イギリスでダンス留学!短期間でも参加できる!自分に合ったスクールを見つけよう

ダンス

Selamat Petang!こんにちは、Zukiel Skywalkerです!!

今回はイギリスのダンス留学特集です。教育体制がとてもしっかりしていることで有名なイギリスには、王立バレエスクールや、有名な私立ダンススクールなど様々なダンスを学ぶことが出来る環境が整っています。サマーコースやサマースクールなど、期間限定で開かれているものもあるので長く留学期間を取れない方も必見です!!

イギリスではどんなダンスを学ぶことができるの?イギリスにダンス留学をするメリットは?

イギリスではヒップホップ、ジャズ、バレエ、コンテンポラリー、タップ、ヨガ、イースタンダンス、ラテンダンスなどなど、かなりのジャンルから自分のやりたいダンスを選べます!特にバレエは王立の名門スクールがあるくらい盛んなので、刺激的な環境で学ぶことができるでしょう。

また、イギリスでは社交ダンスがとても盛んで、「Strictly Come Dancing」という大人気ダンス番組があるのだとか!ほかの国と同じように、自分のペースでダンススクールのレッスンを受けることも出来るので、観光や遊びと両立しながら世界各地から集まったダンサーに囲まれて練習することができることが大きな魅力です!

ダンス バレエ

イギリスでダンスを学ぶならここ!オススメの都市

ここでは、ダンスを学ぶ上でオススメの場所をご紹介していきます!

ロンドン

イギリスの首都、ロンドンには有名なダンススタジオから初心者にもやさしいスクールなど、レベル関係なくダンス留学に挑戦できる環境が揃っています。

また、中心部には威厳と迫力のある国会議事堂やイギリスの象徴的建造物であるビッグベン、戴冠式などで有名なウエストミンスター寺院などがあり、観光的にも充分に楽しめる街だと言えます!

イギリス郊外

ざっくりとした括りになってしまいましたが、毎年夏になると郊外ではサマースクールやサマーコースと呼ばれる講習が行われたりします。

例えば、イギリス南西部デヴォン州ダーティントンという場所で開催される「ダーティントン国際音楽サマースクール」というイベントでは、合唱や作曲法、各種楽器関連の音楽にまつわる講習と、ヨガ、サルサ、ジャイブダンスなどのダンス系の講習で構成されており、イベント全体期間4週間のうち、1〜4週間自分の好きな滞在期間を選択することができます。

さらに、上級クラス以外はオーディションなどの選考は無いので誰でも気軽に参加することができます!プロを目指す人とアマチュア関係なく、とても刺激的な経験をつめるので郊外で開かれるワークショップに注目してみるのも良いのではないでしょうか?

イギリス

オススメのダンススクール

ここでは、イギリスでの評価が高いダンススクールを紹介します!

費用などの詳細は各スクール紹介の下にあるURLからチェックしてみてください!!

Pineapple Dance Studio

ロンドン中心部のCovent Gardenという場所にあるこのダンススタジオでは、ヒップホップからバレエまで様々なレッスンが開講しており、レベル分けもされているので初心者から上級者まで自分に合うレッスンを受けることが出来ます。

このスタジオは、スタッフや講師の雰囲気が明るいので初めての人でも安心して入れるでしょう。料金はレッスンごとに支払うチケット制となっており、レッスンを受けるにはメンバー登録が必要になります!各レッスンによって料金も違うので、HPを確認してみてください!

Studio 68 London

このダンススクールも上記のスタジオと同じく様々なジャンルのダンスレッスンを受講出来ますが、スタジオが2つしかないので1日7つほどしか開かないそう。しかしレッスンのレベルが非常に高く、必然的に集まるダンサーのレベルもとても高いので上級者向けのスクールと言えるでしょう!

またメンバー登録などの雑費はかからないので、比較的安価でレッスンを受けることが出来ますよ!たまに有名なダンサーがワークショップを開いたりもするので、日本ではなかなかできない貴重な体験が詰めること間違えなしです!!

ロイヤル・バレエ・スクール

1926年、バレエの母と呼ばれたニネット・ド・ヴァロワにより創設されたバレエ学校の意思を継いで今も名門校として君臨し続けている学校の1つ、それがここロイヤル・バレエ・スクールです!いまや世界中のバレエ学生の憧れとなったこの学校では、ロウアースクールの5年間、アッパースクールの3年間、計8年間をかけて総合的にダンサーとしての才能を育てるための設備が整っています。

2017年9月からローハンプトン大学との提携が始まり、1〜2年生を修了すると基礎学位ディプロマ、そして3年間の教育を修了すると学士号を取得できるようになったので、学問としてのキャリアを積むことも可能になりました!

クラッシックからバレエ、コンテンポラリーやジャズ、キャラクターなどの幅広いジャンルのダンスを専攻することが出来る他、振り付けなどの勉強もすることが出来ます。夏にはサマースクールも開講しており、1週間コース又は2週間コースから滞在期間を選ぶことが出来ます!!本入学する場合は専攻オーディションが課されますので、条件や学費などはHPで確認してみましょう!!

イギリス ロンドン

ダンス留学のよくある質問

ダンスという専門的なフィールドに特化した留学なので、語学留学以上に疑問に思うことがあると思います。ここではいくつかのよくある質問を集めてみました。

Q1, 必要なビザは?

A, 滞在期間が6ヶ月未満の場合は観光ビザで入れますが、それ以上になると語学学校に並行して行くことで取れる学生ビザが必要になってきます。その学生ビザも、期間によって大きく取得条件が変わるので長期滞在希望の方は自分に合ったビザを調べてみましょう!

Q2, 初心者でも大丈夫?

A, ダンススクールによっては、初心者向けのレッスンを行なっているところもあるので全然問題はないでしょう。ただ、レッスンは英語で受けることになるので英語は行く前にある程度勉強しておいた方が、講師の言っていることが理解しやすいと思うので後々の余裕につながるでしょう。

Q3, どのくらいの期間のコースが人気なの?

A, チケット制を取っているスクールがほとんどなので、自分の予算やビザが許す日数以内

で、自分の納得のいくまでいる人が多いようです。サマースクールやサマーレッスンでは、そのイベントが催されている期間内で1週間から滞在日数を選ぶことができるものもあります!

ダンス仲間

今回はイギリスのダンス留学についてご紹介しました。普通の語学留学と違い、1つのダンス・スクールに通うのもよし、複数のスクールを掛け持ちしてもよし、基本観光メインで気になる講師が来る日だけ参加するのもよし、とかなり自由度が高いので、自分で自分の留学プランを組み立てる必要があります。不安な人は国内の留学エージェントに相談することから始めてみましょう!!

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!Jumpalagi! See you later!!

留学エージェントに資料請求

ダンス留学&イギリス留学 関連記事

> イギリス留学のおすすめ留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Zukiel Skywalker

Zukiel Skywalker★マレーシアで正規留学経験

日本にある米国2年制大学を卒業後、マレーシアにある"INTI International College Penang"という大学に4ヵ月間の正規留学を経験。米国大学では英語を含む基礎教養を、そして留学中はオーストラリアの国立大学と提携しているマーケティング学部で勉強していました。諸々の留学準備や、現地での一人暮らしと自分以外日本人が居ない大学で経験した経験やハプニングなど、留学に興味がある読者の皆様に役立つ情報をお届けしたいと思います!!

関連記事

ページ上部へ戻る