1週間の語学留学をプレゼント

アメリカの大学のレポート、お作法をまもらないと減点される!

アメリカの大学のレポート

宿題が多いことで有名なアメリカの大学ですが、留学生を最も苦しめるのはレポート。

日本の大学のレポートには、ないルールも多くあります。守らなければいけないルールを紹介します。

Plagiarism

文法はもちろんのこと、レポートには多くのルールがあり、教授の採点基準も厳しいです。アメリカの大学に提出するレポートにおいて一番気をつけなければいけないことは“Plagiarism”。

Plagiarismとは、直訳すると盗作、独自に考え出したものではない作品のこと。

コミュニティカレッジや語学学校でも厳しく言われます。これに気をつけなければ単位を落としかねません。

たいていの場合、レポートの課題が出るとオンラインで提出されるように指示されます。Plagiarismをチェックするサイトに、提出することになります。

私の学校で使用されているのはTurnitin.comというサイト。レポートをアップロードすると、どこの部分が他のデータと丸かぶりしているか、というのがわかるようになっています。

Paraphrasing

一つ目のPlagiarismを避けるために大事にしなければならないポイントがParaphrasing。日本語でいうと要約。丸写しはもちろん厳禁なので、要約することになります。引用したサイトや記事などをみて、きちんと要約されているかどうか、チェックされます。

Format

文献やサイトを、引用や参考にする場合、作法にのっとる必要があります。その作法を、フォーマットといいます。MLA, APA, Chicagoなど色々と種類がありますが、どのフォーマットを使うかは分野、学校、教授によって違うので、きちんと課題を確認することが大切です。フォーマット通りに書かないと減点されます。

 

日本の大学よりも、レポートにおける作法は厳格で、大きな減点対象になりますので、十分に注意しましょう。

アメリカ留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

meg

meg

高校卒業後、EFボストン校の進学プログラムを受講。
現在はカルフォニアのリベラルアーツ大学Woodbury Univeristyでマーケティング専攻、グラフィックデザイン副専攻で勉強中。
学校の傍ら華道もやっています。東西両海岸の留学経験を生かして色々な情報を発信していきたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る