Semester,Trimester and Quater? アメリカの大学の学期制度とは?

アメリカの大学には学期が秋学期と春学期の2学期制(Semester)に分かれている学校と秋、冬、春学期の3学期制(Trimester)に分かれている学校、そして4学期制のQuater制などがあります。それぞれの制度にはそれぞれの良し悪しがあり、向き不向きもあります。

アメリカの学校

Semesterの特徴とは

  • 一つの学期が比較的長め。
  • 試験の範囲が広くなりがち。
  • 秋学期は9月上旬始まりの12月下旬終了。春学期は2月上旬始まりの5月中旬終了。(学校によって多少の違いはあり。)
  • 夏休みの期間が長い。
  • 一つの学期に4科目の授業を取ることが一般的。

Trimesterの特徴とは

  • 一つの学期が比較的短め。
  • 試験の範囲はSemester制に比べて狭め。
  • 秋学期は9月上旬始まりの11月下旬終了。冬学期は1月上旬始まりの3月下旬終了。春学期は3月下旬始まりの6月上旬終了。(学校によって多少の違いはあり。)
  • 冬休みの期間が長い。
  • 一つの学期に3科目の授業を取ることが一般的。

アメリカの大学

Quater制の特徴

  • 一つの学期はTrimesterと同じくらいの長さなので、比較的短め。
  • 夏休みが少ない、もしくはない。
  • 一年間を通じて取得できる単位がSemesterやTrimesterよりも多いことが多く、早く卒業することができる。
  • Quater制はTrimesterに夏学期を加えた形式であることが多い。夏学期は一般的には単位が足りないひとや卒業を早くしようとしているひとが取ることが多いです。

個人的には…

さて、わたしはTrimesterの学校に通っていますが、個人的にはTrimesterの制度がとても気に入っています。その理由は

  • 学期が短めなので、途中でダレることがなく、集中して学ぶことができる。また、クラスが合わなくても、学期自体が短いので、合わないクラスでも苦痛になることが少ない。
  • 冬休みが長いので、一時帰国や冬休み中の旅行やインターンシップ・アルバイトがしやすい。
  • 一つの学期に3つしかクラスしかとらないでいいので、それぞれの科目に集中することができて、負担が少ない。
  • 学業の興味が変わったとしても、Semester制よりも学期が頻繁に変わるので、アカデミックプランの軌道修正がしやすい。

などなどです。もちろん、これはわたし個人の性格や学習スタイルによるところが多いと思うので、まずは自分にあった学期制度を見極めることがおすすめです。自分の学習スタイルを踏まえて学期制度を選ぶことで、留学中の勉強をさらに効果的にするができると思います。

大学・大学院留学 関連記事

アメリカ留学 関連記事

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

mm

mm

アメリカ長期滞在中

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ