北欧ノルウェーのワーキングホリデー!基本情報・ビザ

前回はワーキングホリデーで行ける北欧の国として、デンマークを紹介しました。そこで今回は同じ北欧であるノルウェーについて紹介します。

ノルウェーってどんな国?

東はスウェーデン、フィンランド、ロシアと国境を接し、西は大西洋に面している国です。首都はオスロ。人口は約515万人です。自然豊かな国であり、毎年多くの観光客が訪れます。冬はオーロラが見ることができ、人気な国です。「叫び」で有名な画家のムンクの出身地でもあります。公用語はノルウェー語で、主に魚介を使った料理を食べます。ノルウェーの通貨はノルウェークローネです。この通貨を使用できる国はノルウェーだけです。また、日本からの直行便はありません。

ノルウェーでワーキングホリデー

ノルウェー語

ノルウェー王国の公用語であり、話者数は約500万人です。スウェーデン語とデンマーク語に非常に似ています。英語やドイツ語とも似ていますが、変化形がなくシンプルな文法なのが特徴です。スウェーデン語やデンマーク語と比べ、なめらかで聞き取りやすいのがノルウェー語です。ノルウェー語には「ブークモール」と「ニーノシュク」の2つの標準語があります。 これは政治的対立から生まれたものであり、現在は「ブークモール」を話す人が多いといわれています。ノルウェー語の文字は、英語で使われるアルファベット26文字にノルウェー語特有の文字3つを加えた29文字です。この文字はデンマーク語と全く同じです。

英語力

ノルウェーを含めた北欧では、英語力が高いといわれています。実際に、ネイティブ以外の国での世界英語力ランキングはノルウェーが1位です。ノルウェーでは英語教育がかなり進んでおり、7歳のころから13年間英語を学ぶことが義務教育とされています。また、放送しているテレビ番組も輸入ドラマが多く、ノルウェー人にとって日常生活の中で英語が身近な存在です。そのため、若い子からお年寄りまで英語を上手に話すことができます。英語だけでも十分に生活ができ、英語を学びにノルウェーに留学をする人もいるそうです。

ノルウェーの地図

ノルウェーのワーキングホリデー

ノルウェーと日本とのワーキングホリデーが2013年2月から開始されました。北欧ではデンマークに次いで二か国目です。この滞在許可は、主に旅行目的でノルウェーに滞在することを許可するもので、通常は申請者が同じ雇用主の元で6ヶ月以上働くことはできません。

ビザ申請資格

  • 申請時点で日本に居住していること。住民票を提出する必要があります。
  • 申請時に18歳以上30歳以下であること
  • この滞在許可の主旨は長期の観光用であるため、3ヶ月以上勉強することや、同一の勤務先で6ヶ月以上働くことはできません。
  • 日本国のパスポートを所持していること。
  • ノルウェー渡航後3か月分の十分な生活資金をもっていること。十分な資金とは、1か月当たり10092ノルウェークローネ(約121,000円)とされています。
  • ワーキングホリデー終了後にノルウェーを離れる意思があること。ただしノルウェー入国前に日本への帰国のためのチケットを購入しておく必要はありません。
  • 概して健康であり、医療費をカバーできる保険に入っていること。
  • 今までにノルウェーのワーキングホリデービザを取得したことがないこと。

ノルウェー

ビザの申請をしてみよう

書類提出に前にオンライン申請が必要です。申請登録をして申請手数料を支払ってください。申請者本人が大使館に来館し、全添付書類を提出するまで申請は完了しませんのでご注意ください。ノルウェーのワーキングホリデーには定員に制限はなく、期間にも制限はありません。

必要な書類

  • オンライン申請サイト「Application Portal」で申請手続きした際に受け取るカバーレター
  • パスポートの原本、および使用済みのページ全ページのコピー
  • 写真2枚(3,5 cm x 4,5 cm)
  • 最初の3ヶ月分(30,276クローネ)の生活費を所有していることを示す書類。銀行発行の英文残高証明書。
  • 健康証明書。申請者が「健康である」ことを医師が証明し、発行したものを提出してください。「健康証明書」は大使館HPでダウンロード可。
  • 医療保険。滞在予定全期間有効な保険の証書、あるいはワーキング・ホリデーのための滞在許可が下りた時点で医療保険に加入することを示した「意思表示書」(大使館HPでダウンロード可)を提出してください。
  • 申請手数料。オンライン申請時にクレジットカードにて支払い(3700ノルウェークローネ/2016年6月時点)

すべての必要添付書類を提出しなければ、申請は完了しません。また、申請後は、申請手数料の払い戻しはできません。申請書類で、ノルウェー語あるいは英語で書かれていない書類には、必ずノルウェー語訳または英語訳を添付しなければなりません。

ノルウェー大使館 長期ビザ

ノルェーのオーロラ

ノルウェーの魅力

雄大な自然がある

日本では味わうことのできない雄大な自然があります。世界遺産に登録されており、映画で見るような光景を見ることができます。フィヨルドと呼ばれる、およそ100万年ほど前に、氷河による浸食によって山肌が削られ、そこに海水が浸入することで形成された入江が有名です。

オーロラ

ノルウェー北部ではオーロラを見ることができます。オーロラ鑑賞ツアーも多くあり、世界中から観光客が集まります。

料理

ノルウェー料理といえば、大自然から採れたサーモンなどのシーフード、トナカイなどの肉料理が有名です。ノルウェーでまず味わいたいのは豊富で新鮮な魚介類です。サーモン、タラ、サバ、おひょう、トラウト、エビなどの魚介類が豊富に採れます。日本にも魚介類がたくさん輸出されており、私たちも日頃の生活でノルウェーのサーモンやサバを食べていることも多いです!

ヨーロッパ最北端の岬ノールカップ

ここでは白夜という現象が見ることができます。白夜とは5月から7月にかけて北極圏で見られる現象で、1日中太陽が沈まないことをいいます 。約2か月にわたり太陽が沈まないため、不思議な感覚を味わうことができます。

ノーベル平和賞

首都のオスロにはノーベル平和賞の授賞式行われる場所があります。ノーベル平和賞の展示を行っている博物館もあり、観光地として人気です。

教育制度

ノルウェーでは3ヵ月以上滞在することのできるビザを持っている人は、無料で語学学校に通うことが出来ます!留学生にはとてもおいしい制度ですね!

★ホイスコーレ

北欧独特の成人教育機関。国民高等学校ともいいます。デンマークで生まれ、ノルウェーには77校あります。この学校では、高校を卒業し、進路に迷っている若い北欧人や、大人になってから何か新しいことに挑戦したいと思っている人が集う学校です。年齢も幅広く、受け口が広いので気軽に北欧生活を楽しむのに良い手段です。また、フォルケホイスコーレといっても北欧において、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランドで違いがあり、大きく分けるとデンマーク・ノルウェー派とスウェーデン・フィンランド派に分かれます。デンマーク・ノルウェーは、勉強以外に生活や人とのつながりなど遊びの部分を大切にするのに対し、スウェーデン・フィンランドのものは、職業訓練や大学進学に必要な補修など、デンマークのものより勉強自体に重点が置かれています。学校運営費はその約8割を国が補償しており、大変安く学校に通うことができます。

ノルウェーの港

おわりに

今回はノルウェーのワーキングホリデーについて紹介しました。前回に続いて2か国目の北欧!魅力がたっぷりですよ!英語留学に北欧も視野に入れてみてはいかかでしょうか。実際にビザをとった後は、ノルウェーでワーキングホリデー!住居探し・職探しをチェックしてみてください!

留学エージェントに資料請求

ワーキングホリデー 関連記事

賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に!
「自分にピッタリの留学エージェントを探せ!」

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Yuko

Yukoフランス留学経験者

大学2年生の時に、半年間フランスのパリに語学留学しました。

関連記事

ページ上部へ戻る