スタートラインでつまずいてほしくない!プレースメントテストの重要性。

大学の試験

こんにちは!留学ボイス特派員のAki です♪

ワシントン州はだんだん寒くなってきて雨の日も多くなってきました。コミュニティカレッジではちょうど学期の半分(ミッドターム)まできたのでExamなどがあって大変ですが毎日なんとかやっています汗

さて、今回はコミカレ留学したい!と思っておられる方に絶対に読んでほしいプレースメントテストについてお伝えします。

プレースメントテスト侮るなかれ。

コミカレに進学しようと決まり、学校にアプライをして、そして合格通知が届きます。

(合否については安心してください、99.99%合格します…) でも合格したからといって、ここで絶対に安心しないでください。

なぜなら、渡米して3日後くらいに行われる

Placement Test プレースメントテストがとにかく大事だから!!!!!

すでに大学側が求める英語資格を取得していたらテスト免除される(カレッジレベルから始められる)と思います。

今回はそのスコアを持っていない方に向けてアドバイスをしたいと思います。

インターネットで調べると、“コミカレ、プレースメントテスト、簡単”と出てくると思いますが、そこで失敗すると英語の授業(留学生のみ)を受けないとカレッジレベルのクラスを取ることができません。

もちろん英語に自信がない方にとっては意味があると思いますが、かなり下のクラスから始めると、無駄なお金を払ってしまうだけでなくその分卒業に時間がかかってしまいます。

私の場合、英語資格を持っていなかったのでテストを受けなければなりませんでした。

ライティング、リーディング、リスニング、数学の4つです。結果はライティング レベル4(一番上のクラス) 他はレベル3でした。

プレースメントテストの勉強法と、私の失敗談。

ライティングは内容よりもいかに文法、ライティングのルールを知っているか、がカギになってきます。

文字数は関係無いと思います。(私は300字以上というルールで、302字くらいでした)

たくさん書かなきゃと思うよりも注意深く見直してください。

私にとってライティングは不安ポイントだったので、ライティングクラスは新しく学ぶことがたくさんありました。

しかし、スピーキング、リスニングのクラスが、私にとってあまり意味がありませんでした。

高校ですでにやってきたことだったからです。

このクラスをパスしないとカレッジレベル(卒業単位に認められるクラスにいけなかったのですが、もしこのクラスを取る必要がなかったら、私は1つでもカレッジレベルのクラスを取れていました。

数学に関しては高校で学習したことをもう一回おさらいしておくと良いと思います◎(数Ⅰ、Ⅱ、A、B)

プレースメントテスト

最後に

もっとちゃんと勉強しておけばよかった。と後悔しても遅いでのでここに書かせていただきました。

今から留学しようと思っているたくさんの方に知ってもらえれば嬉しいです。

脅そうとは思っていませんが、

最初でつまずくと後の自分のプランが崩れてきます。。。

なので合格したからと言って安心せず勉強は続けていきましょう!

※余談ですがカレッジレベルのクラスはネイティブも混ざって授業を受けます。

はじめから受けるのは結構ハードかもしれません。。英語資格を持っていた私の友達も高いGPAを維持するために英語クラスに下げていました。

そういう受け方もアリだと思います♪

大学・大学院留学 関連記事

アメリカ留学 関連記事

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

Aki

Aki

アメリカ、シアトル近郊のコミュニティカレッジに留学中! 留学の”イマ”をお届けします!
コミカレ正規留学/Communication Studies 専攻

関連記事

ページ上部へ戻る