イギリスワーホリ 渡英後にすることを徹底解説!

イギリス

こんにちは、イギリスワーホリ中のMayuです。

イギリスワーホリの結果が発表されましたね!当選された方はおめでとうございます!

以前、イギリスワーホリにかかる費用やビザなどに関わることを説明させていただきましたが、今回は渡英後に必要なことをお話ししたいと思います!

①BRPカードを受け取る

BRP (Biometric residence permit) カードとは在留証明書のカードです。ビザが無事下りると、返されたパスポートにも許可証のようなものが貼られていますが、これはあくまで1ヶ月の入国許可証で、このBRPが本物の許可証です。

 

受け取りは郵便局でしますが、ビザ申請の際に受け取る郵便局を選択します。

自分の滞在する場所から近い郵便局を選択しますが、受け取れる郵便局が決まっているので私は電車で30分ほどかけて取りに行きました。(ロンドンなら受け取り可能な郵便局は多いと思います!)

 

そして、このBRPカードの受け取りについて気をつけなければいけないのが、渡英後10日以内に取りに行かなければなりません。また、渡英後初日に受け取れるわけでもなくだいたい渡英から3、4日後から受け取れる場合が多いと思います。

なので実質受け取れる日にちは1週間ほどしかないです。

絶対に忘れないでくださいね!

イギリスの駅

②National Insurance Numberを手に入れる

National Insurance Numberとは国民に振り分けられる番号のことで、日本でいうマイナンバーのことです。

仕事をする際には必要な番号で、渡英後すぐにしなければいけないことの一つです。

取得の仕方はNational Insurance Number application lineに電話をかけます。

電話番号はイギリス大使館のホームページにも載っています。

電話はなかなか繋がらないので根気よく待ちましょう。

電話の内容は、National Insurance Numberを取得したいことを伝えるとビザのことや国籍など聞かれます。

その後、面接の場所と日時を伝えられるのでメモを忘れずに!(その日に面接行けない場合は日にちを変えてくれます。こっちの予定は一切聞いてくれないです!)

 

面接では、電話で聞かれたような個人情報を簡単に聞かれる程度です。

面接後、約2週間程度で郵送されて来ます。

取得に時間がかかるので、渡英後すぐに電話をかけることをお勧めします。

③銀行口座を作る

働くには銀行口座も必要です。

私的にこの銀行口座が一番大変でした。

まずイギリスでは銀行口座を作る際、身分証明書が重要になって来ます。

語学学校に通う方は学校からのレターで作ることができますが、学校に通わない人は身分証明を手に入れるのはなかなか難しいです。

というのも、銀行口座を作る場合はパスポートとBRPカードだけでは足りず、住所証明や雇用証明書などが必要になります。

住所証明はガスや電気の支払い書などが必要で、ワーホリされる方だと光熱費込みのシェアハウスなどが多いと思うので手に入りません。

雇用証明書も、会社のしっかりとしたロゴが必要だったり結構条件が厳しいです。また、働くには銀行口座が必要。銀行口座を開くには仕事が必要。というなんとも難しい状況になります。

手っ取り早いのはネットバンキングを作ることです。

 

また、私がいくつかハシゴした銀行の中で一番条件が簡単だったのはHSBCという銀行でした。

パスポート、BRPカード、National Insurance Numberで開くことができました!

National Insurance Numberをゲットした後であればHSBCがおすすめです。

イギリスの銀行

④携帯電話をゲットする

携帯電話はNational Insurance Numberに電話をかける際に必要になるので早い段階で取得されることをおすすめします。

おそらく、日本んから持って来た携帯をSIMフリーにしてそのまま使うか、こちらで安い携帯電話を使うかのどちらかだと思います。

私は日本から持って来たものをそのまま使ってます。

こちらでSIMは安く売ってますが、トップアップするものと契約するものとあります。

トップアップするものの方が高いですが、特に手続きなどは必要ないので便利ではあります。

契約の場合、イギリスのクレジットカードが必要ですが料金は安く、携帯会社によってはフリードリンクのサービスなどを受けられます。

携帯電話

渡英後もやることいっぱいでバタバタするかもしれませんが、全てが落ち着くと2年間のイギリス生活の始まりです!

全て終えると少し身も心も成長しますよ!笑

イギリス留学&ワーキングホリデー 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Mayu

Mayu

今までに留学を3度経験しています。長期で行ったイギリスに心惹かれ、大学卒業後はイギリスでワーホリ。趣味は旅行と映画鑑賞。合言葉は'なんとかなる!

関連記事

ページ上部へ戻る