさんいるのです。

経営者さんたちも何年も留学生を見てきています。どういう人を取ったら一番効率的かちゃんとわかっているものなのです。

 

たいていネットには成功談しか載ってないんです。

では、普通に考えたって難しいってわかるのに、なぜ皆さんは「すぐできる」、「すぐしたい」と思うのでしょう。

それはインターネットの広がりにより、自分のワーキングホリデー体験談や経験をの簡単に伝えられる手段が一般化したことによります。

そこには実名で情報を発信するSNSや匿名で出すブログなど、様々なものがありますが、どちらにしてもあまり失敗談は書きたがらないのがほとんどです。

失敗談を語ったとしてもそのあとに成功が待っていることが分かっている場合のみ失敗談を出す(要するに、こんな失敗したけど結果こんなことすごい事が出来たよ!)というようなものが多く、実際本当の失敗談はあまり載せている方は少ないのです。

例えば仕事を探して100枚履歴書を配った、数日でクビになった、こういうお話は現地ではよくある事。

高いお金をかけてワーキングホリデー留学へ行った際に、失敗だったなんてことは誰も言いたくないし、ネットで公表なんてしたくないですよね。

 

また、最終的にアルバイトが見つかった方は、すでにバイト探しが大変だった事は忘れてしまい、経験しているから次は簡単に見つかる気持ちになります。

そしてこれから行く人へも、簡単に見つかるよ!と容易に言ってしまうというケースもかなり多いものです。

 

はじめて海外へ行き、はじめて英語100%の環境で、右も左もわからない状態ですぐにアルバイトは、普通で考えればかなり無理があるんです・・・。

 

では、なるべく早くアルバイトに就くにはどうすればいいか。

shutterstock_221220907

3つのポイントがあります。

  • 語学学校

まずは語学学校。

到着してすぐ語学学校に行くのは何よりも効率がいいものです。

なぜなら学校では到着したばかりの方に対してオリエンテーションがあり、色々な学校では仕事の探し方や注意点、そういったものを一緒に紹介してくれることが多いからです。

そして何より英語。英語は一人ではできないんです。

話す相手がいて初めて意味を持つ言語は人とな蓮環境に自分を置かなければ特にアルバイトに必要な英語は伸びません。

  • コネクションづくり

語学学校に入ったらまずとにかくたくさんの知り合いと友達を作る事。

これはかなりその後のワーホリ人生において重要なポイントになります。

募集していない仕事も、知り合いの紹介などではすんなり入れるからです。

また知り合いやお友達、先生やホストファミリーにとにかく仕事を探していることを言いまくる事。ひょんなところから好条件の仕事が舞い降りてくるかわからないのです。

面白い仕事、そんな仕事やってるの!?というお仕事はたいてい人の紹介でたどり着いているものです。

  • 渡航前からの準備

最後に、渡航前からの準備。これは渡航後にスムーズにお仕事探しを始められるように、その準備を渡航後ではなく渡航前に整えるというもの。

ワイエー留学(頑張るみんなの留学応援団)では下記のすべての準備をおすすめし無料でサポートしています。

  • 英文履歴書作成・添削 (英文履歴書サポート)
  • 現地アルバイト応募先リスト (プラスワン調査)
  • 英会話練習 (英会話サポート)

 

「現地アルバイト募集先リスト」 プラスワン調査で調べてみた

shutterstock_174472295

早くアルバイトを見つけるために、事前に応募先のリストが知り、渡航後に早速行動に出るためには様々な情報が必要です。

 

そこで【プラスワン調査】です。

下記の条件で今回は調査。

国名 オーストラリア

都市名 メルボルン

業種 レストラン(日本食)

場所 メルボルンシティ近郊

 

調査の結果、メルボルンシティ近郊で約30件の日本食レストランで場所、連絡先、全体地図をレポートにまとめご報告し、またいくつか現在出ている求人内容も一緒にご報告。

現在出ている求人は、実際の渡航時にはおそらく意味がないかとは思いますが、時給や条件、求められる経験などを先に知っておくことで心構えを整えて、到着後の仕事探しがかなりスムーズに進みます。

 

語学学校で英語とコネクションづくりに励みながら、事前に用意してきた情報を使って仕事を探すのが一番効果的。

何もしないでとにかく仕事を探そうとしていると気が付いたら2か月過ぎていて、見つからないからやっぱり学校へ行きたい、と言って現地で語学学校に入るという悪循環になってしまわないように、計画的にかつ効率的に一度しかないワーキングホリデー留学を充実させましょう。

 

日本ではなかなかわからない事でも、現地では様々な情報があり、より効果的に留学を行う方法も見つかるはずです。

留学は単純に学校に行くだけではありません。

自分の得意分野、やってみたい事、挑戦してみたい事があり、それを含めて留学となります。

弊社では現地の知りたい情報を調査する【プラスワン調査】を学校へお申し込みの方へ無料で行っています。

是非自分だけの留学を叶えるために頑張ってくださいね^^

 

【参考関連記事】

他にもプラスワン調査ではこんなことも調べました。それぞれ調べることになった経緯も併せて別途記事でご紹介します。

  • 地域のバレエ団体/教室
  • スポーツ団体/地域クラブ
  • アルバイト候補リスト-日系ヘアサロン
  • インターンシップ候補-現地小学校
  • シェアハウスの現状と危険地帯
  • 地域のイベント総まとめ
  • 老人ホーム
  • その他

 

【プラスワン調査とは】

ワイエー留学/頑張るみんなの留学応援団にて行われている無料調査サービス。留学をお申し込み後、出発までに現地の知りたい事を依頼でき、現地の現状や情報収集を行ってくれる。人それぞれ留学先でやりたい事、挑戦したい事などは様々。誰も調べてくれず渡航してから無駄な時間を多く過ごしてしまったという悲痛の声から生まれた新しいサポートの形。

 

oljmipikipenakkk

オーストラリアの留学なら
ワイエー留学/頑張るみんなの留学

この記事の著者

ワイエー留学/頑張るみんなの留学応援団

ワイエー留学/頑張るみんなの留学応援団留学エージェント

頑張るみんなの留学応援団は“頑張るすべての留学生”を応援します!
現地の情報に特にこだわってリアルな留学情報、現場の声を細かくお伝えします。

語学留学・ワーキングホリデー留学等は【無料相談】・【無料手配】・【無料サポート】に加えて【無料のプラスワン調査】と題して、お客様が知りたい情報を無料で調査しています。

一般的な留学プランやパンフレット上ではわからない情報など、それぞれのお客様の知りたい調査内容をお聞きし、例えばスポーツ団体やボランティア団体、日本食レストランのリストや、現地のチャイルドケアのの情報など、そのお客様が知りたい現地の情報をできる限り調べて、渡航前にご報告いたします。
行ってから探す時間や調べる時間が短縮でき、やりたい事への計画がスムーズに立てられます。

関連記事

ページ上部へ戻る