英語だけではもったいない!フィリピンでボランティア留学!!!

こんにちは!留学voice特派員のなおです。

語学留学をするならボランティア留学!!!

せっかく海外へ語学留学するなら、語学だけではもったいない!

今回は、フィリピンでのボランティア留学をご紹介したいと思います。

フィリピンで海外ボランティア留学

フィリピンでボランティア留学する魅力って?

最近では、費用を抑えて安く行ける語学留学先として大人気のフィリピン!!!

しかし、孤児やごみ問題など様々な問題を抱えており、ボランティア先としてもとても有名です。

そこで、ただ語学留学するのではなく、ボランティアという貴重な経験も一緒にできてしまうのがボランティア留学なのです!!!

発展途上国という日本では考えられない現実を実際に目にすることは、考え方の幅を大きく広げてくれます。

ボランティア留学のスケジュール例

フィリピンでボランティア留学

私は大学1年生の時、交換留学プログラムへ参加するための基準であるIELTS6.0以上を目指し、フィリピンへ1ヶ月ボランティア留学をしました。

私が参加したプログラムは以下のようなスケジュールでした。

海外ボランティア留学のスケジュール

英語:私が受講したのはIELTSコースで、朝の8:20から1時間の授業が午前に5コマ、午後に6コマと平日は朝から晩まで英語漬けでした。授業内容は、マンツーマンの授業と3人ほどの少人数制クラスが両方ありspeaking、listening、reading、writingの4セクションをすべてカバーしてくれました。英語初心者用の英会話コースやTOIECコースなど自分の目的、レベルに合わせたさまざまなコースがありました。

ボランティア:土日はボランティア活動をしていました。語学学校が、提供しているプログラムの一部であり、ゴミ問題の深刻な地域へ視察に行ったり、孤児院で子供たちと触れ合ったりしました。

フィリピン留学の人気都市

セブ島

恐らくフィリピン留学の中で最も人気なのがセブ島です。スパルタ校と呼ばれる英語を本気で勉強する人向けの語学学校から、ある程度ゆったりとした授業スケジュールでリゾート地での生活を楽しみながら勉強するという語学学校までたくさんあります。

バギオ

観光でバギオを訪れる方はあまりいないと思います。フィリピン北部、首都マニラからバスで6時間ほどの高原地帯にある教育都市としても有名な街です。

英語を本気で勉強したい方向けのスパルタ校と呼ばれる語学学校も多いです。

バギオの犯罪率は東京よりも低いと言われておりフィリピン留学に治安問題を不安視する方にはおすすめです。

クラーク

首都マニラから車で2時間ほどの場所に位置する街です。アンヘレスという都市の中にある経済特区ということ、米軍基地があったということもあり欧米人が多いです。首都マニラから車で2時間ほどにある都市です。

町の人だけでなく、語学学校の先生の割合を見ても他の都市に比べ欧米人のネイティブスピーカーが多いそうです。

フィリピンの都市

フィリピンボランティア留学の費用とおすすめ学校

SMEAGスパルタ校

  • 1週間:75,600円~

孤児院ボランティアやマングローブの植栽などの休日ボランティアプログラムがあります。

ボランティア参加には別途料金(1000円~)が発生します。

PINES International Academy(パインス・インターナショナル・アカデミー)

  • 1ヶ月間:136,000円~

平日のボランティア体験だけではなく、毎週金曜日の夜はバスケットボール、毎週土曜日の午前中はサッカーなど様々なアクティビティを提供しています。

ZA English

  • 1週間:59,450円~

毎月第3週目土曜に任意参加の校外ボランティア活動(参加費600ペソ現地払要)行われています。参加者には政府機関からの認定証も発行されます。

AHGS English Academy

  • 2週間:120,000円~

平日午前はすべてマンツーマンレッスン。平日の午後と土日にボランティアを行います!ボランティアを行う前には、ボランティアに関する座学が1度あるのでボランティアをしっかり行いたい方にはおすすめです!

語学学校以外のボランティア

その他にも、語学学校が提供しているボランティアではなく、自分で探して授業のない土日にボランティア活動をするということもできます。

ActivoというNPO・社会的企業のボランティア情報サイトを利用して、土日にボランティアを行っているNGOを検索することが出来ます。

activo

フィリピン留学にビザは必要?

30日以内の滞在

日本国籍者のフィリピン留学は、30日以下の滞在であればビザは不要で観光ビザで入国できます。

しかし、留学期間の長さに関係なく語学学校等で勉強する場合にはSSP (SPECIAL STUDY PERMIT)特別就学許可証というものが必要となります。

多くの語学学校では、到着後に取得のサポートを行ってくれます。

30日以上の滞在

留学期間が30日以上の方はビザの延長が必要になります。

多くの場合は、30日以上の滞在と最初から分かっていてもまずは観光ビザで入国し、観光ビザが切れる前に自分で延長手続き、または語学学校のサポートの下延長手続きを行います。

加えて、フィリピンに60日以上滞在するという場合には、ACR I-CARD (Alien Certificate of Registration Identity CARD)という外国人登録IDカードの発行が2010年2月より義務付けられました。

まとめ

最近では、就活対策としてもボランティアに参加する学生が多くなっています。

英語とボランティアという貴重な体験の両方が得られるボランティア留学!

留学エージェントさんの扱っているプログラムなら、語学力に自信がない方でも参加できるものがあるので、情報を集めてみては?

留学voiceでは、一度に複数の留学エージェントさんにまとめて資料請求できるので、ぜひ活用してみてくださいね。

きっと自分に合ったプログラムが見つかりますよ。

留学エージェント
留学エージェントに資料請求

ボランティア留学 関連記事

留学エージェントに資料請求

フィリピン留学 関連記事

この記事の著者

なお

なお

イギリスのリーズ大学に1年間交換留学していました!
大学卒業後、今年9月から修士課程のためイギリスに戻ります!!!
よろしくお願いします♪

関連記事

ページ上部へ戻る