ニュージーランドで運転するとき、気を付けることは?交通ルールを守って、留学をもっと楽しもう!

ニュージーランドでの運転

ワーホリ中に、ニュージーランドで運転をする機会があるかもしれません。地方に住めば車は必需品ですし、旅行でレンタカーを運転したり、配達や送迎など運転が必要な仕事をすることも考えられます。そこで、ニュージーランドの交通ルールの確認と注意点をご紹介します!

基本情報

自動車は日本と同じく右ハンドルで、道路の左側を通行します。

余談ですが、日本の中古車がニュージーランドにたくさん流れてくるので、日本語表記の車もよく見かけます。

運転速度

制限速度は場所によって違うので、標識をよく確認しましょう。日本と同じような標識で、赤丸の中に速度が数字で書いてあります。特に指定のない場合、市街地は50キロ、郊外(ハイウェイ)は100キロのところが多いです。

速度制限の標識

この先が市街地で、速度制限が50キロになるという意味の標識

ただし、山道で急なカーブのある場所では黄色い看板に黒字で速度が書いてあります。角度が急であればあるほど速度が遅くなります。なので、もし25キロの看板が見えたら、その先のカーブはかなり急なので、必ずスピードを落として慎重に走行してください。

この先カーブ 速度制限85キロの標識

残念なことに、制限速度に従っていないドライバーも少なくありません。郊外の見通しの良い一本道では120~130キロで走行している車もあります。まっすぐな道で運転するときは、無意識に速度が上がってしまうので、注意して運転しましょう。

スピードカメラは各所に設置してありますし、ハイウェイのスピード取締りのパトカーもいます。現地の方の話だと、110キロで捕まるそうです。もし、後ろの車がスピードを出して迫ってきて、プレッシャーに感じるようならば、無理にスピードを上げず、追い越してもらいましょう。

追い越しが難しそうな道の場合は、定期的に「slow vehicle bay 」や「passing lane」というものがあります。Slow vehicle bayは山道によくあります。走行車線の左側に一本短い道が用意されていて、そこにゆっくり入り、後続車を先に行かせた後、走行車線に戻ります。Passing laneはあちらこちらにあり、keep left unless passingと書いてあるので、追い越しをしない場合は道路の一番左側を走行しましょう。

移動時間の予測には要注意!

ニュージーランドで運転する際、移動時間を少なく見積もってしまいがちです。ニュージーランドの道は地図上で見たときは単純で、時間がかからなそうに見えるのですが、実際に運転してみると、山道でカーブが多かったり砂利道だったりと、コンスタントに100キロで走れるとは限りません。時間には余裕をもって計画を立てることをおすすめします。

カーブの多い山道

例えば、クイーンズタウンからミルフォードサウンドまで運転したとき、グーグルマップでは3時間44分と出たので、余裕をもって5時間前に出発しましたが、ぎりぎりでクルーズに乗り遅れてしまいました。一本あとのクルーズに参加できましたが、帰りがだいぶ遅くなってしまいました。

ニュージーランドの標識

規制標識

・STOP→完全に停止して安全を確認してから発進
・GIVE WAY→交差点で他のすべての車両に道を譲る。

GIVE WAYの標識

・NO ENTRY→進入禁止

NO ENTRYの標識

案内標識

・緑の看板に白い文字で都市名と何キロ先かが書いてあるものが各所にあり、道しるべになります。

Guideの標識

・何号線かは赤い看板に数字が書いてあります。6号線ならば赤い看板に白い文字で6と書いてあります。

・青い看板にはB&Bや休憩所、インフォメーションセンターの情報が書いてあり、何メートル先の右手か左手かが記してあります。

Route 1の標識

1号線の標識

 

Round about(ラウンドアバウト)

日本ではあまりなじみのないのがこのラウンドアバウト(ロータリー)です。信号機のない交差点で、必ず時計回りに進みます。

例えば、右折をしたい場合でも、一度左回りでロータローに入り、自分の進みたい方向の出口でロータリーから出ます。ロータリーに入るときは、右からくる車両が優先なので注意しましょう。

通常は一車線のラウンドアバウトが多いのですが、大きいラウンドアバウトだと、ロータリーが二車線の場合もあります。その場合、進行方向の右に進みたい車両は、あらかじめ右側へ車線変更をし、そのまま安全確認をしてから左折でロータリーの内側のレーンに進入します。ロータリー前の右車線の道路上のサインは、右方向に矢印が向いているので、矢印に沿って右折してしまいそうになりますが、ロータリーへは必ず左折で進入するので、逆走しないようにくれぐれも注意しましょう。

ニュージーランドにあるラウンドアバウト

大きいラウンドアバウト

ONE LANE BRIDGE

交通量の少ない山道にあるのがこの一車線の橋です。

この橋がある前には道路上に「ONE LANE BRIDGE」と大きく書いてあります。さらに看板に自分が優先なのか、対向車が優先なのかが書いてあります。黒い大きい矢印と小さい赤い矢印が書かれた看板を見逃さないようにしましょう。黒い大きい矢印が優先です。

その他、ニュージーランドで運転するときの注意点

・横断歩道で歩行者を見かけたら必ず停止してください。日本でも横断歩道では車両が停止する義務がありますが、特にこちらの人は、横断歩道では車両は必ず停止してくれるものと認識しているので、車両の有無を確認せずに渡る人も多いです。

歩行者用手押し信号

歩行者用手押し信号

・運転中の携帯電話の使用は違法です。

交通ルールを守ってドライブを楽しみましょう!

この記事の著者

mizuho

mizuhoニュージーランドでワーホリ中

商社を辞めてニュージーランドでワーホリ中。とにかくリラックスして英語を学ぶのが目標。コーヒーとペンギンが大好き。

関連記事

ページ上部へ戻る