僕が留学する理由。なにが僕を世界に飛び込ませたのか??

留学

みなさん はじめまして。
アメリカ ワシントン州のコミュニティカレッジで幼児教育を専攻しているスズキケンジローです。

留学の経緯としては、高校までずっと日本で生まれ育ち高校を卒業したあと日本の大学には入学せず1年間 関西にある語学学校で英語を勉強してから2017年の夏に渡米しました。

記念すべき最初の投稿は、

なぜ僕が留学することを決意したかについて書いていきたいと思います!

なぜ僕が留学を決めたのか

将来 英語教師になりたいという強い気持ちが僕が留学を決めた大きな理由です。

僕が英語教師を志すのは、僕のもとで英語を勉強した生徒が前より少しでも英語が好きになったり、英語を喋るハードルが低くなり自分から外国人に話しかけたり、将来 英語を使った仕事について海外の人と対等に渡り合ったり、世界中を旅していろんな視野を広げたりしてくれるような生徒を増やしていきたいと思ったからです。

そのためには英語が喋れないと話にならないし、生徒に英語の魅力を伝えるためにも今のうちに海外に行って失敗も成功も含めていろんな経験をしておくべきだなと思いました。

その夢はアメリカに来て1年たった今でも変わらないです。むしろ強くなっているなと感じます。

少しでも留学に興味がある方々の参考になればと思っております。

次の記事では ‘なぜ留学先としてアメリカを選んだのか’について書いていきます。気になる方はそちらの記事の方もチェックお願いします!

大学・大学院留学 関連記事

アメリカ留学 関連記事

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

スズキケンジロー

スズキケンジロー

アメリカ ワシントン州のコミュニティカレッジに通う21歳。幼児教育 専攻。

関連記事

ページ上部へ戻る