ダンス留学するなら、実はカナダがおすすめ!その訳は?

ダンス

Selamat Petang!こんにちは、Zukiel Skywalkerです!!

今回はカナダのダンス留学特集です。語学留学先として人気の高いカナダですが、ダンスを学ぶ上でカナダにはどの様なメリットがあるのか、そしてカナダで学べるダンスの種類やオススメのプログラムなどを紹介していきます!

カナダではどんなダンスを学ぶことができるの?カナダにダンス留学をするメリットは?

アメリカと同じく、カナダのダンススクールの多くではクラシックバレエからストリートダンス、社交ダンスなど幅広い選択肢から自分の学びたい分野を選んで突き詰めることが出来るでしょう!

そして、自分がやりたいダンスを短期間で集中して学ぶのか、あるいは長期間をかけてじっくり学ぶのかというようにどんどん留学プランを明確にしていくことで自分に合ったスクールを見つけていきましょう。

カナダに留学する一番のメリットは「留学生の受け入れが手厚い」ことではないでしょうか。

特に日本人の受け入れノウハウは他国と比べても豊富にある国なので、ダンススクールと並行して語学学校に行けば日本人スタッフが留学生活をサポートしてくれるようなところもたくさんあります。治安も比較的に良いとされているので、最低限の警戒心を持っていれば安心して暮らすことができるのも魅力ですよね!

社交ダンス

カナダでダンスを学ぶならここ!オススメの都市

ここでは、ダンスを学ぶ上でオススメの場所をご紹介していきます!

バンクーバー

バンクーバーには沢山のダンススクールがあるので様々な選択肢の中から自分に合ったスクールを見つけやすいかと思います。また、「語学学校に通いつつ、ダンスにも挑戦したい人」や「短期滞在で集中してレッスンを受けたい人」それぞれの留学スタイルに合ったプログラムを提供している学校が多いので、あなたのニーズにあった留学を実現しやすい環境があることもバンクーバーの魅力です!

さらに、移民が多い地域なので様々なバックグラウンドを持つ仲間に出会えるチャンスが多いので、ダンスの技術以外にも得られるものは沢山あることでしょう!

トロント

バンクーバーに次ぐ規模を誇る都市であるトロントにも、沢山のダンススクールがありそれぞれのニーズに合ったスクールを選ぶことができます。

物価がバンクーバーと比べると少し安いので滞在費用を気にされる方にはトロントが向いているかもしれません。カナダのアートの中心でもあるトロントでは、常に刺激的な環境でレッスンに打ち込むことができまますよ!

バンクーバーほど日本人人口は多くないので、英語をダンスと並行して上達させたい人にはもってこいの環境だと言えます。

モントリオール

ここに住む人の7割近くが第一言語をフランス語としているので、他の英語圏では味わえない環境でダンスに集中することができます。

そんな「北米のパリ」と呼ばれるモントリオールにも、上記2都市ほどではありませんがダンススクールはありますし、語学学校では英語とフランス語のクラスを同時に取れるプログラムもあります。つまり「ダンス+英語+フランス語」を勉強することも可能なのです!

冬場は時に–20℃まで冷え込みますが、ダンスと2ヶ国語を同時に勉強できる環境はここモントリオール以外にはなかなかありません!

カナダ モントリオール

オススメのダンススクール

ここでは、カナダでの評価が高いダンススクールを紹介します!

Harbour Dance Centre

バレエ、ジャズ、モダン、ヒップホップ、タップなど様々なジャンルのダンスレッスンを取り揃えるバンクーバーのこのダンススクールでは、週決めでスケジュールを組めるほかにも、飛び入りで予約無しでレッスンに参加することも出来るので、あなたの予定に合わせてレッスンを受けることが出来ます!

いくつかの語学学校と提携しているので、語学学校選びがしやすく失敗しないので、留学生にとっては安心できるポイントだと思います!詳しくはこのURLからチェックしてみてください!!

https://harbourdance.com/

The Underground Dance Centre

「カナダで働きながら長期でダンスを学びたい方」や「安い費用で質の高いレッスンを受けたい方」にはトロントにあるこちらのダンススクールがオススメ!多彩なジャンルのダンスを学べることはもちろんのこと、初級〜上級とレベル分けされているので段階的に技術を上達させることが出来ます!さらに、「Wickid」などの有名ブロードウェイ・ミュージカルのリハが行われたり、カナダの人気オーディション番組の会場になるなど、カナダ国内で定評のあるダンススクールなので安心して留学することができますね。

一度申し込めばジャンル関係なく様々なダンスレッスンを受けることが出来るので、自分のダンスの幅を広げることも出来るでしょう。校内で開かれるワークショップにも追加料金なしで参加することが出来ます!

スクールで格安ホームステイの斡旋をしているので、滞在費をぐっと抑えることが可能です。そしてスクールの周りにはアクセスの良い語学学校があるのでダブルスクールも苦になりません!

https://www.theundergrounddance.com/#about

EC Montreal

「語学メインで、ちょっと英語でダンスも経験してみたい」といったライトな方にオススメなのが語学学校のアクティビティを利用することです!モントリオールにあるこの語学学校では、英語/仏語を同時に学べる他にも、ビジネスに特化した英語/仏語を学べるコースやIELTSの対策コースなど幅広い選択肢を取り揃えています。

学校で催されるアクティビティも豊富で、ダンスレッスン以外にも観光イベントやパーティなど多岐にわたります。

とりあえず「英語でダンスレッスンを受ける」体験だけしてみて、本格的にやりたいと思ったらダンススクールに通うといった、導入としてこのアクティビティを利用するのが良いでしょう!

https://www.ecenglish.com/en/school-locations/canada/learn-english-in-montreal

ダンススクール

ダンス留学のよくある質問

ダンスという専門的なフィールドに特化した留学なので、語学留学以上に疑問に思うことがあると思います。ここではいくつかのよくある質問を集めてみました。

Q1, どのような滞在方法があるの?

A, 基本的には学校が用意した寮に滞在するか、学校が斡旋してくれるホームステイか、自分でホームステイ先や住む部屋を探す、といった3択になるでしょう!

自分で探す場合、ある程度の英語力が無いとならないので大体の人は前者2択の方法で滞在することになりそうです。語学力が向上し、生活に慣れてきたら自分でホームステイ先や部屋を探す方法に切り替えることも可能ですよ!

Q2, ダンス初心者でも留学できる?

A, 大体のダンススクールには初心者コースから始められるプログラムがありますので、ダンス経験が浅いからといって留学をためらう必要は無いでしょう。

むしろ初心者のうちに留学を通してダンス経験を積むことが出来るということは、将来的に大きなアドバンテージになりえるので、ダンス留学を考えている初心者の方はぜひ勇気を出して飛び込んでみてください!

Q3, ダンス留学に年齢制限はあるの?

A, これはスクールによって異なりますが、大体のスクールでは16歳以上を条件としている場所が多いようです!中には、ダンス経験があれば年齢は問われないところもあるようです。

 

今回はカナダのダンス留学についてご紹介しました!(極寒の地域もありますが)気候が良く、人も比較的温和で治安が良いとされているカナダの、のびのびと過ごしながらダンスに集中できる環境はきっとあなたのダンス技術を引き伸ばしてくれることでしょう!

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!Jumpalagi! See you later!!

カナダ留学&ダンス留学 関連記事

> カナダ留学のおすすめ留学エージェント

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Zukiel Skywalker

Zukiel Skywalker★マレーシアで正規留学経験

日本にある米国2年制大学を卒業後、マレーシアにある"INTI International College Penang"という大学に4ヵ月間の正規留学を経験。米国大学では英語を含む基礎教養を、そして留学中はオーストラリアの国立大学と提携しているマーケティング学部で勉強していました。諸々の留学準備や、現地での一人暮らしと自分以外日本人が居ない大学で経験した経験やハプニングなど、留学に興味がある読者の皆様に役立つ情報をお届けしたいと思います!!

関連記事

ページ上部へ戻る