ポルトガルでワーキングホリデー!住居探し・職探し

前回はポルトガルのワーキングホリデーについて書きました。ワーキングホリデービザをとったけれど、次に何をしていいか分らない!住居は?仕事は?今回はワーキングホリデービザでポルトガルへ行く人のために、何をすればよいか紹介します。

ポルトガルでワーキングホリデー

ポルトガルの滞在許可証・労働許可証

滞在許可証

3ヶ月以上滞在する日本人は在留届を大使館に届ける必要があります。ポルトガルに入国したら、できるだけ早い時期に、居住地を管轄する外国人・国境局(Serviço dos Estrangeiros e Fronteiras:SEF)の地方事務所に出向いて、一時滞在許可証 (autorização de residência temporária) の取得の申請をしなければなりません。

在ポルトガル日本国大使館

労働許可証

現地で働くためには、滞在許可証と労働許可証が必要です。基本的に、雇用主が労働社会保障省・外国人登録課に雇用契約書などの必要書類を提出して取得します。その後、労働許可証を取得した後、在日大使館で査証申請します。

ポルトガルで労働許可

ポルトガルで住居探し

ポルトガルで家を探す場合には、ネット新聞の広告で探すのが一般的です。留学エージェントにまかせるという方法もありますが、ポルトガル留学を扱っているエージェントはあまりありません。そのためネットで探す方法について書いていきます。住居地区なら家具付き、電気水道インターネット込みでも500€くらいで探すことができます。

ネットで探す

① Remax http://www.remax.pt/Default.aspx?Lang=en-US

仲介会社です。このサイトは英語で検索ができるのでポルトガル語が分からなくても安心して使えますね!一人暮らしからシェアハウスまで様々タイプがあります。値段はピンキリです。

② CASA SAPO  https://casa.sapo.pt/

このサイトはどちらもオーナーとの個人契約が多いサイトです。ポルトガル語のみです。

③ Custojusto.pt  http://www.custojusto.pt/

このサイトもどちらもオーナーとの個人契約が多いサイトでポルトガル語のみです。

シェアハウス探し

シェアハウスなら月300ユーロで程度で借りる事が出来ます!

基本

住居探しには不動産会社を介す場合とアパートのオーナーと個人的に契約を結ぶ場合とがあります。オーナーと個人契約を結ぶ場合に、領収書ありの契約でないと住所登録をできないので注意です。また、入居時に始めの2ヶ月分と最後の1ヶ月分の家賃を払うのが、基本の契約です。さらに、半年は入居をすることが条件であり、契約解除は2ヶ月前には言わないといけません。

≪参考≫

海外生活 in リスボン

ポルトガルでの滞在先

ポルトガルでの仕事探し

ポルトガルには日系のサイトがほとんどありません。そのため、仕事探しも英語やポルトガル語を使ってネットで探す必要があります。そこでいくつかサイトを紹介します。

① Just Landed  https://www.justlanded.com/english/Portugal/Portugal-Guide/Jobs/The-job-market

世界中の仕事を探せるサイトです。国を選んだあと、職種や時給などを設定して検索することが出来ます。また、仕事以外にもその国の様々なシステムなども詳しく説明しています。

② Jobs in Lisbon  http://www.jobsinlisbon.com/

キーワードを入力して検索します。アルバイトは少ないかもしれません。インターンシップなども紹介しています。

③ anglo info Lisbon  https://www.angloinfo.com/lisbon

仕事だけではなくイベントの検索や物の売買までもができるサイトです。

ポルトガルで仕事探し

銀行口座開設

ポルトガルではATMが統一されており、どの銀行の口座でも、お金を引き出す手数料はかかりません。 そのため、どの銀行で口座を開設しても大きな差はありません。しかし、ポルトガルでは家賃などを小切手で払う習慣があり、 小切手は町中にあるATMなどでは作れず、銀行の支店にいかなければなりません。 支店の多い大手の銀行で口座を開設したほうが良いでしょう!

必要書類

  • Número de contribunite(税金ナンバー)
  • パスポート
  • 住所を証明する書類
  • 現金(口座にいれるため)

これらをそろえて銀行に持っていきましょう!

★Número de contribunite(税金ナンバー)

市役所で手続き可能です。住居を証明する書類とパスポート、またあった場合はアパートの契約書が必要です。市役所での手続き終了後、レシートと引換証をもらえます。 1ヶ月ほど後にカードが郵送で送られてきます。口座を作るときは税金ナンバーの引換証でも可能です。

ポルトガル生活の費用

今回はポルトガルでワーキングホリデーを取った場合について書きました。去年からワーキングホリデー制度が設けられたということもあり、ポルトガルに留学する日本人は少なく、ネット上にも情報がたいへん少ないです。しかし、満足度の高い最高の穴場な留学スポット!いかがでしょうか。

留学エージェントに資料請求

ワーキングホリデー 関連記事

賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に!
「自分にピッタリの留学エージェントを探せ!」

この記事の著者

Yuko

Yukoフランス留学経験者

大学2年生の時に、半年間フランスのパリに語学留学しました。

関連記事

留学voice Instagram

ページ上部へ戻る